株式会社ドラッグマガジングループ
DRUG topics ヘルスケア総合情報週刊紙 ドラッグトピックス
会社案内 アクセス
概要と最新号のご案内

ヘルスケア総合情報週刊紙 Drug Topics
体 裁 タブロイド判12〜40頁
発 行 毎週月曜日
年間購読料 18,730円
(税別・送料共)
週刊「ドラッグトピックス」は、1970年4月に創刊。OTC薬を柱にヘルスケア市場を対象としたダイナミックな紙面づくりが好評です。また、毎年「ヒット商品賞・話題商品賞」と「POP活用 店頭プロモーションコンクール」を開催。主な読者層は、ドラッグストア・薬局薬店経営者と幹部社員ですが、医薬品および健康産業メーカーはもちろん、卸業幹部にも愛読されています。
2016年11月28日号の主な内容
[特集 掃除関連製品]
マツモトキヨシが独自の調剤サポートプログラムを提供開始
〜個人薬局の効率化や商品供給などを支援
  マツモトキヨシが、中小の個人経営の薬局に向けた「マツモトキヨシ調剤サポートプログラム」を12月1日から提供開始する。同プログラムは、変化する業界環境の中、薬局経営や調剤業務の効率化、セルフメディケーション、かかりつけ薬局機能などをサポートする仕組みで、同社が個人薬局に向けて、PBを含む商品供給や機器提供、研修、指導、24時間対応コールセンター等を提供していく。
 
…1面
TOPICS冬本番! 段階圧力ウエアの最新アイテムPick Up!!
〜体型補正ニーズ高まり高付加価値品が人気
  血行不良や冷えを感じやすい冬場に掛けて、着圧関連を中心としたフットケア関連製品の動きは活発化する。中でもむくみは有職女性の増加と比例し、「夕方になると靴がきつい」「仕事帰りは脚が重くてだるい」といった症状に悩む女性は、年々増加傾向にある。これらむくみやだるさの解消を求める女性の多くは、段階圧力ソックスやストッキング、スパッツなどを愛用。近年では、体型補正や温かさ、より高い着圧効果など高付加価値を求める傾向にあり、メーカー各社では毎年、最新のトレンドニーズを反映した各種新製品で女性の購買意欲をくすぐっている。
 
レキットベンキーザー・ジャパン「メディキュット」〜つま先プラス6度を菜々緒が提案
ピップ「SLIMWALK(スリムウォーク)」ボディメイクから多様化するニーズに3品で対応
 
…3面
特集  掃除関連製品
〜高機能&短時間化を訴求し、「快適お掃除」提案を実施
  昨年に引き続き、掃除関連製品市場では「高機能化」「短時間処理」に長けた製品が浸透、市場は微増傾向だが、バス用品やリビング用など、カテゴリー別にみると各種1〜2ポイントの変動ばかりで、増加分も気を抜けばいつ減少に転じてもおかしくない厳しい環境下だった。「掃除へのマイナスイメージの払拭」がキーポイントとなろう。
  「主要メーカー製品&販促情報」
 
ユニ・チャーム「ウェーブ」シリーズ
〜からめ取る抜群の吸着力、家中お掃除の決定打
小久保工業所/紀陽除虫菊「ナチュラル掃除」の洗浄剤シリーズ
〜体と環境に優しいエコロジーと節約を両立
大日本除虫菊「ティンクル」シリーズほか
〜お酢の成分プラス界面活性剤のW効果の「ティンクル洗浄」
ライオン「ルック おふろの防カビくん煙剤」「同 まめピカ」
〜年末大掃除に向けた販促展開で市場成長も見据える
花王「クイックル」「マジックリン」シリーズ
〜親子一緒の大掃除に市場の成長要因探る
 
…4〜6面
「サッポロヘルス&ビューティフェア2016」盛大に
〜来場者参加型で、個人の健康意識向上に成功〜、開場直後から「家庭薬コーナー」が大盛況
  先ごろ、アクセスサッポロ(北海道)で10回目となる「サッポロヘルス&ビューティフェア2016」が開催され、2日間・1万2000人の来場者で盛況を極めた。同フェアの実行委員長であるサッポロドラッグストアー会長・富山睦浩氏が「最初期、お客さまはサンプルをもらうことで終わっていた。しかし、最近は『カウンセリングを受けたい』と来場、本来の趣旨に沿ったイベントになってきた」と明かすように、管理栄養士による健康相談や家庭薬コーナーなど来場者参加型に注目が集まり、地域の健康意識を高めることに成功したといえよう。
 
…8面
「ドラッグトピックス」最新号表紙

個人薬局の効率化や商品供給などを支援

2016年11月21日号の主な内容
[特集 コンドーム]
「日本薬剤師会学術大会」での卸セッションが好評
〜地域包括ケア支える卸勤務薬剤師の役割アピール
   「物流と情報」両面で幅広く薬物療法に貢献。セルフメディケーション支援など極めて今日的な課題が集約された第49回「日本薬剤師会学術大会」では、卸勤務薬剤師の役割を考察するセッションも行われ、薬物療法を物流と情報の両面で支える医薬品卸の立場から学術的な取り組みをアピールする格好の機会となった。
 
…1面
ドラッグストア業界トピックス
 
「B.B.ON」薬剤師による「健康相談会」を開催
〜約100人が来店、大盛況で定期開催が決定
「サツドラ」が本州に初出店
〜東京・御徒町にブルー基調のリブランド店舗登場、地元で培ったインバウンドノウハウ生かす
 
…3面
特集 コンドーム
〜一大トレンドは「薄物」、「高付加価値品」支持も拡大中
  コンドームにおけるインバウンド需要は、「停滞傾向の余波は微弱だが、それが落ち着くのは盛者必衰の理」とドラッグストア関係者は冷静にそう分析する。早い段階からの国内需要を喚起する必要があり、コンドームにおいては、それぞれの製品が持つ「薄物」「高機能」など特性を来店客に伝え、いかにリピートを取っていくかにかかっている。
  「2016ピックアップメーカー」
 
オカモト「オカモトゼロツーリアルフィット」他
〜ポリウレタン製で初のリアル形状0・02ミリ台の薄さで異次元の密着感を実現
相模ゴム工業「ミラクルフィット」
〜リアル形状が特長のコンドーム好奇心ある20〜30代男性をターゲットに
ジェクス「グラマラスバタフライ」シリーズ
〜たっぷりのゼリーで女性の負担解消する「ジェルトップ加工」
バイエル薬品
〜「ED(勃起障害)に関する現代人の意識調査2016年版」
啓発したいED症状と心血管疾患・生活習慣病の密接な関連性誤解や偏見から妨げられる適切な受診行動
  同調査では、全体の約2割がEDと自覚する一方、根強い誤解や偏見から受診をためらう実態が明らかに。心血管疾患や生活習慣病との密接な関わりも指摘されており、同社では、早期の受診を呼び掛けている。
ED自覚する男性の7割で、「日常的にストレス」性行為に支障を来すEDは、成人男性の24%、50〜60代の2人に1人と推測している。
 
…4〜6面
コンビニ×調剤薬局×日本栄養士会のコラボで全国初の取り組み!地域の栄養相談の場に「コンビニドラッグ」も名乗り
〜「ファミマ×日生薬局」一体型店舗が「栄養ケア・ステーション」を設置
  日常生活支援と専門的な健康相談機能のコラボ――。これこそコンビニドラッグ(or調剤薬局)の存在意義に他ならないが、これまで出店で生活者が利便性と専門性の両サービスをしっかり理解し、日々併用している事例は少ないのが現状だ。今回のファミリーマート+日生薬局御成門店(東京都)のように、コンビニ×調剤(ドラッグ)一体型店舗での「栄養ケア・ステーション」設置が初めてなのも意外だが、双方のサービスが真に連動できるこのスタイルこそ業界が目指すべきもの。「最近体重が気になるから、ちょっと寄っていくよ」という場所になれるか否かがコラボ業態成功の証し、同店取り組みの進捗が注目されよう。
 
…8面
「ドラッグトピックス」最新号表紙

地域包括ケア支える卸勤務薬剤師の役割アピール

概要と最新号のご案内バックナンバーイベント紹介書籍案内購読・購入のお申し込みお問い合わせ

プライバシーポリシー

このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社ドラッグマガジンに帰属します。


All Rights Reserved, Copyright (C) 2006, Drugmagazine Co.,Ltd.
HOME ドラッグマガジン ドラッグトピックス クリニックマガジン ことぶき 概要と最新号のご案内 バックナンバー イベント 書籍案内 購読・購入のお申し込み お問い合わせ