薬業・医療・健康情報 総合出版社 株式会社ドラッグマガジングループ
会社案内 アクセス
新着ニュース バックナンバー

ドラッグマガジン ドラッグトピックス 月刊ことぶき クリニックマガジン

ドラッグマガジン

17/08/30 ◆予告 ドラッグマガジン10月号は10月1日発刊予定です■特集 薬学教育6年制を振り返る
17/07/31 ◆予告 ドラッグマガジン9月号は9月1日発刊予定です■夏季特別企画 本誌恒例「 医薬品産業ランキングPart3 (分析編)」 を掲載! ■ドラッグストア・調剤チェーン企業分析 ■卸企業分析
17/07/07 ◆予告 ドラッグマガジン8月号は8月1日発刊予定です■夏季特別企画_ 本誌恒例「 医薬品産業ランキングPart2 (各指標ランキング)」 を掲載!■製薬企業編 /卸企業編/ドラッグストア・調剤チェーン編
17/05/31 ◆予告 ドラッグマガジン7月号は7月6日ごろ発刊予定です■夏季特別企画_ 本誌恒例「 医薬品産業ランキングPart1 (製配販100傑編)」 ■製薬企業編 /卸企業編/ドラッグストア・調剤チェーン編 各社の直近決算データを一挙掲載。薬業界ランキングの決定版!
17/04/28 ◆予告 ドラッグマガジン6月号は6月1日発刊予定です■特集「社員教育から読み取る調剤薬局・ドラッグストアの経営ビジョン」を掲載予定。薬局企業各社にアンケート調査を実施し、教育研修の実態と展望を明らかにします。特別座談会では「今こそ知りたい医療用医薬品流通」を掲載。厚労省・医薬生活衛生局辺見聡課長のほか、ギリアド・サイエンシズ社長の折原祐治氏、スズケン社長の宮田浩美氏が登場
17/03/30 ◆予告 ドラッグマガジン5月号は5月1日発刊予定です■特集「ドラッグストアの近未来展望」■小野薬品工業 代表取締役社長 相良 暁氏のインタビュー ――を掲載予定
17/03/10 待望の新刊!絶賛発売中!
17/02/27 ◆予告 ドラッグマガジン4月号は4月1日発刊予定です■特集「高齢者ケア施設における薬剤師の介入」を掲載予定。そのほか、若手ドラッグストア経営者座談会<前編>を掲載。マツモトキヨシHD社長の松本清雄氏、ミック・ジャパン社長の貴島浩史氏、龍生堂本店社長の関口周吉氏、JACDS事務総長の宗像守氏が登場
17/01/30 ◆予告 ドラッグマガジン3月号は3月1日発刊予定です■特集「ドラッグストア薬剤師の コンプライアンス問題」を掲載予定です。そのほか、大賀薬局(福岡県)代表取締役副社長・大賀 崇浩氏のインタビューや「見直し進む妊婦の禁忌」をテーマにした対談などを掲載予定!
16/12/27 ◆予告 ドラッグマガジン2月号は2月1日発刊予定です■特集「徹底解剖! 健康サポート薬局〜その先にあるものは何か〜◎ドラッグストア・調剤チェーン計100社へのアンケート調査結果のほか、厚労省医薬情報室・紀平室長のインタビューも掲載!
16/12/01 ◆予告 ドラッグマガジン1月号は1月1日発刊予定です■2017年の薬業界を各界識者が展望する「新春論壇」のほか、ウエルシアホールディングス水野秀晴社長のインタビューを掲載予定!
16/11/22 【新刊案内】 「平成29年版 日本医薬品企業要覧」が発行されました
16/10/28 ◆予告 ドラッグマガジン12月号は12月1日発刊予定です■特集「残薬・多剤投与問題」−−のほか、「第3回APSMI」(アジアセルフメディケーション協会総会)のレポートを掲載予定
16/09/30 ◆予告 ドラッグマガジン11月号は11月1日発刊予定です■スギ薬局創業40周年記念インタビューを掲載! 杉浦 広一氏とともに新社長の杉浦克典氏が登場
16/08/30 ◆予告 ドラッグマガジン10月号は10月1日発刊予定です■秋季特別企画 「日本ヘルスケア協会 設立の背景と展望」 巻頭企画では厚生労働省事務次官・二川 一男氏と日本ヘルスケア協会理事長・松本 南海雄氏の対談を掲載!
16/08/05 待望の新刊!「2016年ポケット版 最新 医薬品産業ランキング」が発行されました
16/08/01 ◆予告◆ドラッグマガジン9月号は9月1日発刊予定です■夏季特別企画 本誌恒例 医薬品産業ランキングPart3を掲載! 主力調剤チェーン企業の全国ブロック別売上高のほか、ブロック別市場占有率を本誌大胆推計!調剤市場の上位占有状況を詳報します!
16/07/07 ◆予告◆ドラッグマガジン8月号は8月1日発刊予定です■夏季特別企画 本誌恒例 医薬品産業ランキングPart2を掲載! ドラッグストア・調剤チェーン編では上位企業の全国ブロック別売上高のほか、DgS のブロック別市場占有率、DgS グルー プ別売上高など大注目のデータ満載
16/03/31 話題沸騰!絶賛発売中!
16/03/09 待望の新刊!絶賛発売中!
15/11/28 【新刊案内】「日本医薬品企業要覧」の平成28年版が発行されました!
15/08/27 待望の新刊!「2015年ポケット版 最新 医薬品産業ランキング」好評発売中!
15/07/06 好評発売中!
15/04/24 待望の新刊!好評発売中! 「ドラッグマガジン別冊2015」
14/11/19 【新刊案内】「日本医薬品企業要覧」の平成27年版が発行されました
14/10/10 好評発売中!
14/04/01 <お客様への重要なお知らせ>
ホームページ内の出版物価格表示について
13/11/23 【新刊案内】「日本医薬品企業要覧」の平成26年版が発行されました
13/04/01 新刊紹介ドラッグマガジン別冊「2013最新 薬業・医療・医薬品・健康食品・企業 オール・データ&ランキング」発刊のご案内(ドラッグマガジン)
12/11/27 【新刊案内】「日本医薬品企業要覧」の平成25年版が発行されました
10/12/17 「平成23年版 有力ドラッグストア・調剤薬局チェーン企業要覧」 新版 刊行されました
10/11/29 ドラッグマガジン 12月号(特別座談会:新販売制度確立に向けた課題 掲載号)が発行されました
10/11/29 「平成23年版 日本医薬品企業要覧」 新版 刊行されました。
10/10/26 ドラッグマガジン 11月号(特別対談:政府の新成長戦略と医薬品産業の課題 掲載号)が発行されました
10/09/29 ドラッグマガジン 10月号(秋季特別企画:DgS、調剤チェーン経営実態大全 掲載号)が発行されました
10/08/31 ドラッグマガジン9月号が発行されました
10/08/02 ドラッグマガジン 8月号  最新 医薬品産業ランキングPart II掲載号 が発行されました
10/07/20 日本OTC医薬品協会 「夏のアンケートキャンペーン」実施中 抽選で140名に健康アイテムプレゼント。
10/07/05 ドラッグマガジン 7月号  最新 医薬品産業ランキング掲載号 が発行されました
10/06/01 ドラッグマガジン 6月号が発行されました
10/04/26 ドラッグマガジン 5月号が発行されました
10/04/08 氏ハク淹佞里燭瓩ホOTC(第1類)セールストーク」発刊しました
10/03/29 ドラッグマガジン 4月号が発行されました
10/03/15 「2010最新 薬業・医療・医薬品・健康食品(サプリメント)・企業オール・データ&ランキング」 新版 刊行されました
10/03/01 ドラッグマガジン 3月号が発行されました
10/03/01 日本OTC医薬品協会「みんなスマイルキャンペーン」開催中!
10/01/25 ドラッグマガジン 2月号が発売されました
09/12/25 ドラッグマガジン 1月号が発売されました
09/12/18 「平成22年版 有力ドラッグストア・調剤薬局チェーン企業要覧」 新版 刊行されました
09/11/30 「平成22年版 日本医薬品企業要覧」 新版 刊行されました。
09/11/30 ドラッグマガジン12月号が発行されました
09/10/28 ドラッグマガジン11月号が発行されました
09/10/01 ドラッグマガジン10月号が発売されました
09/08/28 「ドラッグマガジン9月号」が発行されました
09/08/03 ドラッグマガジン8月号「医薬品産業ランキング」PARTU分析・解説編が発行されました
09/07/07 お待たせしました。「ドラッグマガジン」7月号・最新医薬品産業ランキング掲載号が発行されました
09/07/01 ドラッグマガジン7月号<医薬品産業ランキング>は7月6日納本となります
09/05/29 「登録販売者のためのOTC(第2類・第3類)セールストーク」を好評発売開始しました。   
09/05/28 ドラッグマガジン6月号が発売されました
09/05/01 ドラッグマガジン5月号が発行されました
09/04/01 ドラッグマガジン4月号が発行されました
09/03/19 ドラッグマガジン別冊「2009最新ALL DATA&RANKING」号が発売されました
09/02/27 ドラッグマガジン3月号が発行されました
09/01/27 ドラッグマガジン2月号が発行されました
08/12/25 ドラッグマガジン新年号が発行されました
08/12/18 平成21年版有力ドラッグストア・調剤薬局チェーン企業要覧が発行されました
08/12/01 ドラッグマガジン12月号が発行されました
08/11/20 『平成21年版 日本医薬品企業要覧』が発行されました
08/10/30 ドラッグマガジン11月号が発行されました
08/10/08 ドラッグマガジン10月号<創刊50周年記念 特大号>が発行されました
08/08/27 ドラッグマガジン9月号が発売されました
08/07/30 ドラッグマガジン8月号<医薬品産業ランキングPART2、データ&分析編>が発行されました
08/07/01 ドラッグマガジン7月号が発売されました
08/06/01 ドラッグマガジン6月号が発行されました
08/05/01 ドラッグマガジン5月号が発売されました
08/03/31 ドラッグマガジン 4月号が発行されました
08/03/14 ドラッグマガジン別冊「2008最新 薬業祉O緡邸Π緻ヌ福Ψ鮃^h福淵汽廛螢瓮鵐函法Υ覿肇沁」襦Ε如璽ソ&ランキング」号が発行されました
08/03/01 ドラッグマガジン 3月号が発行されました
08/02/04 ドラッグマガジン 2月号が発行されました
08/01/08 ドラッグマガジン 1月号が発行されました
07/11/29 ドラッグマガジン 12月号が発売されました
07/11/01 ドラッグマガジン 11月号が発売されました
07/09/28 ドラッグマガジン 10月号が発売されました
07/09/01 ドラッグマガジン 9月号を発行しました
07/08/09 医薬品産業ランキング CD-ROM (エクセル)版を新発売しました
07/08/01 ドラッグマガジン8月号 医薬品産業ランキングpartU掲載号が発行されました
07/07/17 ドラッグマガジン 7月号夏季特大号「医薬品産業ランキング」掲載号発行いたしました ※CD-ROM版も発売します
07/06/01 ドラッグマガジン6月号が発売されました
07/05/01 ドラッグマガジン 5月号が発行されました
07/04/18 『歯科衛生士学生のための卒業研究ガイドブック』が発行されました
07/03/30 ドラッグマガジン 4月刷新号が発行されました
07/03/20 『ドラッグマガジン別冊オールデータ&ランキング2007年版』が発行されました
07/03/01 ドラッグマガジン 3月号が発行されました
07/02/03 ドラッグマガジン 2月号が発行されました
06/12/26 『薬剤師のためのOTCセールストーク100』の重版が刊行されました
06/12/26 ドラッグマガジングループのホームページをリニューアルしました
06/12/26 ドラッグマガジン 1月号(新年号)が発行されました

[ ページ最上部へ ページ最上部へ ]

ドラッグトピックス

17/10/09 ■ドラッグトピックス最新号【整腸薬、関節痛・サポーター関連商品】(10/9号)発刊!!■消費者庁・赤葡ィ彦課長に聞く「機能性表示食品制度の今後」〜「届け出者の予見可能性を向上」
17/10/02 ドラッグトピックス最新号【スキンケア】(10/2号)発刊!!女性の健康℃x援啓発高まる 小売店が妊娠前の葉酸摂取啓発拠点に
17/09/18 ■ドラッグトピックス最新号【コンタクトレンズケア、ヘアケア・ヘアカラー】(9/18・25合併号)発刊!!■大衆薬卸協議会が「セルフケア卸 将来ビジョン」発表〜健康寿命延伸産業の中核に名乗り 増加する高齢者への商品提案で市場創出へ
17/09/11 ■ドラッグトピックス最新号【秋季特大号】(9/11号)発刊!!■ 「モノ起点」から「顧客の悩み起点」へ顧客接点強化が開くヘルスケア市場活性化!
17/09/04 ■ドラッグトピックス最新号【リードヘルスケア「健康フェア」】(9/4号)発刊!■第90回「健康フェア」〜9月9、10日 フェアは投資、今後も継続開催へ 水上リードHC社長 45年の総括と今後を展望!
17/08/28 ■ドラッグトピックス最新号【中部地区薬業商圏・防虫剤】(8/28号)発刊!!■ネットはDgSの新たな市場開拓の好機
17/08/17 ■ドラッグトピックス最新号【救急用品・第101回東京医療衛生用品フェア】(8月21日号)発刊!!■第10回「日本在宅薬学会学術大会」(横浜開催)鈴木医務技監「バイタルサインは“共通言語”」、薬物治療の質的向上へ動き始めたパートナー
17/08/07 ■ドラッグトピックス最新号【ビタミン薬】(8月7日・14日合併号)発刊!!■「第2回 医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」開催、「ムコスタ」のスイッチ化に熱い視線〜「フルナーゼ」スイッチは最シーズンでの投下課題
17/07/31 ■ドラッグトピックス最新号【日本家庭薬協会(大阪篇)、育児関連製品】(7/31号)発刊!!■元「保健医療2035策定懇談会」事務局長の小野崎氏が講演〜臨床データ活用と絡む診療報酬体系を提起「信頼度1位の薬剤師が制度持続に貢献を」
17/07/24 ■ドラッグトピックス最新号【日本家庭薬協会(東京篇)】(7/24号)発刊!!■NID、次期会長にセキ薬品・関氏就任の見通し〜期待される「変化対応型リニューアルNID」の開発
17/07/18 ■ドラッグトピックス最新号【夏季特大号】(7/17号)発刊!!■特別対談 日本薬剤師会 乾英夫副会長×日本OTC医薬品協会 黒川達夫理事長変わるセルフメディケーション推進の枠組みと生活者意識
17/07/10 ■ドラッグトピックス最新号「特集 北海道・東北地区薬業商圏」(7/10号)発刊!!■特別インタビュー 日本OTC医薬品協会会長・杉本雅史氏〜「疲労の回復・予防」可能に! ビタミン含有保健剤の効能効果変更
17/07/03 ■ドラッグトピックス最新号「特集 健康食品・サプリメント」(7/3号)発刊!!■「介護疲れ」対策で新たな気付きを提案〜介護者をサポートするブランド・製品が多彩
17/06/26 ■ドラッグトピックス最新号「特集 妊娠検査薬、妊活・プレママ、大木ヘルスケアHD「秋冬用カテゴリー提案会」特集」(6/26号)発刊!!■「カテゴリー提案商談会」開催記念インタビュー 、大木ヘルスケアHD・松井秀夫会長兼社長〜「店頭は社会運動の受け皿として名乗りを」
17/06/19 ■ドラッグトピックス最新号「近畿・中四国地区薬業商圏特集」(6/19号)発刊!!■ 経産省、江崎禎英課長が講演 健康産業の効果を算出へ、予防サービスによる医療・介護費伸びの抑制〜薬局・DgSも予防サービスに参入強化を
17/06/12 ■ドラッグトピックス最新号「外用消炎鎮痛薬、アルフレッサ ヘルスケア主催「第2回ソリューション提案商談会特集」(6/12号)発刊■ 「ソリューション提案商談会」特別インタビュー、アルフレッサ ヘルスケア 勝木尚社長〜「提案商談会」も人材育成の一環
17/06/05 ■ドラッグトピックス最新号「アイケア特集」(6/5号)発刊■ 第1回日本老年薬学会学術大会開催、「薬を減らすこと」も薬剤師の仕事〜有害事象が生じやすい高齢者は服薬確認をより慎重に
17/05/29 ■ドラッグトピックス最新号「フットケア特集」(5/29号)発刊〜薬店とバイタルネットが登録販売者研修会開催、「減塩」指導で透析予防に貢献へ〜“地域ぐるみ”が魅せる 研修会に注目拡大
17/05/22 ■ドラッグトピックス最新号「オーラルケア特集」(5/22号)発刊〜大木ヘルスケアHD フィットネスクラブのルネサンス社と業務提携〜「モノ」から「サービス」の提案へ事業拡、脳活性化メソッド紹介で店頭の健康サポート機能を支援
17/05/15 ■ドラッグトピックス最新号「ドリンク剤・飲料特大号」(5/15号)発刊〜効能・効果表記の改正で期待される市場再活性化
17/05/01 【ドラッグトピックス 5/1・8号】 厚労省・武田俊彦局長が講演 医薬分業の評価指標、論議本格化へ〜「薬局機能情報提供制度」活用での評価も
17/04/24 厚労省 紀平哲也室長 小社単独インタビュー〜今後の合格率には「安定化を期待」
17/04/17 ドラッグトピックス4月17日春季特大号〜セルフメディケーション税制が本格スタート!
17/04/10 ドラッグトピックス4月10日号 薬剤師国試で合格者数が2000人減
17/04/03 ドラッグトピックス4月3日号 セルフメディケーションの在り方「次世代」キーワードに討議〜SMAC学術フォーラムで
17/03/27 ドラッグトピックス3月27日号 大衆薬卸協議会が「セルフケア卸ビジョン」公表
17/03/20 ドラッグトピックス3月20日号 健康サポート薬局・研修修了者数3400人超に
17/03/13 ドラッグトピックス3月13日号〜「第29回ヒット商品賞・話題商品賞」特大号
17/03/06 ドラッグトピックス3月6日号 機能性表示食品では「脂肪」「整腸」訴求製品が急成長
17/02/27 ドラッグトピックス2月27日号 アルフレッサHC「ライフサポートフェア(東京)」詳報!
17/02/20 ドラッグトピックス2月20日号 大木HD「春夏用カテゴリー提案商談会」盛大に
17/02/13 ドラッグトピックス2月13日号 ヘルスケア卸各社の「春の提案会」がスタート!
17/02/06 ドラッグトピックス2月6日号 「DMS新春政策セミナー」開催〜宗像主宰が機能性表示食品キャンペーン実施を明言
17/01/30 ドラッグトピックス1月30日号 OTC薬協「新年記者会見」〜杉本会長「セルメ税制の普及拡大に注力」
17/01/23 ドラッグトピックス1月23日号 JACDS「第17回JAPANドラッグストアショー」概要発表
17/01/16 ドラッグトピックス1月16日号 日家協・柴田会長「家庭薬は残薬問題解決につながる
17/01/02 ドラッグトピックス1月2、9日号 2017新年特大号
16/12/19 ドラッグトピックス12月19、26日号速報!ヒット商品・話題商品両大賞決定!!
16/12/12 ドラッグトピックス12月12日号 SM税制「知ってる」生活者は25%
16/12/05 ドラッグトピックス12月5日号 ココカラファインが生活者向けイベントを本格開催
16/11/28 ドラッグトピックス11月28日号  マツモトキヨシが独自の調剤サポートプログラムを提供開始
16/11/21 ドラッグトピックス11月21日号 地域包括ケア支える卸勤務薬剤師の役割アピール
16/11/14 ドラッグトピックス11月14日号 胃腸薬特大号
16/10/31 ドラッグトピックス10月31日号 トップ交代 スギ薬局新時代へ 新社長に杉浦克典氏が就任
16/10/24 ドラッグトピックス10月24日号 今年も親和会主催の第34回「西日本OTCフェア」が大盛況
16/10/17 ドラッグトピックス10月17日号〜風邪薬特大号 製品特性を押し出す販促が鍵
16/10/10 ドラッグトピックス10月10日号 薬樹〜薬局の店長に管理栄養士を初登用
16/10/03 ドラッグトピックス10月3日号 薬剤師が果たす使命と負う責任を討議〜第9回日本在宅薬学学術大会
16/09/19 ドラッグトピックス9月19日、26日合併号 生活者の生涯にわたる健康づくりに寄与する「攻めの戦略展開」〜リードヘルスケア第88回健康フェア
16/09/12 ドラッグトピックス9月12日秋季特大号〜2016下半期ヘルスケア業界最前線
16/09/05 ドラッグトピックス9月5日号 排卵日検査薬が「第一類」へ移行〜幕を開けた一般用検査薬の拡大
16/09/05 ドラッグトピックス8月29日号 第一三共ヘルスケアの「ロキソニンS」外用薬新製品発売に市場の期待高まる
16/08/22 ドラッグトピックス8月22日号 ハックをウエルシアに切り替え月商2倍以上に
16/08/08 ドラッグトピックス8月8日15日合併号「コミュニティーファーマシーフォーラム」で薬剤師と管理栄養士連携強化を提言
16/08/08 ドラッグトピックス8月1日号 CVSの団地内進出規制緩和にJACDS宗像氏が危機感
16/07/30 ドラッグトピックス7月25日号 上位占有率進展、10社で市場の3分の2に〜本紙姉妹誌月刊ドラッグマガジン7月号で全貌明らかに
16/07/17 ドラッグトピックス7月18日号日本ヘルスケア協会(JAHI)活動方針発表
16/07/11 ドラッグトピックス7月11日号夏季特大号〜薬局・Dgsがやるべき高齢者の健康サポート
16/07/08 ドラッグトピックス・宮城JMAT〜熊本地震で、災害対策医療供給車両「モバイルファーマシー」が活躍
16/06/22 ドラッグトピックス・トップニュース〜6月20日号〜
16/05/20 武田薬品 ヘルスケアビジネスユニット・杉本雅史プレジデントが明言!!
16/05/13
16/04/28 東家協 新ビル落成披露の会開催
16/04/21 第一三共ヘルスケア 「ロキソニンSプレミアム」が新発売!
16/04/15 真の「健康サポート薬局」実現へ!!
16/04/08
16/03/31 SMAC,JACDS,日本CP協会が「健康サポート薬局」具現化セミナー開催
16/03/25
16/03/19 「セルフケア卸セミナー」で提言相次ぐ
16/03/11 第28回「ヒット商品賞・話題商品賞」特大号 表彰式&受賞者祝賀パーティー完全詳報
16/03/03 日本アンチ・ドーピング機構×大塚製薬 「スポーツファーマシスト」教育で強力タッグ(ドラッグトピックス)
16/02/26 調査報告 社員教育から読み取る調剤薬局・DgSの方向性(ドラッグトピックス)
16/02/18 ココカラファイン 地域生活者参加型イベント「カラダ想いフェスタ2016」大盛況(ドラッグトピックス)
16/02/12 大木ヘルスケアHD 松井会長「新税制対応の準備を」(ドラッグトピックス)
16/02/04 一般薬連 セルフメディケーション推進税制の拡充に意欲(ドラッグトピックス)
16/01/29 新たなステージに入ったDgS業界!(ドラッグトピックス)
16/01/21 JACDS「第16回JAPANドラッグストアショー」概要決まる!(ドラッグトピックス)
16/01/14 2016年 花粉商戦が早くもスタート 暖冬で飛散早まる!!早期対策の訴求必須(ドラッグトピックス)
16/01/08 日家協・柴田会長「セルフメディケーション推進に家庭薬は不可欠」(ドラッグトピックス)
15/12/24 [新年特大号]超高齢社会下における薬局・ドラッグストアの真の役割とは!?(ドラッグトピックス)
15/12/18 [ドラッグトピックス12月21日磁28日合併号トップニュース]
15/12/11 本格シーズン到来で動き出した風邪薬最新トレンド(ドラッグトピックス)
15/12/03 JACDS 介護食品を再成長の原動力に(ドラッグトピックス)
15/11/27 本格的に動き出した機能性表示食品制度(ドラッグトピックス)
15/11/19 洗う・飲む─多様化する乾燥肌へのアプローチ(ドラッグトピックス)
15/11/13 [胃腸薬特大号]胃痛・胃もたれ・漢方などが注目ワード(ドラッグトピックス)
15/11/06 日本ヘルスケア協会発足 2年後の公益財団法人化を視野(ドラッグトピックス)
15/10/30
15/10/22 [胃腸薬特集]胃腸薬カテゴリーに今シーズンは再活性化の可能性(ドラッグトピックス)
15/10/16 [風邪薬特大号]パーソナル・ファミリーユースが2大トレンドとして鮮明に(ドラッグトピックス)
15/10/09 マツモトキヨシHD H&BC提案・新業態「matsukiyo LAB」スタート(ドラッグトピックス)
15/10/02 OTC薬協 新制度導入で削減可能な医療費は1,151億円(ドラッグトピックス)
15/09/18 アルフレッサHC 設立5周年「おかげさまで5周年記念式典」開催(ドラッグトピックス)
15/09/11 セルフケア市場でDgSが取り組むべき施策とは?(ドラッグトピックス)
15/09/04 藤井氏(龍角散)「生活者の生の声を販促に反映」(ドラッグトピックス)
15/08/27 DgSの地域包括ケア対応に欠かせない最新検査機器(ドラッグトピックス)
15/08/20 免税対応店では単月売り上げ140%増も(ドラッグトピックス)
15/08/07 出生率低下も海外特需で紙おむつ市場拡大へ(ドラッグトピックス)
15/07/30 アインファーマシーズ 「アインズ&トルペ」の新旗艦店 新宿東口店オープン(ドラッグトピックス)
15/07/25 ビタミン薬・総合保健薬の動向にあらためて集まる注目(ドラッグトピックス)
15/07/17 スギ薬局が「国家試験対策」支援を本格化(ドラッグトピックス)
15/07/10 夏季商戦真っただ中!! 厳選!本紙が推奨する話題のカテゴリー!(ドラッグトピックス)
15/07/03 機能性表示食品が店頭に続々登場…課題も!(ドラッグトピックス)
15/06/26 検体測定室設置へ機器リースも一手(ドラッグトピックス)
15/06/18 検体測定室連携協議会設立 セルフ測定と地域医療連携はセット(ドラッグトピックス)
15/06/12 今夏、経口補水液市場は急拡大へ(ドラッグトピックス)
15/06/05 [OTC医薬品特大号]OTC薬市場は新時代に突入!(ドラッグトピックス)
15/05/29 平等の理念掲げてNPO法人「薬と医療の啓発塾」本格始動(ドラッグトピックス)
15/05/21 OTC薬協 「OTC医薬品産業グランドデザイン」を公表(ドラッグトピックス)
15/05/15 ドリンク剤・飲料製品特大号〜市場活性の鍵は女性・若年層・ファミリーユース(ドラッグトピックス)
15/05/01 JACP コミュニティー薬剤師になるためのキーワードを提示(ドラッグトピックス)
15/04/24 経産省・野村課長 「終わりではなく、これからが始まり」(ドラッグトピックス)
15/04/17 話題の「ケア(介護)ローソン」1号店・埼玉県にオープン(ドラッグトピックス)
15/04/10 機能性表示食品制度がスタート!! どう変わる、健康食品市場、そして売り場!?(ドラッグトピックス)
15/04/03 15年薬剤師国家試験 合格者9000人超
15/03/27 2015年春花粉関連市場動向 飛散多く市場は「想定内」の医薬品と好調なマスクに二分(ドラッグトピックス)
15/03/19 経産省・研究会報告書 DgSの新たな方向性を提言(ドラッグトピックス)
15/03/12 消費者庁 機能性表示食品制度が4月1日スタート(ドラッグトピックス)
15/03/06 第27回「ヒット商品賞・話題商品賞」特大号
15/02/27 大衆薬卸経営効率調査 薬粧卸売市場0.01%増の7,163億円(ドラッグトピックス)
15/02/21 <2015ドラッグストア特大号>DgSチェーンの新たな挑戦(ドラッグトピックス)
15/02/13 経産省/農水省 DgS業態の可能性に相次いで期待(ドラッグトピックス)
15/02/05 ツルハHD×ローソンが業務提携(ドラッグトピックス)
15/01/30 訪日外国人旅行者数が1,300万人を突破(ドラッグトピックス)
15/01/23 OTC薬協 5月にグランドデザイン公表へ(ドラッグトピックス)
15/01/16 塩崎大臣がOTC薬控除税制に言及(ドラッグトピックス)
15/01/09 進む地域包括ケアで見えた地域薬局の存在意義(ドラッグトピックス)
14/12/25 <2015新年号> 薬局・DgSから健康情報の発信を!
薬剤師が切り拓くセルフメディケーション!!(ドラッグトピックス)
14/12/20 速報!第27回「ヒット商品賞・話題商品賞」が決定(ドラッグトピックス)
14/12/13 <2014 POP活用店頭プロモーションコンクール特大号>大賞はクリハラ薬店(宮城県)の阿部仁美氏に決定!!(ドラッグトピックス)
14/12/04 近畿薬剤師学術大会 多岐にわたってみえてきた薬剤師の可能性(ドラッグトピックス)
14/11/28 神奈川マイカルテプロジェクト お薬手帳電子化が新局面に突入(ドラッグトピックス)
14/11/21 経産省 1万7千店のDgSに白羽の矢(ドラッグトピックス)
14/11/14 <胃腸薬特大号>胃腸薬市場にポテンシャル(ドラッグトピックス)
14/11/08 超高齢社会に注目される「奈良県漢方のメッカ推進プロジェクト」(ドラッグトピックス)
14/10/31 脚光浴びるDgS向けのお手軽園芸商材(ドラッグトピックス)
14/10/24 親和会 第32回「西日本OTCフェア」盛大に(ドラッグトピックス)
14/10/17 「風邪薬特大号」多様化・細分化で需要膨らむ風邪薬市場(ドラッグトピックス)
14/10/11 DgS×薬剤師 産業の中心 薬剤師の確保は重要課題(ドラッグトピックス)
14/10/04 DgSチャネル・化粧品展開〜製薬企業ブランド提案が本格化(ドラッグトピックス)
14/09/27 「良き時代の終焉」で本格化する調剤薬局・DgSのM&A(ドラッグトピックス)
14/09/20 薬業5団体 新宿でOTC啓発イベントを開催(ドラッグトピックス)
14/09/12 <秋季特大号> 秋・冬商戦〜注目カテゴリーに起きた新潮流(ドラッグトピックス)
14/09/05 「行動する薬剤師」と広がり見せる草の根レベルの在宅医療(ドラッグトピックス)
14/08/30 話題の団体「漢方産業化推進研究会」が初会合(ドラッグトピックス)
14/08/22 軽減税率適用論議でOTCは 「社会保障品目」(ドラッグトピックス)
14/08/07 セルフチェック市場 拡大の兆し(ドラッグトピックス)
14/08/01 DgSは生活基幹業態実現への信念貫け(ドラッグトピックス)
14/07/25 消費者庁 機能性で“部位表示”を獲得(ドラッグトピックス)
14/07/19 医療機関でのサプリメント販売はOK(ドラッグトピックス)
14/07/12 夏季特大号2014 上半期ヒットカテゴリー分析&下半期ブレイク必至カテゴリー予測(ドラッグトピックス)
14/07/04 最新のDgS・調剤チェーンランキングを発表!!(ドラッグトピックス)
14/06/28 健康食品・サプリメント市場 美容・エイジング商材好調で国内外とも続伸(ドラッグトピックス)
14/06/20 医薬全商連解散 「闘う小売集団」静かに終えた歴史的使命(ドラッグトピックス)
14/06/14 OTC医薬品特大号 公開 !これが生活者目線でのOTC薬販促だ !!(ドラッグトピックス)
14/06/07 「部位」「未成年者」「妊産婦」表示めぐり議論紛糾(ドラッグトピックス)
14/05/30 見えてきたかかりつけ薬局・薬剤師のあるべき姿と方向性(ドラッグトピックス)
14/05/24 バイタルネット 「新潟物流センター」&「お客様センター」公開(ドラッグトピックス)
14/05/16 <ドリンク剤・飲料製品特大号>女性と若年層の開拓がポイント(ドラッグトピックス)
14/05/02 自己採血解禁で動き出したかかりつけ薬局・DgSの新機能(ドラッグトピックス)
14/04/25 薬局・DgSでの自己採血検査が解禁(ドラッグトピックス)
14/04/17 ヒヤリ・ハット 疑義照会は過去最多の16%(ドラッグトピックス)
14/04/12 春季特大号2014 DgSチャネル最注目カテゴリー徹底分析!!(ドラッグトピックス)
14/04/05 急加速するDgS店舗での生鮮食品展開(ドラッグトピックス)
14/03/29 クスリのアオキ(石川)のセミナーに700人(ドラッグトピックス)
14/03/22 JACDS「成長鈍化で攻めへ転じる」(ドラッグトピックス)
14/03/15 宮城県 全国初!JMATに医薬品卸が参画(ドラッグトピックス)
14/03/07 第26回「ヒット商品賞・話題商品賞」特大号(ドラッグトピックス)
14/03/01 大木 「2014 OHKI 春夏用カテゴリー提案商談会」盛大に(ドラッグトピックス)
14/02/21 未妥結減算の影でDgSの1人勝ちも(ドラッグトピックス)
14/02/15 大手ヘルスケア卸2社 春のフェア開催(ドラッグトピックス)
14/02/08 <ドラッグストア特大号> ドラッグ業態がネット時代で生き残るための秘策とは!?(ドラッグトピックス)
14/02/01 DgSは新たな挑戦が必要なときに(ドラッグトピックス)
14/01/25 食品機能性表示 地方自治体独自の活動が本格化(ドラッグトピックス)
14/01/18 全家協・柴田会長 発展のカギは全方位での連携(ドラッグトピックス)
14/01/11 民間企業主導の「漢方産業化推進研究会(仮)」設立(ドラッグトピックス)
13/12/26 ドラッグトピックス2014年1月6日号〜新年特大号〜
「セルフメディケーション」をよみなおす
13/12/21 速報!!「第26回ヒット商品賞・話題商品賞」が決定(ドラッグトピックス)
13/12/14 2013 POP活用 店頭プロモーションコンクール 大賞決まる(ドラッグトピックス)
13/12/07 ネット販売 対面論争で新展開(ドラッグトピックス)
13/11/30 小社主催 「2013POP活用店頭プロモーションコンクール」結果速報(ドラッグトピックス)
13/11/23 ネット販売解禁が混乱招く可能性大(ドラッグトピックス)
13/11/15 [胃腸薬特大号] 胃腸環境整備で生活者にアプローチを !!(ドラッグトピックス)
13/11/09 大木 延床面積4千坪の「セントラルロジスティックセンター」竣工(ドラッグトピックス)
13/11/02 ローソンが「マチの健康ステーション」に進化(ドラッグトピックス)
13/10/26 ネット販売 28品目の扱い、なお不透明なまま(ドラッグトピックス)
13/10/19 [風邪薬特大号]市場はパーソナル化が進展(ドラッグトピックス)
13/10/12 SMACが緊急提言 OTC「エパデール」啓発活動を強力推進(ドラッグトピックス)
13/10/05 日薬学術大会 史上初!!学会との共催シンポジウム実施(ドラッグトピックス)
13/09/28 OTCネット販売 新ルール大筋でまとまる(ドラッグトピックス)
13/09/21 リードヘルスケア第82回「健康フェア」開催 売り場の魅力高める提案が満載(ドラッグトピックス)
13/09/14 [秋季特大号] 2013年夏季商戦 店頭を賑わせた注目カテゴリー(ドラッグトピックス)
13/09/06 バイタルネットグループの薬局ヘルスマートが「24時間テレビ」に協賛(ドラッグトピックス)
13/08/30 「第93回東京医療衛生用品フェア」盛大に(ドラッグトピックス)
13/08/23 厚労省 ネット販売の具体的ルールづくりに着手(ドラッグトピックス)
13/08/09 機能性表示制度化機に販促方法見直しを(ドラッグトピックス)
13/08/02 体験型セルフメディケーション啓発に手応え(ドラッグトピックス)
13/07/27 進む多職種協働と「共同薬物治療管理」の実践(ドラッグトピックス)
13/07/19 トップ3はマツキヨ・スギ・ツルハ(ドラッグトピックス)
13/07/12 <夏季特大号>2013年上半期 DgSチャネル売れ筋商品大分析!!(ドラッグトピックス)
13/07/05 JACDS ネット販売ガイドライン(GL)を策定(ドラッグトピックス)
13/06/28 製品も提案も限りなく“食”に近づく健食(ドラッグトピックス)
13/06/21 JACDS 25品目除き1類・2類の自粛を解除(ドラッグトピックス)
13/06/14 <OTC医薬品特大号>捲土重来! 今こそOTC薬浮上のチャンス!!(ドラッグトピックス)
13/06/07 OTC薬ネット販売が“全面解禁”へ(ドラッグトピックス)
13/05/31 実店舗の魅力を再認識(ドラッグトピックス)
13/05/24 ネット販売検討会 安全性確保巡り議論は平行線(ドラッグトピックス)
13/05/18 <ドリンク剤・飲料製品特大号>2012年の市場は久々に微増で終着!?(ドラッグトピックス)
13/05/11 メディカルシステムネットワーク 調剤薬局にCVS機能付加した店舗構築へ(ドラッグトピックス)
13/04/27 今季の花粉商戦 第1類医薬品の躍進目立つ(ドラッグトピックス)
13/04/26 <社告>ドラッグトピックス合併号のお知らせ
13/04/19 武田薬品 「アリナミンRオフ」を上市(ドラッグトピックス)
13/04/12 <春季特大号>女性ニーズ対応強化でOTC薬市場活性化へ(ドラッグトピックス)
13/04/05 提案幅広がるトクホコーヒー(ドラッグトピックス)
13/03/29 最新什器が変える“魅せる”売り場づくり(ドラッグトピックス)
13/03/23 「JAPANドラッグストアショー」大盛況のうちに閉幕(ドラッグトピックス)
13/03/16 自治体主導 地域密着型“予防”施策本格化(ドラッグトピックス)
13/03/09 第25回「ヒット商品賞・話題商品賞」表彰式完全リポート(ドラッグトピックス)
13/03/01 対応急がれる「One to One」マーケティング(ドラッグトピックス)
13/02/22 食事軸の健康相談の重要性増す(ドラッグトピックス)
13/02/16 見え始めてきたドラッグストア・調剤薬局の未来形(ドラッグトピックス)
13/02/09 OTC新時代到来 中間流通業に求められる新たな役割(ドラッグトピックス)
13/02/02 風邪薬は早かった出足に反して“失速”気味に(ドラッグトピックス)
13/01/26 ネット販売裁判が決着 資格者介した店頭での新販売基準構築を(ドラッグトピックス)
13/01/19 セルフメディケーション推進に供給側から決意表明(ドラッグトピックス)
13/01/12 行政・団体・企業“連携”の重要性再確認(ドラッグトピックス)
12/12/28 <新年特大号>新たな段階迎えた医薬品業界(ドラッグトピックス)
12/12/22 <合併号のお知らせ>(ドラッグトピックス)
12/12/22 速報 第25回「ヒット商品大賞」「話題商品大賞」が決定!(ドラッグトピックス)
12/12/15 特大号「2012年POP活用店頭プロモーションコンクール」(ドラッグトピックス)
12/12/08 大家協 神農祭・張り子の虎に託す家庭薬振興(ドラッグトピックス)
12/12/01 中学校への「くすり教育」が本格化も課題が顕在化(ドラッグトピックス)
12/11/25 2012年「POP活用店頭プロモーションコンクール」結果速報(ドラッグトピックス)
12/11/17 胃腸薬 市場再拡大に向け年末プロモーションが活発化(ドラッグトピックス)
12/11/10 新抗菌・防ウイルス対策普及へ「Etak協議会」設立(ドラッグトピックス)
12/11/02 インフルエンザ予防講習会を授業で実施(ドラッグトピックス)
12/10/27 ファルメディコ ハザマ薬局神戸がんサポートセンター開局(ドラッグトピックス)
12/10/20 2011年風邪薬市場 存在感増すパーソナルユース製品(ドラッグトピックス)
12/10/13 薬剤師主体のセルフメディケーションで認知加速へ(ドラッグトピックス)
12/10/06 6年制薬剤師 実践力・コミュニケーション能力に高評価(ドラッグトピックス)
12/09/29 夏季商戦終了もOTC薬振るわず(ドラッグトピックス)
12/09/22 広島大学実施の「健康測定」盛況(ドラッグトピックス)
12/09/15 <秋季特大号>有力ドラッグストアチェーンに見る売り場活性化策最前線(ドラッグトピックス)
12/09/08 薬業6団体 新宿で恒例のOTC啓発イベント実施(ドラッグトピックス)
12/09/01 2012年下半期 切り口光るOTC新製品に注目(ドラッグトピックス)
12/08/25 地場ドラッグチェーン主体の研究組織発足(ドラッグトピックス)
12/08/11 <合併号のお知らせ>(ドラッグトピックス)
12/08/11 G&G 今期売上高100億円突破ほぼ確実に(ドラッグトピックス)
12/08/04 激動の北海道のDgS市場―出店競争・差別化展開激化(ドラッグトピックス)
12/07/28 早急な意識改革必至のビタミン薬販促(ドラッグトピックス)
12/07/22 「日本在宅薬学会」が誕生(ドラッグトピックス)
12/07/14 <夏季特大号>2012年上半期売れ筋商品はこれだ!!(ドラッグトピックス)
12/07/07 医薬品産業ランキング 小売り大手は2ケタ増益の好業績に(ドラッグトピックス)
12/06/30 健食市場新潮流 青汁・ビタミンD市場が急拡大(ドラッグトピックス)
12/06/23 変わる生活者ニーズに対応策急ぐ小売店(ドラッグトピックス)
12/06/16 <特集>6年制薬剤師登場で盛り上がるドラッグストア(ドラッグトピックス)
12/06/09 主要ヘルスケア卸2012年3月期決算 震災乗り越え増収基調に(ドラッグトピックス)
12/06/02 薬剤師あゆみの会 アプローチは薬剤師自ら動け!(ドラッグトピックス)
12/05/26 介護食品展示会・施設運営会社講演が大盛況(ドラッグトピックス)
12/05/19 <ドリンク剤・飲料製品特大号>2012年度の市場は前年並みに(ドラッグトピックス)
12/05/12 ココカラファイン 店名に「ココカラファイン」冠した1号店開設(ドラッグトピックス)
12/05/12 様変わりするDgSの「健康フェア」(ドラッグトピックス)
12/04/28 <合併号のお知らせ>(ドラッグトピックス)
12/04/27 ドラッグ&調剤≠ゥコンビニドラッグ≠ゥ(ドラッグトピックス)
12/04/21 2012年春「花粉症商戦」 「アレジオン10」(エスエス)の躍進目立つ(ドラッグトピックス)
12/04/14 <春季特大号>6年制薬剤師が切り拓く新事業(ドラッグトピックス)
12/04/07 薬学6年制卒国試結果発表 合格率95%強の裏に無難な出題?(ドラッグトピックス)
12/03/31 食料産業局(農水省)創設で健食事業に新支援(ドラッグトピックス)
12/03/24 第12回JAPANドラッグストアショー盛大に(ドラッグトピックス)
12/03/17 3・11東日本大震災から1年余 今なお残る営業休止店(ドラッグトピックス)
12/03/17 “介護”との融合模索するDgSチェーン(ドラッグトピックス)
12/03/16 <お詫びと訂正>(ドラッグトピックス)
12/03/10 <特大号>第24回「ヒット商品賞・話題商品賞」 「ロキソニンS」がグランプリ独占の快挙!!(ドラッグトピックス)
12/03/03 日薬 書面での情報提供義務徹底へ(ドラッグトピックス)
12/02/25 2012年水虫薬市場が熱い! 「ブテナロック」「ピロエース」など5ブランドで新製品一斉上市(ドラッグトピックス)
12/02/18 日衛連 全国マスク工業会 「マスクの表示・広告自主基準」を改定(ドラッグトピックス)
12/02/18 新生アルフレッサ HC 「2012ライフサポートフェア」盛大に開催(ドラッグトピックス)
12/02/10 [OTC医薬品 特大号]市場拡大のカギ握る第1類医薬品の販促(ドラッグトピックス)
12/02/04 小社調査 第1類薬の販売状況に改善の兆し(ドラッグトピックス)
12/01/28 “元気”をドラッグストアから発信 「第12回JAPANドラッグストアショー」の概要決まる(ドラッグトピックス)
12/01/28 介護・酒造メーカーコスメ・メディカルオーラルなど新提案続々 大木主催「2012春夏用カテゴリー提案商談会(ドラッグトピックス)
12/01/21 日薬・JACDS 新たなOTC薬販促強化策実施へ(ドラッグトピックス)
12/01/14 2012年花粉対策アイテム市場動向予測 「アレジオン10」など第1類薬の存在感増大(ドラッグトピックス)
12/01/14 全国家庭薬メーカー・卸合同新年互礼会 市場活性化へ“地域生活者と共生”(ドラッグトピックス)
12/01/07 新春スペシャルインタビュー ライオン・濱逸夫新社長に聞く(ドラッグトピックス)
12/01/07 調剤チェーンを巡る就職動向に“異変” 薬学生に強まる病院志向内定辞退者続出に困惑も(ドラッグトピックス)
11/12/30 <新年特大号>OTC医薬品市場の再活性化に向けて(ドラッグトピックス)
11/12/19 社告■ドラッグトピックス合併号のお知らせ
11/12/19 速報!! 第24回「ヒット商品賞・話題商品賞」決定(ドラッグトピックス)
11/12/19 2012年ヘルスケア市場商品トレンド予想(ドラッグトピックス)
11/12/10 <2011年POP活用店頭プロモーションコンクール特大号>大賞はウエルシア草加原町店(埼玉県)に(ドラッグトピックス)
11/12/09 新春特別対談「家電量販店、調剤薬局連携による調剤・OTC戦略」 ビックカメラ社長・宮嶋宏幸氏 × クオール社長・中村勝氏(ドラッグトピックス新春特大号予告)
11/12/03 忘年会・新年会 シーズン突入! 飲む前・飲んだ後対策が浸透(ドラッグトピックス)
11/11/26 2011年POP活用店頭プロモーションコンクール結果速報(ドラッグトピックス)
11/11/19 アルフレッサヘルスケアが設立記念式典 勝木社長 価格競争から価値創造提案型卸業へ(ドラッグトピックス)
11/11/12 中学校の医薬品教育議論ようやくスタート(ドラッグトピックス)
11/11/05 胃腸薬 「目的買い」への対応に加え「ついで買い」喚起の演出を(ドラッグトピックス)
11/10/29 速報! 胃腸薬商戦の動向 キーワードは「胃痛」「高齢化」「女性」(ドラッグトピックス)
11/10/29 「サッポロ ヘルス&ビューティフェア2011」2万人超える来場者で今年も盛況!(ドラッグトピックス)
11/10/22 セルフメディケーション学会 薬剤師自身が変わらなければOTC薬普及・啓発は進まない(ドラッグトピックス)
11/10/22 関西から元気を発信した西日本OTCフェア(ドラッグトピックス)
11/10/15 日薬 東日本大震災復興祈念式典・シンポで薬剤師の課題新たに(ドラッグトピックス)
11/10/06 風邪薬市場 2011年は安全志向・節電・新展開に期待(ドラッグトピックス)
11/10/01 家庭薬 国内外にエリア拡大する共同販促(ドラッグトピックス)
11/09/24 東日本大震災 被災地一般店へのサポート急務(ドラッグトピックス)
11/09/17 2011年風邪商戦速報! 新製品・新キャラクターで若年ユーザーの取り込み図る(ドラッグトピックス)
11/09/10 <秋季特大号>2011年上半期売れ筋商品トレンドを探る(ドラッグトピックス)
11/09/03 日薬総会 調剤過誤問題に触れず執行部に不信感(ドラッグトピックス)
11/08/27 東日本大震災 絆を結ぶ薬局薬店が続々と――(ドラッグトピックス)
11/08/20 防災の日 安心できる「生活インフラ」として期待されるDgS(ドラッグトピックス)
11/08/06 <社告>ドラッグトピックス合併号のお知らせ
11/08/06 2011年上半期DgS売れ筋商品調査 新製品では「ロキソニンS」と「アットノン」(ドラッグトピックス)
11/07/30 ドリンク剤・各社プロモーションがピーク迎える節電下の熱中症・夏バテ対策も急務(ドラッグトピックス)
11/07/23 ブランド改革目立つビタミン薬市場(ドラッグトピックス)
11/07/16 JACDS新会長に関口信行氏を選出(ドラッグトピックス)
11/07/09 [夏季特大号] 検証 3.11東日本大震災 薬業界 製・配・販―それぞれの支援活動(ドラッグトピックス)
11/07/02 成長に陰り見えないDgS・調剤チェーン(ドラッグトピックス)
11/06/25 変わりゆく健康食品・サプリメント市場 アンチエイジング商材が急成長(ドラッグトピックス)
11/06/18 東日本大震災 ビタミン不足が依然深刻に(ドラッグトピックス)
11/06/11 特集■DgSチェーン社員教育の実情と話題の新業態店・新展開(ドラッグトピックス)
11/06/04 DgSチェーン節電対策続々 ウエルシア関東 最大2億6,000万円の節約目指す(ドラッグトピックス)
11/05/28 2011年春 花粉症商戦総括 「ザジテンAL鼻炎カプセル」が355%超、マスクは200%で在庫減少が進む(ドラッグトピックス)
11/05/28 主要製薬企業2011年3月期決算ヘルスケア業績 各社主力ブランドが回復基調に転じる(ドラッグトピックス)
11/05/21 アルフレッサ・ヘルスケア 3本部制導入で販売と管理明確化(ドラッグトピックス)
11/05/14 <特集>ドリンク剤・飲料製品(ドラッグトピックス)
11/04/30 <合併号のお知らせ>(ドラッグトピックス)
11/04/30 市場拡大へ加速する第1類薬〜震災支援と大型スイッチ品の販促が契機〜(ドラッグトピックス)
11/04/30 大阪府 医薬品ネット販売で府下の薬局を刑事告発(ドラッグトピックス)
11/04/23 東日本大震災 薬剤師・栄養士によるサプリメント提供体制構築を(ドラッグトピックス)
11/04/16 東日本大震災 買い占め・買い控えにつながる風評被害を防げ !!(ドラッグトピックス4月18日号)
11/04/09 <春季特大号>“ドラッグ&コンビニ”業態の実情(ドラッグトピックス)
11/04/02 日薬 薬剤師ボランティア派遣で新たなスキーム構築(ドラッグトピックス)
11/03/26 東北地方太平洋沖地震 厚労省・水産庁と薬業団体が連携(ドラッグトピックス)
11/03/26 東北地方太平洋沖地震 薬業界挙げた支援の輪広がる(ドラッグトピックス)
11/03/19 <社告>ドラッグトピックス3月21日号「休刊」のお知らせ
11/03/12 日本PC連合学会 「PC認定薬剤師」が特定領域認定制度の認証取得(ドラッグトピックス)
11/03/12 丹平中田 「2011ライフサポートフェア」が大盛況(ドラッグトピックス)
11/03/06 第23回「ヒット商品賞・話題商品賞」特大号(ドラッグトピックス)
11/02/26 早春の2大健康管理訴求で顧客をつかめ!(ドラッグトピックス)
11/02/26 スギ薬局 基礎体温の測定啓発で美容商材販促に大きな成果(ドラッグトピックス)
11/02/19 アルフレッサグループ 丹平中田・シーエス薬品が10月に経営統合(ドラッグトピックス)
11/02/19 大木 大盛況のうちに終了した「2011春夏用カテゴリー提案商談会」(ドラッグトピックス)
11/02/12 2010年度 POP活用店頭プロモーションコンクール特大号(ドラッグトピックス)
11/02/12 シーエス薬品・丹平中田 10月に薬粧卸売事業統合(ドラッグトピックス)
11/02/12 WINグループ 3年以内に100億円の仕入れ(ドラッグトピックス)
11/02/05 武田薬品・大正製薬 潜在需要喚起する水虫薬投入(ドラッグトピックス)
11/02/05 富士薬品の健康イベントが大盛況(ドラッグトピックス)
11/02/05 行政刷新会議 ネット販売は新たなルール制定専門家の店舗常駐義務も撤廃へ(ドラッグトピックス)
11/02/05 OTC薬協・三輪会長 医療費控除を全OTC薬で(ドラッグトピックス)
11/01/29 小社主催 2010年度「POP活用店頭プロモーションコンクール」速報(ドラッグトピックス)
11/01/29 JACDS 3月に幕張で第11回DgSショー(ドラッグトピックス)
11/01/29 NPhA賀詞交歓会 次回報酬改定に確実に対応(ドラッグトピックス)
11/01/22 OTC市場再活性化の切り札登場! 「ロキソニンS」店頭販促の成功が試金石(ドラッグトピックス)
11/01/22 「全国家庭薬メーカー・卸合同新年互礼会」盛大に(ドラッグトピックス)
11/01/22 ロート製薬 中高生対象に社員が「薬育」活動(ドラッグトピックス)
11/01/22 日薬が新販売制度で相互点検 新販売制度の啓発掲示に課題(ドラッグトピックス)
11/01/22 小社調査 買い物したくない薬局薬店・DgSは接客態度悪い・暗くて汚いが最多(ドラッグトピックス)
11/01/22 日薬・児玉会長 基本料の24点一本化に反論(ドラッグトピックス)
11/01/22 キリン堂協栄会新年会 DgSは無縁社会に対応を(ドラッグトピックス)
11/01/22 ジョヴィ協栄会・高負長 カウンセリングで勝者に(ドラッグトピックス)
11/01/22 OPM 小売り薬業界の灯台に(ドラッグトピックス)
11/01/22 直販協・賀詞交歓会 制度環境本格的に生かす(ドラッグトピックス)
11/01/22 東京医療品卸協組・賀詞交歓会 卸業として価値ある貢献を(ドラッグトピックス)
11/01/22 日殺工・賀詞交歓会で上山会長 温暖化で蚊の大量発生予測(ドラッグトピックス)
11/01/22 白十字グループ賀詞交歓会 売り上げから利益重視へ(ドラッグトピックス)
11/01/15 店頭からの早期予防提案実施で1,000億円回復目指す花粉対策市場(ドラッグトピックス)
11/01/15 スポーツショップ(スーパースポーツゼビオ成田店・千葉)が自前のドラッグストアを開設(ドラッグトピックス)
11/01/15 薬業4団体賀詞交歓会 東薬工松田会長・新薬創出加算の本格導入を(ドラッグトピックス)
11/01/15 アルファーネットワーク新年祝賀会 森元代表が「厚利少売」の精神訴える(ドラッグトピックス)
11/01/15 大阪薬業クラブ新年互礼会 上がり相場の卯年に飛躍願う(ドラッグトピックス)
11/01/15 ライオン トイレ情報で受験支援(ドラッグトピックス)
11/01/15 小林製薬 「小学校のトイレぴかぴか計画」がグランプリ(ドラッグトピックス)
11/01/08 2011年のDgS市場 10兆円規模達成へ勝負の年に(ドラッグトピックス)
11/01/08 マツモトキヨシ 「渋谷Part2店」をビューティー特化型店舗に(ドラッグトピックス)
11/01/08 日登協 大阪に7番目の支部設立(ドラッグトピックス)
11/01/08 NPhA調べ 6割超がGE体制加算取得(ドラッグトピックス)
11/01/08 日薬調べ・上半期医薬分業率 秋田県が2度の80%台(ドラッグトピックス)
11/01/08 2010年度第1回登録販売者試験 大きくダウンした東京都の合格率(ドラッグトピックス)
11/01/08 大塚HD樋口社長 「今後はM&Aも選択肢」(ドラッグトピックス)
11/01/08 JACDS 寺西会長が今後の事業展開語る(ドラッグトピックス)
11/01/08 大日本除虫菊 上山専務が創業者・英一郎翁の精神講演(ドラッグトピックス)
11/01/08 フマキラー中間決算 天候不順で減収減益に(ドラッグトピックス)
10/12/27 <新年特大号>OTC医薬品市場再活性化への道(ドラッグトピックス)
10/12/18 <社告> 合併号のご案内(ドラッグトピックス)
10/12/18 速報第23回ヒット商品賞話題商品賞決定 「ヒット商品大賞」=「バファリンかぜEX」(ライオン)、「話題商品大賞」=「トメダインコーワフィルム」(興和)
10/12/18 NPhA岩崎会長 新年度に組織改革着手(ドラッグトピックス)
10/12/18 厚労省 RED RIBBONLIVE2010開催(ドラッグトピックス)
10/12/18 ネグジット総研 イメージ第1位は武田薬品(ドラッグトピックス)
10/12/18 ゼリア新薬中間決算 営業利益93%の増益(ドラッグトピックス)
10/12/18 GSK 「コンタック鼻炎スプレー」でユニークCMの第3弾放映(ドラッグトピックス)
10/12/18 白十字 川柳コンテストを開催(ドラッグトピックス)
10/12/18 大木グループの新戦略 高機能・高密着型マスクの需要創造(ドラッグトピックス)
10/12/18 エステー 「熊雄」がクリスマス会(ドラッグトピックス)
10/12/11 <OTC医薬品特大号>〜改定薬事法全面施行からやがて2年、OTC薬業界が取り組むべき課題〜(ドラッグトピックス)
10/12/04 転換期迎えたDgSチャネルの機能性化粧品展開(ドラッグトピックス)
10/12/04 忘年会・新年会シーズン開幕!! 多彩なメーカープロモと連動した店頭訴求必須(ドラッグトピックス)
10/12/04 スギヤマ薬品 第1類薬への薬剤師の積極関与はリスク回避と差別化戦略に不可欠(ドラッグトピックス)
10/12/04 警察OBが「万引き撃退セミナー実践塾」(ドラッグトピックス)
10/12/04 厚労省調べ 「店舗販売業者」は22,000軒超える(ドラッグトピックス)
10/12/04 製薬協調べ 東証1部上場製薬企業第2四半期決算、買収で売上増も減益に(ドラッグトピックス)
10/12/04 兵庫県薬 設立120周年式典盛大に(ドラッグトピックス)
10/12/04 宮本薬局 恒例の健康講座が大盛況(ドラッグトピックス)
10/12/04 NPhA 3年ぶりに合同就職説明会(ドラッグトピックス)
10/12/04 NHK カンボジアの医療を支援する七海陽子氏の活動を紹介(ドラッグトピックス)
10/12/04 神農祭 鎮座230年の節目迎え盛大に(ドラッグトピックス)
10/12/04 太田胃散 新CMに高島礼子起用(ドラッグトピックス)
10/12/04 エスエス製薬 「ガストール」の新TVCMでサッカーの岡田前監督起用(ドラッグトピックス)
10/12/04 参天製薬 ひとみすこやか研修会開く(ドラッグトピックス)
10/12/04 白十字 介護の日にセミナー開催(ドラッグトピックス)
10/12/04 サラヤ サッカーのサポーティングマッチ開催(ドラッグトピックス)
10/11/27 社告 「第2回POP活用 店頭陳列コンクール」特大号の発行日延期のお知らせ(ドラッグトピックス)
10/11/27 調剤へのポイント付与 議論沸騰も意見分かれる(ドラッグトピックス)
10/11/27 姉妹誌ドラッグマガジン座談会 改定薬事法厳守しなければ薬局・薬剤師の活躍の場を狭める(ドラッグトピックス)
10/11/27 薬学教育協議会調べ 新制4年生は「進学」が圧倒的(ドラッグトピックス)
10/11/27 日本新薬 第3回こども文学賞の物語と絵の募集開始(ドラッグトピックス)
10/11/27 ウエルシア関東共栄会 既存店強化で700店舗強へ(ドラッグトピックス)
10/11/27 近江兄弟社 創立90周年の式典盛大に(ドラッグトピックス)
10/11/27 JSM‐DB通常総会 前期に続き第10期も黒字化(ドラッグトピックス)
10/11/27 ユースキン製薬 「HAND EXPO2010」を開催(ドラッグトピックス)
10/11/27 エバースジャパン チェーンセミナーで「便を出して腸整える」訴求(ドラッグトピックス)
10/11/27 丹平製薬「アトピタ」 モバイルサイトでママを応援(ドラッグトピックス)
10/11/27 エステー 「消臭力」「脱臭炭」で第2弾10周年記念キャンペーン(ドラッグトピックス)
10/11/27 ライオン 人気ルームウェアとコラボ(ドラッグトピックス)
10/11/27 ダリヤ 「泡のヘアカラー」で新CM(ドラッグトピックス)
10/11/20 卸研フォーラム メーカーはプレイス(買い場)の開拓・開発を、小売は顧客IDPOS情報共有し需要開拓へ(ドラッグトピックス)
10/11/20 日本薬局協励会東京合同支部 「第60回記念東京合同大会」盛大に(ドラッグトピックス)
10/11/20 サッポロドラッグストアー 中国人観光客メーンターゲットに新店オープン(ドラッグトピックス)
10/11/20 大阪薬業卸協組 期限切れ医薬品を廃棄処分(ドラッグトピックス)
10/11/20 健翔 大木と包括的業務提携(ドラッグトピックス)
10/11/20 エスエス製薬 「ハイチオールB」のCM一新(ドラッグトピックス)
10/11/20 丹平中田 名古屋の物流拠点春日井市に(ドラッグトピックス)
10/11/20 和光堂 ワクチン100万本寄付し世界の子どもたち支援(ドラッグトピックス)
10/11/20 オムロンヘルスケア 「Wellness LINK」開始(ドラッグトピックス)
10/11/20 大塚製薬 イオン飲料の水分摂取で鼻腔粘液線毛輸送機能の低下抑制(ドラッグトピックス)
10/11/20 ライオン 全国放送初の字幕付きCM(ドラッグトピックス)
10/11/13 日本薬局学会学術総会 注目集める薬局薬剤師のバイタルサインチェック(ドラッグトピックス)
10/11/13 丹平中田・勝木社長に聞く中長期ビジョン(ドラッグトピックス)
10/11/13 NPhA・PSJ 岐阜で第4回学術総会開く(ドラッグトピックス)
10/11/13 タキヤ 「れこっず」の関西1号店オープン(ドラッグトピックス)
10/11/13 兵庫商組 大震災乗り越え50周年(ドラッグトピックス)
10/11/13 OTC薬協 アジアにOTC薬の新団体(ドラッグトピックス)
10/11/13 佐藤製薬 「ユンケル」&「アセス」で新TVCM(ドラッグトピックス)
10/11/13 シュワルツコフヘンケル 沢尻エリカのCMが話題(ドラッグトピックス)
10/11/13 大鵬薬品 「ソルマック」のTVCMでくりぃむしちゅーを起用(ドラッグトピックス)
10/11/13 J&J 冬に気になるケガ・キズは「あかぎれ」(ドラッグトピックス)
10/11/06 <胃腸薬特大号>昨年は630億円で3%ダウン、対策意識の高まりで医薬品はチャンス(ドラッグトピックス)
10/11/06 大阪で2年ぶりに第5回日中製薬交流会開催(ドラッグトピックス)
10/11/06 WINグループ 新規加盟で会員数18社に(ドラッグトピックス)
10/11/06 大日本除虫菊 漫画冊子「企業家の人生に学ぶ」で創業者の上山英一郎氏が主人公(ドラッグトピックス)
10/11/06 GSK 間寛平のサイン入りTシャツ進呈(ドラッグトピックス)
10/11/06 ライオン CMソングに持田香織を起用(ドラッグトピックス)
10/11/06 エステー中間決算 天候不順で減収減益に(ドラッグトピックス)
10/10/30 第8回セルフメディケーション学会 地域医療拡充に小売のインフラ機能不可欠(ドラッグトピックス)
10/10/30 「サッポロ ヘルス&ビューティフェア2010」に2万人(ドラッグトピックス)
10/10/30 2010年度登録販売者試験速報 10月末までに11,000人強(ドラッグトピックス)
10/10/30 スギHD中間決算 経常利益8%増の77億円(ドラッグトピックス)
10/10/30 JACDS公認情報誌 「KiiTa」が創刊7周年(ドラッグトピックス)
10/10/30 医薬全商連・青野会長 制度形骸化はOTC衰退に(ドラッグトピックス)
10/10/30 寺島薬局協賛 「ヘルシーアップセミナー」盛大に(ドラッグトピックス)
10/10/30 関東調整機構ワークショップ NPhAが初めて実務担当(ドラッグトピックス)
10/10/30 ファルメディコ 一包化の監査装置を開発(ドラッグトピックス)
10/10/30 東和薬品 広告コンクールで銀賞(ドラッグトピックス)
10/10/30 大幸薬品 日本経団連に加盟(ドラッグトピックス)
10/10/30 大塚製薬 iPhone用アプリで体験会(ドラッグトピックス)
10/10/23 医療経済研究・社会保険福祉協会が食品機能の総合戦略で報告書(ドラッグトピックス)
10/10/23 アサヒF&HC ヘルスケア事業で200億円目指す(ドラッグトピックス)
10/10/23 大幸薬品が「家庭常備薬」で実態調査(ドラッグトピックス)
10/10/23 後絶たないPTP包装の誤飲事故(ドラッグトピックス)
10/10/23 キリン堂 社員再教育で狭小商圏に対応(ドラッグトピックス)
10/10/23 大阪府薬 大麻撲滅でよしもと所属の若手芸人とコラボ(ドラッグトピックス)
10/10/23 ライオン 「ビトイーンライオン」30周年でピングーとコラボ(ドラッグトピックス)
10/10/23 ムネ製薬 浣腸の売上金ネパールに(ドラッグトピックス)
10/10/23 日本新薬 こども文学賞の授賞式開く(ドラッグトピックス)
10/10/23 ジェクス 東京・渋谷でトークイベント(ドラッグトピックス)
10/10/23 GSK 「ブリーズライト」で新CMとサンプリング実施(ドラッグトピックス)
10/10/16 親和会主催 盛大に第28回西日本OTCフェア開く(ドラッグトピックス)
10/10/16 スギ薬局が禁煙啓発イベント開催(ドラッグトピックス)
10/10/16 長野での第43回日薬学術大会に7,500余人が集う(ドラッグトピックス)
10/10/16 セルフメディケーション振興財団がシンポ(ドラッグトピックス)
10/10/16 日登協 2番目の支部が東京に誕生(ドラッグトピックス)
10/10/16 キリン堂中間決算 季節商材不振で減収減益(ドラッグトピックス)
10/10/16 サンプラザ調剤薬局・加地章会長 政経文化画人展で総理大臣賞(ドラッグトピックス)
10/10/16 大塚製薬 iPhone用アプリを配信(ドラッグトピックス)
10/10/16 AGA対策プロジェクト 薄毛の悩みはコミュニケーション減(ドラッグトピックス)
10/10/09 <かぜ薬特大号>厳冬予測で市場回復に大きな期待(ドラッグトピックス)
10/10/09 PSJファーマシーセミナー 10月は脂肪酸・降圧薬などで(ドラッグトピックス)
10/10/09 NPhA・PSJ 11月に岐阜で第4回学術総会(ドラッグトピックス)
10/10/09 GMQ 第1号店を横浜にオープン(ドラッグトピックス)
10/10/09 スギ薬局グループ 健康セミナーに500人(ドラッグトピックス)
10/10/09 大阪府薬 薬物乱用防止で吉本とコラボ(ドラッグトピックス)
10/10/09 日衛連 綿花不足に理解を要請(ドラッグトピックス)
10/10/09 メニコンカップ 西軍が3対2で勝利(ドラッグトピックス)
10/10/09 ライオン ピンクリボン活動を実施(ドラッグトピックス)
10/10/02 かぜ薬市場 大型品上市で1,000億円の大台回復期待(ドラッグトピックス)
10/10/02 全国初! 東京・練馬で禁煙補助剤助成事業(ドラッグトピックス)
10/10/02 ライオン 「アクロン」の新CMに土屋アンナ起用(ドラッグトピックス)
10/10/02 ユニ・チャーム 「ピンクリボン活動」を展開(ドラッグトピックス)
10/10/02 白十字 レトロ脱脂綿のレプリカを展示(ドラッグトピックス)
10/10/02 ソフト・オン・デマンド アジアで積極的な商品展開(ドラッグトピックス)
10/09/25 2010年8月の売れ筋商品速報 栄養ドリンク・保冷材・下痢止めの各月商が前年の3倍にまで急伸(ドラッグトピックス)
10/09/25 リードヘルスケア 盛大に第76回「健康フェア」開く(ドラッグトピックス)
10/09/25 医薬全商連が改定薬事法テーマに研修会(ドラッグトピックス)
10/09/25 明治HD 来年4月「meijiseikaファルマ」誕生(ドラッグトピックス)
10/09/25 佐藤製薬 イチローの200本安打達成でキャンペーン(ドラッグトピックス)
10/09/25 日水製薬 会員組織の全国大会盛大に(ドラッグトピックス)
10/09/25 エステー 鈴木喬社長の“怪演”が話題(ドラッグトピックス)
10/09/18 薬業6団体 新宿でOTC医薬品普及開発イベント(ドラッグトピックス)
10/09/18 大阪府薬・中央区南薬剤師会 薬局薬剤師が率先してインフル予防接種(ドラッグトピックス)
10/09/18 小林製薬 キャンペーン「小学校のトイレぴかぴか計画」実施(ドラッグトピックス)
10/09/18 くすりの適正使用協議会 くすりの服用で実態調査(ドラッグトピックス)
10/09/18 AJD 秋季商品フェア盛大に(ドラッグトピックス)
10/09/18 新生・レデイ薬局がスタート(ドラッグトピックス)
10/09/18 ライオン 「バファリン」かぜ薬のTVCMで小雪起用(ドラッグトピックス)
10/09/18 SMAC 第8回学会、10月に大阪で(ドラッグトピックス)
10/09/18 大阪医療品卸商組合 西日本医療品総合展示会盛大に(ドラッグトピックス)
10/09/10 ドラッグトピックス創刊40周年記念特大号(ドラッグトピックス)
10/09/04 健康食品の新たな安全基準への取り組みが再活性化(ドラッグトピックス)
10/09/04 ウエルシア関東・池野社長 「ナンバーワンへ問われるのは覚悟」(ドラッグトピックス)
10/09/04 第87回東京医療衛生用品フェア盛大に(ドラッグトピックス)
10/09/04 OTC薬協調査 7割が新たな薬効に関心(ドラッグトピックス)
10/09/04 日薬総会で児玉会長 「販売制度改定で義務果たせ」(ドラッグトピックス)
10/09/04 ライオン・藤重社長 大人用かぜ薬でナンバーワン目指す(ドラッグトピックス)
10/09/04 チバビジョン ショックな老化症状は老眼(ドラッグトピックス)
10/09/04 メニコン 日本クラブユースサッカーに特別協賛(ドラッグトピックス)
10/08/28 「新医薬品販売制度の覆面調査結果から浮上した課題」(ドラッグトピックス)
10/08/28 「薬剤師のためのOTC(第1類)セールストーク」 日本で初の「医薬品商品学」の書(ドラッグトピックス)
10/08/28 OTC薬協 第1類薬の減少に歯止め(ドラッグトピックス)
10/08/28 OTC薬協 自己治療啓発でDVDを全国1,000校の中学校に(ドラッグトピックス)
10/08/28 NID 盛大に第84回秋季展示会(ドラッグトピックス)
10/08/28 日本卸連 売上総利益率が7%割れ(ドラッグトピックス)
10/08/28 森下仁丹 京の町名看板を復活(ドラッグトピックス)
10/08/28 佐藤製薬 「ストナ」で浅田真央起用(ドラッグトピックス)
10/08/28 GSK実態調査 健康・美容意識高い人は毎日入れ歯洗浄剤を使用(ドラッグトピックス)
10/08/28 日本新薬 「健康寿命学読本」を発刊(ドラッグトピックス)
10/08/28 フォレストが「後藤散」のうすき製薬を子会社化(ドラッグトピックス)
10/08/28 オカモト 新製品発売記念キャンペーンを実施(ドラッグトピックス)
10/08/21 小・中・高校で医薬品教育本格化(ドラッグトピックス)
10/08/21 エスエス製薬・塩野社長 BIグループとの相互資産活用(ドラッグトピックス)
10/08/21 AGA対策プロジェクトが渋谷で啓発イベント実施(ドラッグトピックス)
10/08/21 佐藤製薬 ホームページをリニューアル(ドラッグトピックス)
10/08/21 バイエル薬品 透析食のレシピを募集(ドラッグトピックス)
10/08/21 ウイングメディカル 9月に薬剤師セミナー(ドラッグトピックス)
10/08/21 花王 エコテーマに絵画を募集(ドラッグトピックス)
10/08/07 <合併号のお知らせ>(ドラッグトピックス)
10/08/07 メタボ対策と医療費削減 鍵はカリキュラムプランニングの策定(ドラッグトピックス)
10/08/07 ドムス・インターナショナル・松村代表 「企業ブランド確立を」(ドラッグトピックス)
10/08/07 マツキヨHD ローソンとの共同店舗を都内に開設(ドラッグトピックス)
10/08/07 クオール ローソンと調剤併設CVSオープン(ドラッグトピックス)
10/08/07 日薬発表 分業率が初めて60%突破(ドラッグトピックス)
10/08/07 参院選 藤井議員の都道府県別獲得票、福岡が最多(ドラッグトピックス)
10/08/07 NPhA 新薬創出加算に協力(ドラッグトピックス)
10/08/07 厚労省 販売制度Q&A第2弾を公表(ドラッグトピックス)
10/08/07 沢井製薬 ラジオCMでGE医薬品を啓発(ドラッグトピックス)
10/08/07 大木商談会 秋冬棚割提案商談会で積極提案(ドラッグトピックス)
10/08/07 大幸薬品 「ウィルシールド」と「正露丸」マレーシアで本格販売(ドラッグトピックス)
10/08/07 ライオン 「トップNANOX」販売個数が1400万個を突破(ドラッグトピックス)
10/08/07 ユニ・チャーム 原宿でタンポンを啓発(ドラッグトピックス)
10/08/07 藤信会 盛大に第92回展示会(ドラッグトピックス)
10/07/31 アルフレッサグループ “医+食+住”でシナジー効果発揮(ドラッグトピックス)
10/07/31 スギメディカル 生活習慣病改善でセミナー開く(ドラッグトピックス)
10/07/31 メディカルシステムネットワーク 東証1部指定替えで祝賀会(ドラッグトピックス)
10/07/31 AJD旧北関東 江黒本部長の就任祝す(ドラッグトピックス)
10/07/31 G&G 秋季商談会を盛大に開催(ドラッグトピックス)
10/07/31 コスモス薬品 6年後に九州で500店舗(ドラッグトピックス)
10/07/31 厚労省調べ 登録販売者は8万人強(ドラッグトピックス)
10/07/31 琉薬 県産品主原料のサプリで販促展開(ドラッグトピックス)
10/07/24 特大号■ビタミン薬・総合保健薬(ドラッグトピックス)
10/07/24 日薬全国会議 販売制度の実効性低いと厚労省が苦言(ドラッグトピックス)
10/07/24 CFS・タキヤ・ミニストップ 新業態開発で合弁会社設立(ドラッグトピックス)
10/07/24 わが子の難病で製薬会社起業 実話描いた映画に大阪府がタイアップ(ドラッグトピックス)
10/07/24 大木・棚割提案商談会 補聴器・CLCで新提案(ドラッグトピックス)
10/07/24 東京医療用品協力会が総会で松村会長の再選決める(ドラッグトピックス)
10/07/17 薬剤師の新たな役割確立急ぐDgS(ドラッグトピックス)
10/07/17 丹平中田が経営方針説明会 売上高2,500億円、薬粧卸ナンバーワン奪回目指す(ドラッグトピックス)
10/07/17 小売り企業・薬大交流会 独自の企業説明会開催へ(ドラッグトピックス)
10/07/17 日登協 初の県支部が静岡で発足(ドラッグトピックス)
10/07/17 参院選 藤井基之氏が返り咲き(ドラッグトピックス)
10/07/17 浣腸工業会 「便秘川柳」の入賞作決定(ドラッグトピックス)
10/07/17 KINCHO 「入谷朝顔まつり」に協賛(ドラッグトピックス)
10/07/10 <夏季特大号>第1類医薬品はこう売る!!販促ケースリポート〜一般店篇〜(ドラッグトピックス)
10/07/10 在宅療養支援薬局研究会が第1回シンポ開く(ドラッグトピックス)
10/07/10 アルフレッサ調査 生活者の4割が改定薬事法を評価(ドラッグトピックス)
10/07/10 小社調査 注目集めるエアケアカテゴリーと禁煙関連商材(ドラッグトピックス)
10/07/10 シーエス薬品 展示会で独自の「医・食・住」提案(ドラッグトピックス)
10/07/03 マツキヨ・スギ・ツルハの持株会社が上位独占〜最新ドラッグストア・調剤チェーン100傑〜(ドラッグトピックス)
10/07/03 参議院選 復活目指し藤井氏立候補(ドラッグトピックス)
10/07/03 大阪府薬 一般薬対策委員会を設置(ドラッグトピックス)
10/07/03 ネグジット総研調べ 85%の家庭で処方薬保存(ドラッグトピックス)
10/07/03 全薬協 研修制度の具体案示す(ドラッグトピックス)
10/07/03 大阪府AED管理状況調査 全体の4分の1の施設が消耗品購入の予算未確保(ドラッグトピックス)
10/07/03 ツルハ 新業態店「grouge」をオープン(ドラッグトピックス)
10/07/03 カイロ工業会 「カイロの日」に小冊子(ドラッグトピックス)
10/07/03 日本新薬硬式野球部 都市対抗に10年連続出場(ドラッグトピックス)
10/07/03 エステー 「エステー・デザインアワード2010」決定(ドラッグトピックス)
10/06/26 今年の売れ筋サプリメント 「プラセンタ」に「大麦若葉」(ドラッグトピックス)
10/06/26 AJD 新本部長に江黒純一氏(ドラッグトピックス)
10/06/26 薬局協励会 名古屋市で全国大会盛大に(ドラッグトピックス)
10/06/26 ネグジット総研 GEの「出戻り率」を調査(ドラッグトピックス)
10/06/26 ライオン ウェブで下痢に悩む国民を応援(ドラッグトピックス)
10/06/26 微量栄養素学会が学術集会(ドラッグトピックス)
10/06/26 ロート製薬 女性の健康で助成金(ドラッグトピックス)
10/06/26 ライオン「デンターシステマ音波アシストブラシ」 販売本数が50万本突破(ドラッグトピックス)
10/06/19 OTC薬協・広告研修会 CMによる相談者の増加は薬剤師の存在感高めるチャンス(ドラッグトピックス)
10/06/19 大塚製薬 創薬新研究棟が稼動(ドラッグトピックス)
10/06/19 ロート製薬 中国に合弁会社設立(ドラッグトピックス)
10/06/12 DgS特大号■〜改定薬事法全面施行から1年〜新時代におけるDgSチェーンのあり方を探る(ドラッグトピックス)
10/06/12 WINドラッグ 三橋信也氏が新社長に就任(ドラッグトピックス)
10/06/12 第一三共ヘルスケア 「ガスター10」販促で新展開(ドラッグトピックス)
10/06/12 ボシュロム 新社長に足利英幸氏(ドラッグトピックス)
10/06/12 漢方連盟 厚労省に郵送販売規制緩和を要望(ドラッグトピックス)
10/06/12 セイジョー 7月に「ライフサポーターズセミナー」(ドラッグトピックス)
10/06/05 家庭薬メーカー8社で共同販促(ドラッグトピックス)
10/06/05 関西初の学際サークル 「西日本薬学生ネットワーク」誕生(ドラッグトピックス)
10/06/05 Paltac 新社長に折目光司副社長(ドラッグトピックス)
10/06/05 スギホールディングス 地元安城で乳がん検診(ドラッグトピックス)
10/06/05 医薬全商連 青野会長の続投決まる(ドラッグトピックス)
10/06/05 大幸薬品 新社長に柴田高副社長(ドラッグトピックス)
10/06/05 龍角散・藤井社長 恒例のコンサートでフルートを演奏(ドラッグトピックス)
10/06/05 ライオン エコプロジェクトを実施(ドラッグトピックス)
10/06/05 ウエルアップ 話題の「昭和スターかるた」(ドラッグトピックス)
10/05/29 2010年3月期決算 厳しいヘルスケア事業部門業績(ドラッグトピックス)
10/05/29 NPhA 新会長に阪神調剤薬局の岩崎壽毅社長(ドラッグトピックス)
10/05/29 アルフレッサHD・石黒社長 丹平中田とシーエスの統合は検討中(ドラッグトピックス)
10/05/29 薬局協励会 6月に名古屋で全国大会(ドラッグトピックス)
10/05/29 大木 経営方針説明会を開催(ドラッグトピックス)
10/05/29 建林松鶴堂 明薬5年生に漢方薬の授業を実施(ドラッグトピックス)
10/05/29 エステー フマキラーと資本業務提携(ドラッグトピックス)
10/05/29 サラヤ 感染対策シンポを開催(ドラッグトピックス)
10/05/22 天候不順でかぜ薬・鎮痛薬が回復基調に(ドラッグトピックス)
10/05/22 サッポロドラッグストアー ソウルのH&B店と提携(ドラッグトピックス)
10/05/22 第一三共 新社長の中山讓治氏が抱負(ドラッグトピックス)
10/05/22 アカカベ 恒例のH&Bフェア開く(ドラッグトピックス)
10/05/22 富士薬品09年度業績 DgSは1千億円強で微増(ドラッグトピックス)
10/05/22 浣腸工業会「便秘川柳」 入賞候補作を中間発表(ドラッグトピックス)
10/05/22 OTC薬協 総会で中国のOTC事情(ドラッグトピックス)
10/05/22 ココカラ・サンクス 初のコラボ店を多摩に出店(ドラッグトピックス)
10/05/22 武田薬品10年3月期 ヘルスケア事業は苦戦(ドラッグトピックス)
10/05/22 大正製薬3月期決算 「リアップ」躍進も「リポビタン」不振(ドラッグトピックス)
10/05/22 白元 子会社黒字で増収増益(ドラッグトピックス)
10/05/22 ユニ・チャーム 肌への思いやりでキャンペーン(ドラッグトピックス)
10/05/22 ルアン 「父の日」で作品募集中(ドラッグトピックス)
10/05/22 アラクス 「プレムーンサプリ」でモニター(ドラッグトピックス)
10/05/15 特大号■ドリンク剤・飲料製品(ドラッグトピックス)
10/05/01 【社告】ドラッグトピックス合併号のお知らせ
10/05/01 現役薬大生が語るDgS勤務体験 「現場力」引き出す試みに注目(ドラッグトピックス)
10/05/01 キリン堂 新年度は未病・漢方でPBの開発と販売を強化(ドラッグトピックス)
10/05/01 スギHD2010年2月期連結決算 物販での不振響き減益(ドラッグトピックス)
10/05/01 2009年度登録販売者試験結果 合格者は21,209人で合格率は47.4%(ドラッグトピックス)
10/05/01 新生会 ザインネットワークがVC組織に変身(ドラッグトピックス)
10/05/01 日本医薬アカデミー 6月に東京に予備校開校(ドラッグトピックス)
10/05/01 大日本除虫菊 ユニクロとコラボ企画(ドラッグトピックス)
10/05/01 ユニ・チャーム コミュニティサイトを一新(ドラッグトピックス)
10/04/24 DgSに期待されるエコストア化 セイジョーが実験店オープンでエコ対策に注力(ドラッグトピックス)
10/04/24 ケンコーコムら2社 一審判決不服で控訴(ドラッグトピックス)
10/04/24 タキヤ 業界初のドラッグ&ファストフード店を奈良に出店(ドラッグトピックス)
10/04/24 田村薬品 鳩山首相が工場視察(ドラッグトピックス)
10/04/17 薬学生が健康展にボランティア参加(ドラッグトピックス)
10/04/17 田邉社長に聞く トクホンの新戦略 第2類薬と「普段力。」でQOL向上(ドラッグトピックス)
10/04/17 薬学会年会 6年制教育で職能拡大へ(ドラッグトピックス)
10/04/17 薬事生産動態統計 一般用医薬品が増加示す(ドラッグトピックス)
10/04/17 スギメディカル セミナー受講者募集(ドラッグトピックス)
10/04/17 ニチバン 全国でテーピング講習会(ドラッグトピックス)
10/04/17 歯磨工業会 歯の衛生週間で標語募集(ドラッグトピックス)
10/04/10 <春季特大号>登録販売者制度〜その実情と2年目の課題〜(ドラッグトピックス)
10/04/03 薬剤師のためのOTC(第1類)セールストーク」 製品別に接客トークの急所を解説(ドラッグトピックス)
10/04/03 ネット通販違憲訴訟 原告のケンコーコムが敗訴(ドラッグトピックス)
10/04/03 プラネット第2四半期決算 EDI拡大で増収増益(ドラッグトピックス)
10/04/03 クスリのアオキ 第10回セミナーに900人(ドラッグトピックス)
10/04/03 明治薬大で卒業式 4学科の86人が巣立つ(ドラッグトピックス)
10/04/03 マツモトキヨシ ビューティ&コスメショップを初プロデュース(ドラッグトピックス)
10/04/03 中冨振興財団 52人に総額5,000万円を研究助成(ドラッグトピックス)
10/04/03 森下仁丹 ユニクロとコラボレーション(ドラッグトピックス)
10/03/27 監視機関・情報窓口の必要性を指摘〜消費者庁「健康食品の表示に関する検討会」が提言〜(ドラッグトピックス)
10/03/27 東西の薬剤師会で役員改選 府薬新会長に藤垣哲彦氏、都薬は桑原辰嘉氏が再選果たす(ドラッグトピックス)
10/03/27 ツルハHD第3四半期 営業時間延長で売上増(ドラッグトピックス)
10/03/27 ココカラファインとアライドハーツ合併へ(ドラッグトピックス)
10/03/27 イオン・ハピコム人材総合研修機構 薬剤師認定研修受講者を募集(ドラッグトピックス)
10/03/27 JACDS・DgS調査 総売上高は5兆4千億円〜総店舗数は1万6千軒弱で増加続く〜(ドラッグトピックス)
10/03/27 アルフレッサHD 中国進出支援で健康博出展(ドラッグトピックス)
10/03/27 AJD平野副本部長 廉売志向と専門性に二分へ(ドラッグトピックス)
10/03/27 小太郎漢方製薬が鈴木五郎前社長偲ぶ追悼集を刊行(ドラッグトピックス)
10/03/27 佐藤製薬 サトちゃん・サトコちゃんのデザインをリニューアル(ドラッグトピックス)
10/03/23 2010年「POP活用 店頭プロモーションコンクール」受付開始しました。
10/03/20 第10回「JAPANドラッグストアショー」盛大に〜「食」と「アジア」取り込みで10兆円産業に弾み(ドラッグトピックス)
10/03/13 新提案続々活況呈す春の卸提案会〜地域・介護・食での流通の役割再提示〜(ドラッグトピックス)
10/03/13 「金鳥の渦巻き」商標登録から100周年迎える(ドラッグトピックス)
10/03/13 メディセオ 都市型の「南大阪ALC」竣工(ドラッグトピックス)
10/03/13 日薬・役員改選 児玉会長が再選果たす(ドラッグトピックス)
10/03/06 特集■第22回「ヒット商品賞・話題商品賞」(ドラッグトピックス)
10/03/05 「第22回ヒット商品賞・話題商品賞」受賞全商品がドラッグストアショーの会場に展示されます!
10/02/27 受験シーズンピークで注目集める“受験商材” 「ストッパ」「カロリーメイト」など人気呼ぶ(ドラッグトピックス)
10/02/27 大木・松井専務に棚割提案会の見どころ聞く(ドラッグトピックス)
10/02/27 NID 神戸で春季展示会開く(ドラッグトピックス)
10/02/27 ジョヴィ 北海道VANと合併(ドラッグトピックス)
10/02/27 日本ジェネリック GE検索サイトオープン(ドラッグトピックス)
10/02/27 ライオン 「バファリンの日」制定(ドラッグトピックス)
10/02/27 浣腸工業会 「便秘川柳」を大募集!(ドラッグトピックス)
10/02/27 東京医療衛生用品フェア 昨年を上回る1,200人が来場(ドラッグトピックス)
10/02/27 アース製薬 ガーデニング市場に参入(ドラッグトピックス)
10/02/20 在宅ニーズの増加で介護食品市場が急成長(ドラッグトピックス)
10/02/20 丹平中田 「2010ライフサポートフェア」東西で大盛況(ドラッグトピックス)
10/02/20 Paltac 大阪でソリューションフェア(ドラッグトピックス)
10/02/20 ファーコス GE推進バッジを制作(ドラッグトピックス)
10/02/20 大阪府薬 盛大に創立120周年記念式典(ドラッグトピックス)
10/02/20 ネグジット総研企業ランキング 第一三共がトップの評価(ドラッグトピックス)
10/02/20 トクホン 新スローガンに「普段力。」(ドラッグトピックス)
10/02/20 森下仁丹 「仁丹歴史博物館」を開催(ドラッグトピックス)
10/02/20 ノバルティス ファーマ 2009年売上高は2977億円に(ドラッグトピックス)
10/02/20 大日本除虫菊・上山社長 売り上げより利益アップを(ドラッグトピックス)
10/02/20 ピップ 大阪で合同展示会開く(ドラッグトピックス)
10/02/20 ライオン 「チャレンジ25」に参画(ドラッグトピックス)
10/02/20 花王 ヘアケアの「アジエンス」でアジアの女性を応援(ドラッグトピックス)
10/02/13 特集■新時代のOTC医薬品の役割(ドラッグトピックス)
10/02/08 第22回ヒット商品賞・話題商品賞表彰式
10/02/06 第1類薬の販売でDgSに独自調査 70%超の企業が5年後に販売店舗の拡大を計画(ドラッグトピックス)
10/02/06 小社調査 第1類薬購入時の対応で「何の説明もなかった」が3割強(ドラッグトピックス)
10/02/06 G&G 5年以内に売上高300億円(ドラッグトピックス)
10/02/06 スギメディカル 緩和ケアの概念再考を(ドラッグトピックス)
10/02/06 ライオン 新製品上市で需要拡大(ドラッグトピックス)
10/02/06 森下仁丹 1日限りの仁丹博物館(ドラッグトピックス)
10/02/06 「コラボレイト21」が終幕(ドラッグトピックス)
10/01/30 日衛連 「衛生材料の原産国表示に関するガイドライン」作成(ドラッグトピックス)
10/01/30 日薬・児玉会長 長期実務実習の成功重要(ドラッグトピックス)
10/01/30 NPhA三津原会長 調剤報酬改定「プラスになるか疑念ある」(ドラッグトピックス)
10/01/30 大阪府薬・中西会長 在宅での医薬品管理注力(ドラッグトピックス)
10/01/30 都薬協・櫻本会長 生涯学習で資質向上を(ドラッグトピックス)
10/01/30 兵庫県薬事協 県民の健康増進に寄与(ドラッグトピックス)
10/01/30 全国薬系ボランタリーチェーン協議会が発足(ドラッグトピックス)
10/01/30 スギHD第3四半期決算 ホールディングス 増収も上場以来初の減益(ドラッグトピックス)
10/01/30 ジョヴィ協栄会 市場シェア5%確保を(ドラッグトピックス)
10/01/30 塩減らすプロジェクトが発足 オムロンや万有製薬が賛同(ドラッグトピックス)
10/01/30 ロート製薬 高級化粧品で中国進出(ドラッグトピックス)
10/01/23 第10回JAPANドラッグストアショーの開催概要決まる(ドラッグトピックス)
10/01/23 国立がんセンター東病院 薬剤師の新たなりソース開発(ドラッグトピックス)
10/01/23 コスモス薬品・宇野社長 医薬品の安売りで勝負(ドラッグトピックス)
10/01/23 製薬協調べ 2010年3月期の第2四半期決算(ドラッグトピックス)
10/01/23 2009年度第1回登録販売者試験結果出そろう(ドラッグトピックス)
10/01/23 大幸薬品調査 ウイルス除去の必要性認知も対策知らず(ドラッグトピックス)
10/01/23 ロート製薬 キッザニアに“医薬研究所”設立(ドラッグトピックス)
10/01/23 キリン堂・寺西会長 抜本革新と人材育成強調(ドラッグトピックス)
10/01/23 OPMなど大阪薬業3団体 盛大に新年互礼会開く(ドラッグトピックス)
10/01/23 アルファーネットワークが新年会(ドラッグトピックス)
10/01/23 直販協・羽鳥会長 法改定でMRの資質向上(ドラッグトピックス)
10/01/23 薬事協 公益認定の申請を準備(ドラッグトピックス)
10/01/16 調剤好調もかぜ薬・胃腸薬振るわず売上減 超高齢社会での店舗価値の創出急務(ドラッグトピックス)
10/01/16 東薬工・樋口会長 省資源知識集約型産業の真価を(ドラッグトピックス)
10/01/16 Paltac 同社最大の物流拠点建設へ(ドラッグトピックス)
10/01/16 大阪薬業クラブ互礼会 研究開発継続で成果獲得(ドラッグトピックス)
10/01/16 大阪薬業卸・互礼会 共助精神発揮し千里を走る商い誓う(ドラッグトピックス)
10/01/16 白十字グループ 4つの方針でブランド強化(ドラッグトピックス)
10/01/16 東京医療品卸協 岡本理事長の続投決まる(ドラッグトピックス)
10/01/09 大木・松井社長 新OTC振興活動“元年”を宣言(ドラッグトピックス)
10/01/09 ココカラファインHD サークルKサンクスと業務提携(ドラッグトピックス)
10/01/09 スギメディカル 「緩和医療」でセミナー(ドラッグトピックス)
10/01/09 ファイザー 新社長に梅田一郎常務(ドラッグトピックス)
09/12/24 新年特大号■新時代のOTC医薬品への期待と役割(ドラッグトピックス)
09/12/19 ■合併号のお知らせ■(ドラッグトピックス)
09/12/19 速報!第22回ヒット商品賞話題商品賞決定(ドラッグトピックス)
09/12/19 キーワードは今年も改定薬事法 小紙が選んだ2009年ヘルスケア業界10大ニュース(ドラッグトピックス)
09/12/19 OTC薬協 スイッチOTC医薬品化で医療費年間1,000億円削減へ(ドラッグトピックス)
09/12/19 2009年度第1回登録販売者試験結果 初年度に続き難易度高い四国ブロック(ドラッグトピックス)
09/12/19 丹平中田・森精二名誉顧問お別れの会しめやかに(ドラッグトピックス)
09/12/19 ネット購入のED治療薬約6割が偽造品(ドラッグトピックス)
09/12/19 三共生命科学研究振興財団 「高峰記念三共賞」に杉山雄一教授を選出(ドラッグトピックス)
09/12/12 特大号■2009年 POP活用店頭プロモーションコンクール(ドラッグトピックス)
09/12/04 OTC薬協プロジェクト ACE阻害薬のスイッチOTC化で生涯費用は最大2億円超の抑制効果(ドラッグトピックス)
09/12/04 受動喫煙防止運動にCFSが参加(ドラッグトピックス)
09/12/04 東北薬大 盛大に創立70周年記念式典(ドラッグトピックス)
09/12/04 Paltac 流通拠点のRDC東北完成(ドラッグトピックス)
09/12/04 全薬協が協会名を「全日本医薬品登録販売者協会」に改称(ドラッグトピックス)
09/12/04 少彦名神社 恒例の神農祭盛大に(ドラッグトピックス)
09/12/04 ライオン 組織改正と人事異動を発表(ドラッグトピックス)
09/12/04 マツモトキヨシ 大阪に改定薬事法対応の新業態店(ドラッグトピックス)
09/12/04 2008年度末薬事関係業態数 薬局のみ続伸で765軒増(ドラッグトピックス)
09/12/04 P&G 女子大生のためのキャリアデザイン発表(ドラッグトピックス)
09/12/04 ユースキン製薬 記念日制定10周年でイベント(ドラッグトピックス)
09/12/04 小林製薬 ウシ後期初乳の免疫強化機能を確認(ドラッグマガジン)
09/11/28 小社主催 「2009年POP活用店頭プロモーションコンクール」の大賞にメイマイ(兵庫県神戸市)の吉沢恵美子氏(ドラッグトピックス)
09/11/28 サンキュードラッグ 書面による情報提供で症状の重症化防止(ドラッグトピックス)
09/11/28 参天製薬 ひとみすこやか研修会開く(ドラッグトピックス)
09/11/28 ココカラファインHD 2010年3月期中間決算まとまる(ドラッグトピックス)
09/11/28 ウイングメディカル 自己治療テーマにセミナー(ドラッグトピックス)
09/11/28 アルフレッサファーマ 岡山工場に第2製剤棟(ドラッグトピックス)
09/11/28 ファルメディコ セミナーなど収録の「学人.com」(ドラッグトピックス)
09/11/28 大幸薬品 「二酸化スプレー」の蚊への忌避作用発表(ドラッグトピックス)
09/11/28 ゼリア新薬 「アサコール」は消化器分野シェア50%目指す(ドラッグトピックス)
09/11/28 10月のピンクリボン月間に乳がん検診啓発(ドラッグトピックス)
09/11/28 ボシュロムジャパン フィギュアのGPサポート(ドラッグトピックス)
09/11/21 主要製薬企業10年3月期中間決算ヘルスケア部門業績 「リアップ」好調、小林のぬれマスク288%増(ドラッグトピックス)
09/11/21 薬大・薬学部 登録販売者制度の影響で志望者の減少に懸念示す(ドラッグトピックス)
09/11/21 日本薬局学会 横浜で学術総会、全国から3,000人(ドラッグトピックス)
09/11/21 寺島薬局 「健康セミナー」を開催(ドラッグトピックス)
09/11/21 大阪府薬 分業推進ツールを作成(ドラッグトピックス)
09/11/21 セガミメディクス 健康支援サービスを導入(ドラッグトピックス)
09/11/21 コクミン 絹巻会長のお別れ会開く(ドラッグトピックス)
09/11/21 エステー中間決算 売上高224億円で増収増益(ドラッグトピックス)
09/11/21 大幸薬品 モンゴルで「正露丸」販売(ドラッグトピックス)
09/11/14 JACDS 第1類医薬品の「販売マニュアル」完成(ドラッグトピックス)
09/11/14 ジップウォンツ ダブルチョップの商品開発に注力(ドラッグトピックス)
09/11/14 JACDS松本会長 樋口副会長の当選はラッキー(ドラッグトピックス)
09/11/14 ネグジット総研 降圧剤の服薬指導・製品評価でWebアンケート(ドラッグトピックス)
09/11/14 むずむず脚症候群 不快な症状に悩むも疾患分からず診断受けず(ドラッグトピックス)
09/11/14 ライオン 新しい抗菌コントロールメカニズムを解明(ドラッグトピックス)
09/11/14 「ヘルスライフアカデミー」を創設(ドラッグトピックス)
09/11/07 <胃腸薬特大号> 市場は08年も対前年比3%減、各社新製品投入で活性化図る(ドラッグトピックス)
09/11/07 札幌のH&Bフェアに2万人 サッポロドラッグストアーが協力(ドラッグトピックス)
09/11/07 十社会 低価格のPB開発不可欠(ドラッグトピックス)
09/11/07 ケンコーコム 第1類薬を個人輸入で(ドラッグトピックス)
09/11/07 警視庁 万引き被害の全件届出をJACDSに協力要請(ドラッグトピックス)
09/11/07 ライオン 「ペアA錠」14カ月で100万個突破(ドラッグトピックス)
09/10/31 胃腸薬 カウンセリング販売体制の強化確立を(ドラッグトピックス)
09/10/31 シーエス薬品 第1類薬の販促支援を強化推進(ドラッグトピックス)
09/10/31 薬学生の薬局就職率が33%に、空白の2年間見据え過去最高(ドラッグトピックス)
09/10/31 登録販売者試験 東海・北陸ブロックも合格率低迷(ドラッグトピックス)
09/10/31 NPhA・PSJ 第3回学術総会の開催近づく(ドラッグトピックス)
09/10/31 キリン堂 「報恩」の精神を経営に(ドラッグトピックス)
09/10/31 日薬 会館建設特別委員会を設置(ドラッグトピックス)
09/10/31 日薬調べ 医薬分業率が59%に(ドラッグトピックス)
09/10/31 日本眼科医会 視覚障害者は163万人、経済損失額は9兆円に(ドラッグトピックス)
09/10/31 小林製薬 人気サイトにブログ開設(ドラッグトピックス)
09/10/31 J&J調べ 救急箱の常備薬1位は絆創膏(ドラッグトピックス)
09/10/26 「POP活用による店陳コンクール」を開催します
09/10/24 日本薬学会関東支部が市民講座開催 生活者が薬剤師に期待するのは予防・未病対策(ドラッグトピックス)
09/10/24 「第27回西日本OTCフェア」盛大に 西日本全域から1,600人来場(ドラッグトピックス)
09/10/24 SMAC 都内でセルフメディケーション学会開く(ドラッグトピックス)
09/10/24 医薬全商連・青野会長 生活者ニーズに合った製品を(ドラッグトピックス)
09/10/24 スギホールディングス スギ単体では11期連続増収増益(ドラッグトピックス)
09/10/24 日薬会員の第1類取扱 品目増やしたが3割強、販売金額伸長は24%に(ドラッグトピックス)
09/10/24 ネグジット総研薬剤師調査 特定健診・保健指導に機会あればかかわりたいが3分の2(ドラッグトピックス)
09/10/24 アルファーネットワーク 改定薬事法対策で意見交換(ドラッグトピックス)
09/10/24 サンプラザ調剤薬局の加地会長が政経文化画人展で「清原賞」(ドラッグトピックス)
09/10/24 日本新薬 「こども文学賞」の作品募集(ドラッグトピックス)
09/10/24 サラヤ グリーンビジネスで支援ネットワーク(ドラッグトピックス)
09/10/17 日薬 会員薬局の第1類医薬品販売額が伸長(ドラッグトピックス)
09/10/17 2年目迎えた登録販売者試験 合格率の大幅下落で資質懸念(ドラッグトピックス)
09/10/17 ココカラファインHD コダマ(新潟)と業務提携(ドラッグトピックス)
09/10/17 マツキヨHD 都内に2店目の24時間営業店(ドラッグトピックス)
09/10/17 マツキヨ・ローソン 「人材交流」をスタート(ドラッグトピックス)
09/10/17 大木 大阪で秋冬用商談会開く(ドラッグトピックス)
09/10/17 キリン堂中間決算 減収減益で計画比未達(ドラッグトピックス)
09/10/17 東邦HD 「ファーマシィーフェア」盛大に開催(ドラッグトピックス)
09/10/17 スギHD 「ピンクリボン講演会」を開催(ドラッグトピックス)
09/10/17 家洗工 カビ協との統合を機にホームページ開設(ドラッグトピックス)
09/10/17 旧大阪薬協 創立70周年祝賀会開く(ドラッグトピックス)
09/10/17 新販売制度成功のカギは効果ある薬剤と情報提供(ドラッグトピックス)
09/10/17 エスエス製薬・羽鳥社長 独自戦略で体力強化へ(ドラッグトピックス)
09/10/17 メニコン サッカーで社会貢献(ドラッグトピックス)
09/10/17 大阪医療品卸商組合 盛大に西日本展示会開く(ドラッグトピックス)
09/10/09 <特集■かぜ薬・かぜ関連製品>市場は横バイ傾向続くもインフル影響で伸長期待(ドラッグトピックス)
09/10/02 2009年かぜシーズン到来! 盛り上がるかぜ薬プロモーション(ドラッグトピックス)
09/10/02 OTC薬協 OTC薬で啓発イベント(ドラッグトピックス)
09/10/02 リードヘルスケア 盛大に第74回「健康フェア」(ドラッグトピックス)
09/10/02 AJD 大阪で秋季商品フェア開く(ドラッグトピックス)
09/09/19 【合併号発行のお知らせ】(ドラッグトピックス)
09/09/19 生まれ変わる「親和会H&BCフェア」 新薬メーカー大手6社が初のそろい踏み=iドラッグトピックス)
09/09/19 タキヤ・ミニストップ DgS&CVS融合店を開設(ドラッグトピックス)
09/09/19 アイセイ薬局 2011年度に売上高343億円(ドラッグトピックス)
09/09/19 大幸薬品 新型インフルのマニュアルを無料公開(ドラッグトピックス)
09/09/19 バイエル薬品 透析患者の食生活改善でレシピコンテスト(ドラッグトピックス)
09/09/19 GSK アースマラソンに協賛(ドラッグトピックス)
09/09/19 塩野義製薬 ニキビ患者のQOL Webサイトで啓発(ドラッグトピックス)
09/09/19 日本歯磨工業会 健康な歯で写真募集(ドラッグトピックス)
09/09/12 秋季特大号 〜検証・改定薬事法施行後3カ月〜OTC医薬品メーカーの現況と今後の戦略を探る(ドラッグトピックス)
09/09/11 佐藤製薬 イチローの9年連続200本安打記念し「ユンケル」のTVCMオンエア(ドラッグトピックス)
09/09/05 第1類医薬品の販売環境整備が本格化(ドラッグトピックス)
09/09/05 衆議院選 4人の薬剤師候補に明暗(ドラッグトピックス)
09/09/05 マツモトキヨシ・ローソン 新業態・PB開発で提携(ドラッグトピックス)
09/09/05 NID 神戸市内で秋季展示会開く(ドラッグトピックス)
09/09/05 G&G 年商100億円射程圏内に(ドラッグトピックス)
09/09/05 近江兄弟社がロケ地に〜全国ネットの人気番組で〜(ドラッグトピックス)
09/09/05 東京医療衛生用品フェア 注目集めたインフルエンザ対策商品(ドラッグトピックス)
09/09/05 明治製菓・ポッカ 新ブランドを共同開発(ドラッグトピックス)
09/09/05 メニコンがサッカーに協賛(ドラッグトピックス)
09/08/28 院内処方転換の新潟厚生連・三条総合病院 8割の患者が院内処方選択(ドラッグトピックス)
09/08/28 リテイル研・宗像代表 改正薬事法活用し新市場創造へ(ドラッグトピックス)
09/08/28 日薬 会館建設で土地取得へ(ドラッグトピックス)
09/08/28 セブンヘルスケア 1号店を千葉にオープン(ドラッグトピックス)
09/08/28 佐藤製薬 化粧品事業に本格参入(ドラッグトピックス)
09/08/22 リテイル研・宗像代表 薬剤師の資質強化で第1類の販売強化(ドラッグトピックス)
09/08/22 スギHD 調剤併設型から地域医療対応型へ(ドラッグトピックス)
09/08/22 JACDS 第1類拡大で10兆円産業へ(ドラッグトピックス)
09/08/08 【合併号発行のお知らせ】(ドラッグトピックス)
09/08/08 緊急リポート!高温多湿の夏でも不活性化しない新型インフル(ドラッグトピックス)
09/08/08 地元住民巻き込んだ展開で独自路線打ち出すDgSチェーン(ドラッグトピックス)
09/08/08 ココカラファインHD コダマ(新潟)と提携協議開始(ドラッグトピックス)
09/08/08 AJD旧北関東ブロック 軽井沢フォーラム開く(ドラッグトピックス)
09/08/08 不二ラテックス 都内でエイズ・チャリティーコンサート(ドラッグトピックス)
09/08/08 常盤薬品 飛行船ツェッペリン号とコラボ(ドラッグトピックス)
09/08/08 藤信会・ピップG 第91回藤信会展示会開く(ドラッグトピックス)
09/08/01 日本初!学内に「ドラッグストアシミュレーションルーム」新設(ドラッグトピックス)
09/08/01 全薬協・岩元会長 資質向上に全力を傾注(ドラッグトピックス)
09/08/01 マツキヨ コンビニ型の新業態出店(ドラッグトピックス)
09/08/01 スギメディカル OTCの適正使用でセミナー(ドラッグトピックス)
09/08/01 内藤記念くすり博物館 企画展「江戸に学ぶからだと養生」開催中(ドラッグトピックス)
09/08/01 ライオン 手洗い・うがいの習慣啓発(ドラッグトピックス)
09/07/25 <特集■ビタミン薬・総合保健薬>買い控え影響し市場は厳しい環境下に(ドラッグトピックス)
09/07/18 小社調べ ココカラファインHDがDgSチェーン第4位に浮上(ドラッグトピックス)
09/07/18 インテージ調査 第1類売上減背景に販売店率の急落(ドラッグトピックス)
09/07/18 ケンコーコム 6月のOTC薬が6割減(ドラッグトピックス)
09/07/18 ネグジット総研調査 服用困難な大きな錠剤(ドラッグトピックス)
09/07/18 大日本除虫菊 「入谷朝顔まつり」に協賛(ドラッグトピックス)
09/07/11 夏季特大号 〜改定薬事法全面施行から1カ月〜制度の「実効性」と課題を独自に検証(ドラッグトピックス)
09/07/11 スギHD 杉浦地域医療研究センターを開設(ドラッグトピックス)
09/07/11 相模ゴム ウェブサイトがカンヌ国際広告賞の「金賞」(ドラッグトピックス)
09/07/04 改定薬事法の全面施行から1カ月 深刻な第1類の販売不振(ドラッグトピックス)
09/07/04 ネグジット総研 薬局薬剤師のMR評価で「情報提供に物足りなさ」(ドラッグトピックス)
09/07/04 近江兄弟社 新社長に伊藤管理本部長(ドラッグトピックス)
09/07/04 興和 「キャベジン」の新キャラクターに広末涼子(ドラッグトピックス)
09/06/27 日薬・児玉会長 漢方薬の郵送問題で供給体制の見直し明言(ドラッグトピックス)
09/06/27 厚労省 ネット販売の継続議論の場、直ちに設けず(ドラッグトピックス)
09/06/27 全薬協 新会長に岩元専務理事(ドラッグトピックス)
09/06/27 花王 「環境宣言」でCO2を35%削減(ドラッグトピックス)
09/06/20 卸連・別所新会長 改定薬事法はOTC薬市場活性化へのビッグチャンス(ドラッグトピックス)
09/06/20 日本卸連 新会長に別所芳樹氏就任(ドラッグトピックス)
09/06/20 大木 新中計でビジネスモデル確立(ドラッグトピックス)
09/06/20 明治薬大 総合教育研究棟が竣工(ドラッグトピックス)
09/06/20 薬局協励会 「第60回記念東京全国大会」盛大に(ドラッグトピックス)
09/06/20 あらた 中期3カ年計画をスタート(ドラッグトピックス)
09/06/20 話題集める映画「ゆずり葉」 聴覚障害の薬剤師が題材(ドラッグトピックス)
09/06/20 OPM 登録販売者も会員に(ドラッグトピックス)
09/06/20 薬剤師あゆみの会 新人合宿研修会を開催(ドラッグトピックス)
09/06/20 富士経済 改定薬事法の影響で市場調査(ドラッグトピックス)
09/06/20 ロート製薬 企業内託児所を開設(ドラッグトピックス)
09/06/20 NPhA 基本料の1本化実現へ(ドラッグトピックス)
09/06/20 P&G ラフリー会長の翻訳本出版(ドラッグトピックス)
09/06/20 微量栄養素学会が学術集会開く(ドラッグトピックス)
09/06/20 サラヤ 「ボルネオ調査隊」募集(ドラッグトピックス)
09/06/13 JACDS 新会長に寺西忠幸氏(キリン堂会長兼社長)選出(ドラッグトピックス)
09/06/13 全商連が設立50周年式典 会の“シンボル”近藤会長勇退(ドラッグトピックス)
09/06/13 キリン堂 寺西会長兼社長が社長復帰の真意語る(ドラッグトピックス)
09/06/13 Paltac 全道カバーするRDC完成(ドラッグトピックス)
09/06/13 登録販売者試験で訴訟 欠陥試験と慰謝料請求(ドラッグトピックス)
09/06/13 小林製薬 「ブルーレット」が発売40周年(ドラッグトピックス)
09/06/13 日本薬品開発 「グリーンマグマ」が3年連続モンド賞(ドラッグトピックス)
09/06/06 特集■改定薬事法全面施行 新時代に踏み出したDgSチェーン(ドラッグトピックス)
09/06/06 明治HD 「09‐11中期経営計画」発表(ドラッグトピックス)
09/06/06 JCOE 3年ぶりに全国大会を開催(ドラッグトピックス)
09/06/06 ネットパイロティングのSNS「とろQ」が登録販売者間で話題に(ドラッグトピックス)
09/06/06 日本薬局協励会 第60回記念東京全国大会を開催(ドラッグトピックス)
09/06/06 「北海道健康サ美ット2009」開く (ドラッグトピックス)
09/05/30 6月1日改定薬事法全面施行 「実効性」伴わなければOTC薬は自由販売!?(ドラッグトピックス)
09/05/30 NPhA三津原会長 強い実行力で社会に貢献(ドラッグトピックス)
09/05/30 富士薬品 売上高5.5%増の2,851億円(ドラッグトピックス)
09/05/30 日本新薬 「こども文学賞」を決定(ドラッグトピックス)
09/05/26 小社主催「POPコンクール」が名称・内容を一新し、「POP活用 店頭プロモーションコンクール」として生まれ変わり、作品応募の受付を開始しました。
09/05/23 OTC薬協・ビジョン 新たな市場創製で生産額1兆円(ドラッグトピックス)
09/05/23 ネット販売 2年間の経過措置施行へ(ドラッグトピックス)
09/05/23 キリン堂 寺西会長が社長に復帰(ドラッグトピックス)
09/05/23 ロート製薬 目薬100周年でパネル展示(ドラッグトピックス)
09/05/23 田辺三菱 新社長に土屋副社長(ドラッグトピックス)
09/05/16 ドリンク剤市場は再びダウン(ドラッグトピックス)
09/04/30 14年ぶりの新成分登場で盛り上がる外用消炎鎮痛剤(ドラッグトピックス)
09/04/30 厚労省 ネット販売で経過措置、暫定継続へ(ドラッグトピックス)
09/04/30 機能化粧品けん引する製薬企業の開発力(ドラッグトピックス)
09/04/30 スギHD連結決算 売上高・経常とも過去最高(ドラッグトピックス)
09/04/30 全商連 任期1年残し近藤会長勇退へ、新会長に青野副会長(ドラッグトピックス)
09/04/30 グローウェルHD高田社長 株式一部上場で株価向上へ(ドラッグトピックス)
09/04/25 改定薬事法 省令再改定困難で氏テ租k獅Cネ氏ヒ港g稜芬6伴圓望覗膣供淵疋薀奪哀肇團奪D后ヒ
09/04/25 ロート製薬 目薬発売100周年でパネル展示会(ドラッグトピックス)
09/04/25 トクホン 新社長に田邉専務(ドラッグトピックス)
09/04/25 久光製薬2月期決算 薬粧事業は216億円で減収(「ドラッグトピックス)
09/04/18 第一三共HC・高橋新社長 「第1類」に強い製薬企業目指す(ドラッグトピックス)
09/04/18 OTC薬協が市民公開講座開く(ドラッグトピックス)
09/04/18 第94回薬剤師国試 合格率は74.4%(ドラッグトピックス)
09/04/18 CFSコーポレーション 2月期連結決算は増収増益(ドラッグトピックス)
09/04/18 協同組合ユーヤク ジョヴィに団体加盟(ドラッグトピックス)
09/04/18 薬王堂決算 季節商品不振で減益に(ドラッグトピックス)
09/04/11 春季特大号■改定薬事法施行間近 虎視眈々の異業種小売業の動向を探る(ドラッグトピックス)
09/04/11 ライオン 新しい生活価値提案へ(ドラッグトピックス)
09/04/11 キリン堂 売上高が1,000億円突破(ドラッグトピックス)
09/04/04 ネット販売検討会 論点整理ももたつく議論(ドラッグトピックス)
09/04/04 佐藤製薬 WBCのイチロー効果で「ユンケル」新展開(ドラッグトピックス)
09/04/04 京都で日本薬学会129年会開く(ドラッグトピックス)
09/04/04 天野グループが創業110周年懇談会(ドラッグトピックス)
09/03/28 新潟厚生連・三条総合病院 5月11日から院内処方基本に(ドラッグトピックス)
09/03/28 初年度登録販売者 全国で58,716人が合格(ドラッグトピックス)
09/03/28 アステム 持株会社体制を本格展開(ドラッグトピックス)
09/03/28 大木 「棚割提案商談会」で新カテゴリーにCLC(ドラッグトピックス)
09/03/28 塩野義製薬 営業職対象に女性の就労環境支援(ドラッグトピックス)
09/03/28 森下仁丹 日本コカ・コーラにローズヒップ供給(ドラッグトピックス)
09/03/21 ネット販売検討会 安全性は別途議論が大勢もネットの有用性で歩み寄る(ドラッグトピックス)
09/03/21 G&G DgS向けPB開発で「研究所」設置(ドラッグトピックス)
09/03/21 JACDS調査 2012年のDgS産業は10兆円に(ドラッグトピックス)
09/03/21 薬学会年会で児玉日薬会長が基調講演(ドラッグトピックス)
09/03/21 AJD 5月に創立40周年記念式典(ドラッグトピックス)
09/03/21 ココカラファインHD 「M&A推進室」を新設(ドラッグトピックス)
09/03/21 パルタックKS 「Paltac」に商号変更(ドラッグトピックス)
09/03/14 ロート製薬が「目薬100周年」の節目(ドラッグトピックス)
09/03/14 改定薬事法施行目前で注目集める春の卸展示会(ドラッグトピックス)
09/03/14 グローウェル鈴木会長 10年以内に調剤比率50%(ドラッグトピックス)
09/03/14 エーザイ内藤社長 薬粧事業はコアビジネス(ドラッグトピックス)
09/03/14 セガミ(大阪)と金光薬品(岡山)が業務提携(ドラッグトピックス)
09/03/14 大木・健翔・リードヘルスケアが業務提携(ドラッグトピックス)
09/03/07 特集■第21回「ヒット商品賞・話題商品賞」(ドラッグトピックス)
09/02/28 医薬品のネット販売で検討会スタート(ドラッグトピックス)
09/02/28 丹平中田 「2009ライフサポートフェア」が大盛況(ドラッグトピックス)
09/02/28 注目集める仙台ウェルネスファーマシークラブ(ドラッグトピックス)
09/02/21 SMトレードショー 改定薬事法対応の売場提案に高い関心(ドラッグトピックス)
09/02/21 プチファーマシスト ケータイ版の薬剤師求人サイト開設(ドラッグトピックス)
09/02/21 丹平中田 「ライフサポートフェア」開く(ドラッグトピックス)
09/02/21 厚労省検討会 ネット販売で議論開始(ドラッグトピックス)
09/02/21 薬業政連 自民党支持1本の方針(ドラッグトピックス)
09/02/14 特集■新時代迎えるOTC医薬品(ドラッグトピックス)
09/02/14 パルタックKSフェア 登録販売者管理の売り場提案も(ドラッグトピックス)
09/02/14 アース製薬 店頭と連携し営業力強化(ドラッグトピックス)
09/02/07 小社調査 「改定薬事法」の認知率わずか4%弱(ドラッグトピックス)
09/02/07 サツドラの新たな戦略 真の地域密着目指す最新業態店オープン(ドラッグトピックス)
09/02/07 花王 高付加価値商品の開発に注力(ドラッグトピックス)
09/02/07 大日本除虫菊 不快害虫・虫除け伸長でプラス(ドラッグトピックス)
09/01/31 舛添厚労相の発言でネット販売問題、振り出しへ(ドラッグトピックス)
09/01/31 調剤薬局チェーン 登録販売者の配置に消極的(ドラッグトピックス)
09/01/31 NPhA 完全分業の早期実現目指す(ドラッグトピックス)
09/01/31 モリモトドラッグ 環境変化対応で協力体制を(ドラッグトピックス)
09/01/31 BG会 ポジティブ思考で商売繁盛(ドラッグトピックス)
09/01/31 紅白会 接客・調剤注力で難局打破(ドラッグトピックス)
09/01/31 新生会・辻会長 独自スタイルの経営実践を(ドラッグトピックス)
09/01/31 グローウェルHD 経営統合で好調の第1四半期(ドラッグトピックス)
09/01/31 コスモス薬品 3年後には関東進出も(ドラッグトピックス)
09/01/31 ファイザー調査 処方薬余るが70%強に(ドラッグトピックス)
09/01/31 オムロンHCが調査 生活者のメタボ認知度は100%(ドラッグトピックス)
09/01/24 目指すはアジア規模のイベント〜「第9回JAPANドラッグストアショー」〜(ドラッグトピックス)
09/01/24 都薬協・櫻本会長 生涯学習の継続訴える(ドラッグトピックス)
09/01/24 大阪府薬・中西会長 薬局実習支援の補助金要望(ドラッグトピックス)
09/01/24 OPM鈴木理事長 新年会で「ピンチをチャンスに」(ドラッグトピックス)
09/01/17 “OTC医薬品元年”がスタート 高まるスイッチ品拡大への期待(ドラッグトピックス)
09/01/17 キリン堂寺西会長 固有の価値観確立目指す(ドラッグトピックス)
09/01/17 メディパルHDとアルフレッサHD 合併合意書を解約(ドラッグトピックス)
09/01/17 ジョヴィ高侮ミ長 「接客性」の向上を訴える(ドラッグトピックス)
09/01/10 ツルハHD 商品部統合の新会社 5月始動(ドラッグトピックス)
09/01/10 東薬工・樋口会長 雇用創出で社会にこたえる(ドラッグトピックス)
09/01/10 薬事協・岩城会長 公益法人格取得に意欲(ドラッグトピックス)
09/01/10 ネグジット総研 薬局向けDBの販売開始(ドラッグトピックス)
09/01/10 森下仁丹 伊PVM社にカプセル供給拡大(ドラッグトピックス)
09/01/10 小林製薬 好調の「のどぬ〜るぬれマスク」(ドラッグトピックス)
08/12/25 新年特大号〜小紙通巻2000号記念〜「改定薬事法とヘルスケア業界」(ドラッグトピックス)
08/12/20 第21回「ヒット商品大賞」「話題商品大賞」決定〜「ニコチネルパッチ」が大賞独占!(ドラッグトピックス)
08/12/20 薬業界初のプロ野球選手誕生〜バイタルネットの谷元投手〜(ドラッグトピックス)
08/12/20 OPMの研修会で中川秀直代議士が講演(ドラッグトピックス)
08/12/13 改定薬事法 発出されない最後の省令にいら立つ都道府県(ドラッグトピックス)
08/12/13 本紙が選んだヘルスケア業界10大ニュース(ドラッグトピックス)
08/12/13 インテージの時田氏 経済悪化でOTC薬市場減少へ(ドラッグトピックス)
08/12/06 特集■DgSチェーンの近未来戦略と登録販売者制度への対応(ドラッグトピックス)
08/12/06 オンラインドラッグ協会 ネット販売における自主GLを発表(ドラッグトピックス)
08/12/06 ココカラファイン 「CF会」設立総会開く(ドラッグトピックス)
08/11/29 小社調査 不満根強い難易度の地域間格差(ドラッグトピックス)
08/11/29 地域連携で役割広がる薬剤師(ドラッグトピックス)
08/11/29 横浜で「世界健康フォーラム2008」盛大に(ドラッグトピックス)
08/11/22 プラネット 第1類の説明文書はデータベースで提供へ(ドラッグトピックス)
08/11/22 G&G バーチャル・アウトレットモールで“ワケあり商品”格安に提供(ドラッグトピックス)
08/11/22 東邦薬品 調剤薬局事業強化へ(ドラッグトピックス)
08/11/22 規制改革会議 ネット販売の規制撤回を(ドラッグトピックス)
08/11/22 スギメディカル 訪問看護施設オープン(ドラッグトピックス)
08/11/22 NPhA GE在庫増も変更率は2割弱で足踏み(ドラッグトピックス)
08/11/15 胃腸薬市場 特定保健用食品と競合激化で回復に手間取る(ドラッグトピックス)
08/11/08 09年3月期中間決算 武田薬品・パッチ剤上市で「ニコレット」大幅増(ドラッグトピックス)
08/11/08 マツキヨと日本調剤 業務提携に向け協議(ドラッグトピックス)
08/11/08 十社会 PB商品の開発強化(ドラッグトピックス)
08/11/01 ユースキン製薬 添付文書廃止し内箱に情報記載(ドラッグトピックス)
08/11/01 「サッポロヘルス&ビューティフェア2008」盛大に開催(ドラッグトピックス)
08/11/01 OTC薬協 スイッチ候補20成分追加(ドラッグトピックス)
08/11/01 医薬5団体 販売制度改定で啓発活動(ドラッグトピックス)
08/11/01 親和会H&BCフェアの継続決まる(ドラッグトピックス)
08/11/01 明治薬科大と日本獣医大 連携大学院で協定締結(ドラッグトピックス)
08/11/01 キリン堂寺西会長 DgSの将来に不安なし(ドラッグトピックス)
08/10/25 SMのマルエツ 全240店舗で医薬品販売へ(ドラッグトピックス)
08/10/25 登録販売者第1回試験 近畿の合格率は65%(ドラッグトピックス)
08/10/25 日薬学術大会 職能拡大示す過去最多の演題数(ドラッグトピックス)
08/10/25 日薬 改定薬事法でパブコメ(ドラッグトピックス)
08/10/25 メディパルとアルフレッサが統合 売上高4兆円の巨大卸誕生(ドラッグトピックス)
08/10/18 かぜ薬市場 スイッチOTC薬の上市背景に需要顕在化で市場回復へ(ドラッグトピックス)
08/10/11 小社調査 登録販売者試験で受験地別問題難易度格差是正の声続出(ドラッグトピックス)
08/10/11 登録販売者合格率 最高40%超える格差(ドラッグトピックス)
08/10/11 製薬協調査 3分の1が「かかりつけ薬局」持つ(ドラッグトピックス)
08/10/11 ケーエスケーとアステム 営業インフラ強化で提携(ドラッグトピックス)
08/10/04 登録販売者試験結果 23都県の平均合格率は73・7%に(ドラッグトピックス)
08/10/04 石川薬協 今後はDgSチェーンとの連携を模索(ドラッグトピックス)
08/10/04 興和 GE事業でテバと提携(ドラッグトピックス)
08/10/04 医薬全商連 近藤会長が組合員に檄とばす(ドラッグトピックス)
08/10/04 眼科医会 「目の愛護デー」でドライアイの啓発に注力(ドラッグトピックス)
08/09/27 マスク商戦動向 前倒し出荷で前年比150%も(ドラッグトピックス)
08/09/27 第一三共HC 「リゲイン」TVCMにトップMR出演(ドラッグトピックス)
08/09/27 厚労省 改定薬事法の省令でパブコメ(ドラッグトピックス)
08/09/27 オンラインドラッグ協 省令案に強く反発(ドラッグトピックス)
08/09/20 登録販売者試験 76%超の高い合格率示す(ドラッグトピックス)
08/09/20 明治製菓と明治乳業が来年4月に経営統合(ドラッグトピックス)
08/09/20 AJD 「秋季商品フェア」盛大に開く(ドラッグトピックス)
08/09/20 大木 大阪で棚割提案会開く(ドラッグトピックス)
08/09/20 日薬調べ 2007年度の分業率は57%(ドラッグトピックス)
08/09/20 キリン堂・アライドハーツHD 統合に向け協議開始(ドラッグトピックス)
08/09/20 NPhA会員調査 プラス改定も処方せん単価減(ドラッグトピックス)
08/09/13 マツキヨ松本社長 茂木薬品の子会社化は巨大化する卸への対抗策(ドラッグトピックス)
08/09/13 小社調べ 夏季商戦総決算!「虫コナーズ」が前年比645%(ドラッグトピックス)
08/09/13 薬業研修センター 厚労省に要望書提出(ドラッグトピックス)
08/09/13 あらた 埼玉支店の稼動で関東の物流効率化(ドラッグトピックス)
08/09/13 全薬協 登録販売者を国家資格に(ドラッグトピックス)
08/09/06 <秋季特大号>DgS・薬局薬店におけるメタボ関連商品の動向(ドラッグトピックス)
08/09/06 東京都が12月に第2回登録販売者試験(ドラッグトピックス)
08/09/06 武田薬品・長谷川社長 がん領域でトップ3目指す(ドラッグトピックス)
08/08/30 第1回登録販売者試験 難易度でバラツキ目立つ(ドラッグトピックス)
08/08/30 ゲンキー 医薬品の減少を化粧品・接客強化でカバー(ドラッグトピックス)
08/08/30 日薬・児玉会長 総会で改革への対応呼び掛ける(ドラッグトピックス)
08/08/30 大木 2008年秋冬棚割提案商談会で独自提案(ドラッグトピックス)
08/08/23 小社調べ 私立薬大生の4割が薬系小売企業に就職(ドラッグトピックス)
08/08/23 パルタックKS 大阪でH&Bフェア盛大に(ドラッグトピックス)
08/08/23 オンラインドラッグ協会 対面の原則で自主GL(ドラッグトピックス)
08/08/11 【ご案内】ドラッグトピックス合併号のお知らせ
08/08/09 セブン&アイHD 登録販売者確保でアインと提携(ドラッグトピックス)
08/08/09 OTC薬協調べ 薬事法改定「知らない」が9割超える(ドラッグトピックス)
08/08/09 富士経済 スイッチOTC薬市場が1,500億円超に拡大(ドラッグトピックス)
08/08/09 シェリング・プラウとバイエル薬品が調査 脂質異常症理解している人は6.5%(ドラッグトピックス)
08/08/02 イオン・ウエルシア・ストアーズ 「切磋琢磨」合言葉にグループ力高める(ドラッグトピックス)
08/08/02 パルタックKS 合併後初のフェア都内で盛大に開催(ドラッグトピックス)
08/08/02 製薬協 患者セミナーで医療の倫理と法レクチャー(ドラッグトピックス)
08/07/26 東京都 登録販売者試験の出願者数は5,340人(ドラッグトピックス)
08/07/26 スズケン ファーコスを子会社化へ(ドラッグトピックス)
08/07/26 CFS イオンとの提携を強化(ドラッグトピックス)
08/07/26 今秋にもリスク表示品出荷(ドラッグトピックス)
08/07/26 佐藤製薬 3つのスイッチ品申請中(ドラッグトピックス)
08/07/19 厚労省・検討会 第1類の管理者は原則*剤師に(ドラッグトピックス)
08/07/19 ニュー・フォーマット研究所がシンポ開催(ドラッグトピックス)
08/07/19 日本薬局協励会が全国大会開催(ドラッグトピックス)
08/07/19 サッポロドラッグストアーが実験店・コンビニドラッグ開設(ドラッグトピックス)
08/07/14 〜登録販売者試験“受験前夜”〜活況呈する受験対策ビジネス(ドラッグトピックス夏季特大号)
08/07/14 アライドハーツHD「薬事法改定は出店のビッグチャンス」(ドラッグトピックス)
08/07/14 AJD コミュニティドラッグとしての連合体構築を呼び掛ける(ドラッグトピックス)
08/07/14 コクミン 新社長に絹巻秀展氏(ドラッグトピックス)
08/07/05 小社調べ DgSチェーン調剤報酬額でツルハHDがトップに躍進(ドラッグトピックス)
08/07/05 大木 創業350周年記念盛大に開く(ドラッグトピックス)
08/07/05 不二ラテ 創業60周年記念式典盛大に(ドラッグトピックス)
08/06/28 第30回POPコンクール特大号発行(ドラッグトピックス)
08/06/21 禁煙補助薬 140億円市場に倍増期待(ドラッグトピックス)
08/06/21 サッポロドラッグストアー 「大創業祭」前に決起大会(ドラッグトピックス)
08/06/21 ネグジット総研調査 GE調剤体制加算は8割が算定(ドラッグトピックス)
08/06/14 全商連 組織力強化で「特別委員会」新設(ドラッグトピックス)
08/06/14 G&G バーチャル・アウトレットモール開設へ(ドラッグトピックス)
08/06/14 登販者試験 沖縄県除き公示出そろう(ドラッグトピックス)
08/06/14 大木・松井社長 商流強化でCS創造を(ドラッグトピックス)
08/06/14 ファルメディコ 臨床薬学研修センターを開設(ドラッグトピックス)
08/06/14 あらた・畑中社長 医薬卸とのアライアンスも(ドラッグトピックス)
08/06/14 富士経済調査 メタボ背景にコレステロール改善薬躍進(ドラッグトピックス)
08/06/14 上場企業3月期決算 アジアでの成長目立つ(ドラッグトピックス)
08/06/07 第30回「POP大賞」に林田彩加氏の作品(ドラッグトピックス)
08/06/07 稀代のアナリスト・春山満氏 在宅医療と連携した「終の栖」提供へ(ドラッグトピックス)
08/06/07 富士薬品 登録販売者1,000人の合格目指す(ドラッグトピックス)
08/06/07 日薬連 新会長に竹中登一氏選任(ドラッグトピックス)
08/06/07 製薬協 庄田隆氏を新会長に選出(ドラッグトピックス)
08/05/31 9月にもリスク表示製品上市(ドラッグトピックス)
08/05/31 薬局協励会 新会長に前納秀夫氏(ドラッグトピックス)
08/05/31 登録販売者試験 中四国地区除き公示でそろう(ドラッグトピックス)
08/05/31 厚労省 リスク区分で省令公布(ドラッグトピックス)
08/05/31 タキヤ リハビリ併設DgSの実験開始(ドラッグトピックス)
08/05/31 WINドラッグ ドラッグイレブン加盟で総年商3,400億円(ドラッグトピックス)
08/05/24 製薬企業ヘルスケア部門業績 ロート製薬が1,000億円の大台(ドラッグトピックス)
08/05/24 厚労省検討会 店舗販売業の管理者問題先送り(ドラッグトピックス)
08/05/24 アルフレッサHD 丹平中田早い段階で子会社に(ドラッグトピックス)
08/05/24 小林製薬 医薬品と栄養補助食品の相互作用データベース作成(ドラッグトピックス)
08/05/24 OTC薬協三輪会長 スイッチ化促進に意欲(ドラッグトピックス)
08/05/24 NPhA 新会長に三津原氏再選(ドラッグトピックス)
08/05/17 ドリンク剤市場 回復の兆し(ドラッグトピックス)
08/05/09 小社調査 メタボ関連品が前年比150%のDgSも(ドラッグトピックス)
08/05/09 登録販売者試験 関東・甲信越は「8月12日」で統一へ(ドラッグトピックス)
08/05/09 DgS・調剤薬局とも販売額伸長(ドラッグトピックス)
08/05/09 一般用医薬品は6,000億円割れで9年連続マイナス(ドラッグトピックス)
08/05/09 スギ薬局 独自の「ピンクリボン運動」を実施(ドラッグトピックス)
08/05/02 店舗販売業の管理者 「薬剤師」に一分の理(ドラッグトピックス)
08/05/02 リスク表記は「第1類」方式を正式承認(ドラッグトピックス)
08/05/02 日登協鎌田会長 登録販売者は「第1類」も管理可能(ドラッグトピックス)
08/05/02 スギ薬局 事業を分社化して再編(ドラッグトピックス)
08/05/02 エスエス製薬 ブランド強化でM&A視野に(ドラッグトピックス)
08/05/02 日薬 硫化水素問題で注意喚起(ドラッグトピックス)
08/05/02 ライオン 「中外胃腸薬」を「スクラート胃腸薬」に名称変更(ドラッグトピックス)
08/05/02 薬局が携帯版GE検索サイト開設(ドラッグトピックス)
08/05/02 GSK 禁煙補助剤「シガノンCQ」OTC薬で上市(ドラッグトピックス)
08/04/26 なにわのDgSに中国人客急増!!!(ドラッグトピックス)
08/04/26 主要DgS・調剤薬局 薬剤師採用意欲衰えず(ドラッグトピックス)
08/04/26 ロート製薬 「メンソレータムフレディCC膣錠」上市(ドラッグトピックス)
08/04/19 ファルメディコ 薬局は在宅療養に積極参加を(ドラッグトピックス)
08/04/19 キリン堂 売上高が1,000億円突破(ドラッグトピックス)
08/04/19 登録販売者試験 東京・大阪で公示(ドラッグトピックス)
08/04/11 主要化粧品・日用品メーカーのドラッグチャネル戦略を展望する(ドラッグトピックス)
08/04/11 登録販売者 初年度試験8月にも各地で一斉に(ドラッグトピックス)
08/04/11 店舗販売業の管理者は「薬剤師」へ(ドラッグトピックス)
08/04/11 佐藤製薬・佐藤社長 薬事法改定でスイッチ品強化(ドラッグトピックス)
08/04/11 丹平中田 「2008ライフサポートフェア」開催(ドラッグトピックス)
08/04/11 アイセイ薬局 積極的なM&A戦略展開(ドラッグトピックス)
08/04/05 小社調査 登録販売者手当でDgSチェーン間に格差(ドラッグトピックス)
08/04/05 大日本住友製薬 新社長に多田正世副社長(ドラッグトピックス)
08/04/05 GE医薬品の普及で議論交わす(ドラッグトピックス)
08/03/29 販売体制検討会 焦点は店舗販売業の管理者(ドラッグトピックス)
08/03/29 セイジョー 「医食同源」の新業態店(ドラッグトピックス)
08/03/29 都薬会長選 新会長に桑原副会長(ドラッグトピックス)
08/03/22 ニコチンパッチに200億円市場形成の期待感(ドラッグトピックス)
08/03/22 大木・展示会 4月実施の特定健診対応の提案も(ドラッグトピックス)
08/03/22 日本薬学会 薬事法改定でシンポも(ドラッグトピックス)
08/03/15 新生・リードヘルスケア4月発足(ドラッグトピックス)
08/03/15 AJD 春季フェアに過去最多の246社出展(ドラッグトピックス)
08/03/15 アルフレッサHD セルフメディケーション事業推進室を新設(ドラッグトピックス)
08/03/08 特集 第20回「ヒット商品賞・話題商品賞」(ドラッグトピックス)
08/03/01 厚労省検討会 リスク表示は「第1類」方式で合意(ドラッグトピックス)
08/03/01 日薬 新会長に児玉孝副会長(ドラッグトピックス)
08/03/01 いわい(東京) 店長ら対象に救命講習実施(ドラッグトピックス)
08/03/01 神戸薬科大 私立3女子高と連携強化(ドラッグトピックス)
08/03/01 ライオン 新快適生活産業市場でナンバーワン目指す(ドラッグトピックス)
08/02/23 遅れる花粉飛散 3月にずれ込み(ドラッグトピックス)
08/02/23 厚労省 実務経験は月80時間以上(ドラッグトピックス)
08/02/23 セガミメディクス 生活習慣病予防でセミナー(ドラッグトピックス)
08/02/16 改定薬事法の「情報提供」で議論始まる(ドラッグトピックス)
08/02/16 メディパル 5年後に売上高3兆円へ(ドラッグトピックス)
08/02/16 エスエス製薬 「プル型」営業に転換(ドラッグトピックス)
08/02/16 森下仁丹 医薬品通販に本格参入(ドラッグトピックス)
08/02/16 ヘルスケア卸の春季フェア 小売り支援の提案相次ぐ(ドラッグトピックス)
08/02/16 ピップフジモトとピップトウキョウが「ピップ」設立(ドラッグトピックス)
08/02/09 登録販売者初年度試験 統一日程・統一問題が大勢(ドラッグトピックス)
08/02/09 厚労省 登録販売者制度の省令通知(ドラッグトピックス)
08/02/06 第20回ヒット商品賞・話題商品賞の表彰式が開催されました
08/02/02 薬事法改定と生活者意識テーマにインターネット・リサーチ(ドラッグトピックス)
08/01/26 独自調査で判明 医薬品購入で25%以上が「説明なし」(ドラッグトピックス)
08/01/26 3大学で全国初の共同学部新設(ドラッグトピックス)
08/01/26 武田薬品 糖尿病治療薬の米国での上市課題(ドラッグトピックス)
08/01/20 花粉症商戦 今季は「東高西低」の予報(ドラッグトピックス)
08/01/20 大衆薬協・三輪会長 スイッチ化促進に強い熱意(ドラッグトピックス)
08/01/20 CFS石田社長 従業員との協働体制強調(ドラッグトピックス)
08/01/20 キリン堂協栄会が新年会開く(ドラッグトピックス)
08/01/20 東薬工・樋口会長 ドラッグラグ解消に期待感(ドラッグトピックス)
08/01/20 直販協・佐藤会長 制度改定で意見具申(ドラッグトピックス)
08/01/12 大木・松井社長 OTC薬振興の啓発運動部隊設立を(ドラッグトピックス)
08/01/12 大阪府 偽造処方せん対策でポスター3,800枚制作(ドラッグトピックス)
08/01/12 共和薬品・ルピン GE医薬品市場でトップ5目指す(ドラッグトピックス)
07/12/27 ドラッグトピックス新年特大号(1月7日号)の訂正とお詫び
07/12/27 ドラッグトピックス新年特大号 「羅針盤2008」〜各界の識者がヘルスケア業界の針路を展望〜
07/12/22 第20回「ヒット商品大賞」「話題商品大賞」は「トランシーノ」(ドラッグトピックス)
07/12/22 小社が選んだヘルスケア10大ニュース(ドラッグトピックス)
07/12/22 明治薬大・日本医大 連携大学院協定を締結(ドラッグトピックス)
07/12/22 森下仁丹 特定保健指導事業で子会社設立(ドラッグトピックス)
07/12/15 日薬会長選に中西会長と児玉副会長が出馬へ(ドラッグトピックス)
07/12/15 セガミ セイジョーとの統合で売上高7位に(ドラッグトピックス)
07/12/15 小林製薬・小林社長 「業態卸」を作りたかった(ドラッグトピックス)
07/12/08 特集 DgSの最新トレンドを探る(ドラッグトピックス)
07/12/01 薬局で処方医推奨のOTC薬販売(ドラッグトピックス)
07/12/01 製薬協・青木会長 5カ年戦略に期待感(ドラッグトピックス)
07/12/01 薬局への就職が28%でトップ(ドラッグトピックス)
07/11/24 興和 来年4月から直販方式拡大へ(ドラッグトピックス)
07/11/24 セガミ・セイジョー 持株会社「ココカラファインHD」設立(ドラッグトピックス)
07/11/24 丹平中田 アルフレッサとシーエスと経営統合へ(ドラッグトピックス)
07/11/24 保険薬局協会 ファーマシーフォーラム2007開く(ドラッグトピックス)
07/11/24 東和薬品 中期経営計画を発表(ドラッグトピックス)
07/11/17 胃腸薬市場 第一三共HCがシェアトップに(ドラッグトピックス)
07/11/17 ノバルティスファーマ 「ザジテン」のスイッチOTC薬上市(ドラッグトピックス)
07/11/17 RAD-AR くすりの絵文字で6言語表示(ドラッグトピックス)
07/11/08 武田薬品 ブランド戦略見直しで「アリナミン」実績伸長(ドラッグトピックス)
07/11/08 製薬企業中間決算 エーザイが回復基調に入る(ドラッグトピックス)
07/11/08 プラネット物流 北関東流通センター開設へ(ドラッグトピックス)
07/11/03 調剤薬局チェーンも登録販売者に関心(ドラッグトピックス)
07/11/03 NPhA GE医薬品普及でお試し期間£言(ドラッグトピックス)
07/11/03 十社会久松会長 「規模は手段で目的ではない」(ドラッグトピックス)
07/11/03 日登協が準会員募集開始(ドラッグトピックス)
07/10/27 FC協会 講習会受講で登録販売者試験の実務経験免除を(ドラッグトピックス)
07/10/27 大阪親和会H&BCフェア継続へ(ドラッグトピックス)
07/10/27 あらた・畑中社長 合併含め医薬品卸とのアライアンスはあり得る(ドラッグトピックス)
07/10/20 かぜ薬市場 第一三共HCが大正製薬を射程圏に(ドラッグトピックス)
07/10/20 日本薬業連絡協議会が発足(ドラッグトピックス)
07/10/20 健翔 設立10周年祝賀会を開催(ドラッグトピックス)
07/10/20 キリン堂中間決算 経営統合で売り上げ大幅増(ドラッグトピックス)
07/10/13 消費者団体が指摘 薬剤師不在店舗が25%(ドラッグトピックス)
07/10/13 バイタルネットとケーエスケーが業務提携(ドラッグトピックス)
07/10/13 GE医薬品への変更率は20%以下(ドラッグトピックス)
07/10/13 キンカン エンド陳列でコンクール(ドラッグトピックス)
07/10/13 田辺三菱製薬が発足(ドラッグトピックス)
07/10/13 レデイ薬局 総合卸フジと資本・業務提携(ドラッグトピックス)
07/10/13 セルフメディケーション振興財団 シンポジウム開催(ドラッグトピックス)
07/10/06 第25回親和会フェア 新薬大手が初出展(ドラッグトピックス)
07/10/06 保険薬局協会とGE学会が10月にGE普及月間(ドラッグトピックス)
07/10/06 JACDS 登録販売者試験で支援(ドラッグトピックス)
07/10/06 セガミメディクス がん検診の紹介開始(ドラッグトピックス)
07/09/29 パルタックとコバショウ 来年4月に合併(ドラッグトピックス)
07/09/29 停電時の調剤に欠かせない「発電機」(ドラッグトピックス)
07/09/22 改定薬事法 DgS養成の登録販売者が異業種小売業に流出も(ドラッグトピックス)
07/09/22 厚労省 後期高齢者医療制度の骨子案提示(ドラッグトピックス)
07/09/22 アステムヘルスケア 第70回健康フェア開く(ドラッグトピックス)
07/09/15 CVS FC協会加盟12社で登録販売者試験に対応(ドラッグトピックス)
07/09/15 夏季商戦 猛暑で日焼け関連好調も低温の7月は振るわず(ドラッグトピックス)
07/09/15 JACDS 来年2月にDgSショー開催(ドラッグトピックス)
07/09/15 AJD 秋季フェアが売上高280億円(ドラッグトピックス)
07/09/08 小社調べ 薬学生の就職先は全体の38%が小売企業(ドラッグトピックス)
07/09/08 卸連調査 営業利益率が8年ぶりに1%台に回復(ドラッグトピックス)
07/09/08 全薬協 職能団体としての公益法人に移行へ(ドラッグトピックス)
07/09/08 アステムHC よんやくの薬粧事業譲り受け(ドラッグトピックス)
07/09/01 健康食品 秋冬の注目は「N‐アセチルグルコサミン」(ドラッグトピックス)
07/09/01 第一三共HC 日本初のしみ改善薬「トランシーノ」新発売(ドラッグトピックス)
07/09/01 ネグジット総研調査 後発品への変更率は19.2%(ドラッグトピックス)
07/09/01 日薬・中西会長 「3年後」に向けて誤りない対策を(ドラッグトピックス)
07/09/01 食品卸の国分が大木と東邦薬品と業務提携(ドラッグトピックス)
07/09/01 GSK サイトにインフルのパンデミック対策(ドラッグトピックス)
07/08/25 疲労回復ニーズで回復基調のビタミン剤市場(ドラッグトピックス)
07/08/25 日登協 「登録販売士」認定制度導入へ(ドラッグトピックス)
07/08/25 エスエス製薬・羽鳥社長 「キュティナ」に手ごたえ(ドラッグトピックス)
07/08/25 ノバルティスファーマ 乳がんテーマの映画を共同制作(ドラッグトピックス)
07/08/25 ハウス食品 ウコンクイーンが銀座をジャック(ドラッグトピックス)
07/08/25 小林製薬「熱さまシート」 夏季売上高が冬季逆転(ドラッグトピックス)
07/08/11 秋冬商戦に特徴あるOTC薬が続々上市(ドラッグトピックス)
07/08/11 十社会に同仁堂とイチワタが加盟(ドラッグトピックス)
07/08/11 旧AJD北関東ブロックがフォーラム(ドラッグトピックス)
07/08/04 日薬 参院選で藤井・常田両氏の議席失う(ドラッグトピックス)
07/08/04 小林製薬 秋の新製品10品目発表(ドラッグトピックス)
07/08/04 エステー 新製品28品目を発表(ドラッグトピックス)
07/07/28 新医薬品産業ビジョン スイッチOTC薬の開発促進を(ドラッグトピックス)
07/07/28 NPhAのファーマシーフォーラム 発表演題数予定上回る(ドラッグトピックス)
07/07/28 NPhAファーマシーセミナー 今年6月の参加者が1,000人突破(ドラッグトピックス)
07/07/28 北海道 最後の薬種商試験に170余人(ドラッグトピックス)
07/07/28 日登協 8月から準会員の募集開始(ドラッグトピックス)
07/07/28 アステムヘルスケアが9月に健康フェア(ドラッグトピックス)
07/07/28 秋田県の医薬分業率が75%に(ドラッグトピックス)
07/07/28 G&G 大阪で秋季展示会開く(ドラッグトピックス)
07/07/28 神戸薬科大 神大と教育研究で連携(ドラッグトピックス)
07/07/28 大衆薬協 「日本OTC医薬品協会」への改称了承(ドラッグトピックス)
07/07/28 ニュー・フォーマット研 市場創出で初のシンポ(ドラッグトピックス)
07/07/28 米・独・英のGEシェア 数量ベースで60%に(ドラッグトピックス)
07/07/28 エスエス製薬 「ドリエル」広告に臨床試験結果(ドラッグトピックス)
07/07/21 店頭指導に医療機関の検査値活用(ドラッグトピックス)
07/07/21 JACDS 初年度受験者3万人超に(ドラッグトピックス)
07/07/21 日薬調査 後発品への変更率は2.2%(ドラッグトピックス)
07/07/21 日本保険薬局協会 10月にGE医薬品促進月間(ドラッグトピックス)
07/07/21 奈良医大と同志社女子が包括提携(ドラッグトピックス)
07/07/21 大家協 中国での漢方薬販路拡大でセミナー(ドラッグトピックス)
07/07/14 CL 医療機器としての正しい知識の啓発を(ドラッグトピックス)
07/07/14 話題沸騰!ドラッグマガジン7月号「医薬品産業ランキング」(ドラッグトピックス)
07/07/14 厚労省 薬剤師需要2028年に28万人強(ドラッグトピックス)
07/07/14 ネグジット総研 薬剤師の就活実態を調査(ドラッグトピックス)
07/07/14 ツムラライフサイエンス 浴用剤は良好な睡眠に有効(ドラッグトピックス)
07/07/07 夏季特大号「生活者に伝えたい最新医学・薬学情報」(ドラッグトピックス)
07/07/07 ツルハHD 9億円の仕入れコスト効果も(ドラッグトピックス)
07/07/07 ライオン 「バファリン」の商標権取得(ドラッグトピックス)
07/07/07 小野薬品 米国投資会社の提案否決(ドラッグトピックス)
07/07/07 丹平中田 西部物流センターを開設(ドラッグトピックス)
07/07/07 大塚製薬 コーポレートシンボルを制定(ドラッグトピックス)
07/07/07 ツムラ 企業CMに桐島かれんを起用(ドラッグトピックス)
07/06/30 登録販売者試験 受験資格に1年の「実務経験」(ドラッグトピックス)
07/06/30 薬系小売業の万引被害 前年比64%増で業態別トップ(ドラッグトピックス)
07/06/30 藤井参議院議員 決起大会盛大に開く(ドラッグトピックス)
07/06/30 ロート製薬 加齢皮膚医学研究基金を設立(ドラッグトピックス)
07/06/30 モロオ 創業90周年祝賀会開く(ドラッグトピックス)
07/06/23 スギ薬局 無菌調剤設備で100店舗目指す(ドラッグトピックス)
07/06/23 上場製薬企業28社 海外展開好調で売上高増(ドラッグトピックス)
07/06/23 全家協加盟企業が共同で通信コスト削減策(ドラッグトピックス)
07/06/16 財務省向井課長 OTC類似薬の保険給付見直し4〜5年後に(ドラッグトピックス)
07/06/16 全薬協 登録販売者の囲い込みで組織存亡の危機(ドラッグトピックス)
07/06/16 登録販売者GL検討会 受験資格に実務経験を(ドラッグトピックス)
07/06/16 日本医薬品登録販売者協会 今年9月に設立総会開催(ドラッグトピックス)
07/06/16 医薬全商連 近藤会長9期目の続投(ドラッグトピックス)
07/06/16 小林製薬 顧客相談で報告書まとめる(ドラッグトピックス)
07/06/09 第29回POPコンクール マルナカ(香川)の百々氏が初の大賞(ドラッグトピックス)
07/06/02 56%の薬剤師会がファクスコーナー縮小へ(ドラッグトピックス)
07/06/02 保険薬局のジェネリック医薬品の備蓄増加(ドラッグトピックス)
07/06/02 日本新薬の新社長に前川常務内定(ドラッグトピックス)
07/06/02 富士薬品 2010年に売上高3,500億円目指す(ドラッグトピックス)
07/06/02 大木 売上高が前期比6.7%増の967億円(ドラッグトピックス)
07/06/02 メディ・パル コバショウとの統合には時間かかる(ドラッグトピックス)
07/06/02 AJD 大阪で全国大会開く(ドラッグトピックス)
07/06/02 医薬全商連 改定薬事法で厚労省に要望書(ドラッグトピックス)
07/05/26 製薬企業07年3月期決算 ヘルスケア事業で明暗(ドラッグトピックス)
07/05/26 田辺三菱製薬 2010年度に売上高4,800億円(ドラッグトピックス)
07/05/26 サントリー 類似商品に訴訟提起(ドラッグトピックス)
07/05/26 NPO法人登録販売者協会が発足(ドラッグトピックス)
07/05/26 日本保険薬局協会会長に三津原副会長(ドラッグトピックス)
07/05/19 歯止めかからないドリンク剤市場のシュリンク傾向(ドラッグトピックス)
07/05/19 PMDA サイト上でOTC薬添付文書の掲載開始(ドラッグトピックス)
07/05/19 大洋薬品 コミック版GE医薬品解説本発刊 (ドラッグトピックス)
07/05/12 大衆薬協 「日本OTC医薬品協会」に改称へ(ドラッグトピックス)
07/05/12 田辺製薬と三菱ウェル 合併契約書を締結(ドラッグトピックス)
07/05/12 葦の会4社 HC事業の統合で協議開始(ドラッグトピックス)
07/05/12 登録販売者試験GL検討会 実務経験めぐって紆余曲折も(ドラッグトピックス)
07/05/12 JR九州 ドラッグイレブンを買収(ドラッグトピックス)
07/05/12 アカカベ 1万人規模のフェア開催へ(ドラッグトピックス)
07/04/28 登録販売者への対応急ぐDgSチェーン(ドラッグトピックス)
07/04/28 登録販売者の積極雇用・養成が全体の8割(ドラッグトピックス)
07/04/28 見えてきた登録販売者試験の輪郭(ドラッグトピックス)
07/04/28 パルタック 大規模ハイテク物流センター竣工(ドラッグトピックス)
07/04/21 同一処方多く小売店困惑の睡眠改善薬市場(ドラッグトピックス)
07/04/21 都卸 大規模災害時の対策マニュアル作成(ドラッグトピックス)
07/04/21 キリン堂 2010年に年商1,300億円目指す(ドラッグトピックス)
07/04/21 日本保険薬局協会 新会長に三津原副会長内定(ドラッグトピックス)
07/04/21 バイエル薬品 統合で国内18位に(ドラッグトピックス)
07/04/14 ロート製薬 新研究所から初の新製品「セノビック」上市(ドラッグトピックス)
07/04/14 ツルハHD くすりの福太郎を完全子会社化(ドラッグトピックス)
07/04/14 セガミメディクスが山口の國廣薬品を子会社化(ドラッグトピックス)
07/04/14 セルフメディケーションと改定薬事法の認知率はパラレル(ドラッグトピックス)
07/04/07 春季特大号・5つの注目市場を分析(ドラッグトピックス)
07/03/31 アルフレッサHD・シーエス薬品が日本アクセスと業務提携(ドラッグトピックス)
07/03/31 全日本薬種商協会の新会長に櫻本副会長(ドラッグトピックス)
07/03/31 登録販売者試験の「受験資格」で意見分かれる(ドラッグトピックス)
07/03/31 丹平中田が商品フェア開催(ドラッグトピックス)
07/03/25 厚労省 登録販売者試験問題作成の「手引き」提示(ドラッグトピックス)
07/03/25 大木 春夏用健康食品棚割提案商談会を開催(ドラッグトピックス)
07/03/25 アステムヘルスケア 盛大に健康フェア開く(ドラッグトピックス)
07/03/18 「大衆薬」「改定薬事法」テーマに特集号発行(ドラッグトピックス)
07/03/10 GSK ヘルスケア事業で600億円目指す(ドラッグトピックス)
07/03/10 セガミ・セイジョー 統合に向け協議開始(ドラッグトピックス)
07/03/10 登録販売者協会が発足(ドラッグトピックス)
07/03/03 第19回ヒット商品賞・話題商品賞の表彰式詳報(ドラッグトピックス)
07/02/24 薬学部卒業生の就職先のトップは「薬局勤務」(ドラッグトピックス)
07/02/24 日本調剤 ファクス分業問題で薬剤師会を非難(ドラッグトピックス)
07/02/24 厚労省 登録販売者に必要な知識の具体例示す(ドラッグトピックス)
07/02/17 第一三共HC 2015年に売上高1,000億円目指す(ドラッグトピックス)
07/02/17 丹平中田・パルタック展示会 新提案で注目集める(ドラッグトピックス)
07/02/10 エステー化学の新社長に小林専務が昇格(ドラッグトピックス)
07/02/10 田辺と三菱ウェルが合併合意書を締結(ドラッグトピックス)
07/02/10 サンキュードラッグ平野社長 早期に「第1類医薬品」の開発を(ドラッグトピックス)
07/02/03 NPhAのファーマシーセミナーが好評(ドラッグトピックス)
07/02/03 日本保険薬局協会が賀詞交歓会開く(ドラッグトピックス)
07/02/03 クォールとメディカルファーマシーが業務提携(ドラッグトピックス)
07/02/03 レジ袋の排出抑制義務化でDgSも有料化の検討を(ドラッグトピックス)
07/01/27 ロート製薬 男性化粧品「オキシー」好調(ドラッグトピックス)
07/01/27 DgSショー 生活者への情報発信の場に(ドラッグトピックス)
07/01/27 厚労省 GEの同等性でメーカーに指導(ドラッグトピックス)
07/01/27 新生会 会員数90店獅ナ箴綛10億円死守(ドラッグトピックス)
07/01/27 アライドハーツHD 社内体制の改革急ぐ(ドラッグトピックス)
07/01/27 NPhA会員 ファクス処方せんの手数料12億円超に(ドラッグトピックス)
07/01/20 明治製菓・医療用事業 感染症と中枢神経系に注力(ドラッグトピックス)
07/01/20 明治製菓・健康事業 08年度に年商500億円達成へ(ドラッグトピックス)
07/01/20 直販協・佐藤会長 薬事法改定で意見具申(ドラッグトピックス)
07/01/20 東邦薬品・濱田社長 氏コ勸C凌祐嵶篭砲瓩燭、獅@淵疋薀奪哀肇團奪D后ヒ
07/01/20 大衆薬協・伊部会長 改定薬事法はビッグチャンス(ドラッグトピックス)
07/01/20 ノバルティスのOTC薬事業参入で再燃するM&A(ドラッグトピックス)
07/01/15 東薬工・樋口会長 薬価の毎年改定に強い懸念(ドラッグトピックス)
07/01/15 キリン堂 来期の売上高1,000億円達成へ(ドラッグトピックス)
07/01/15 家庭薬・新年互礼会 最大の課題は改定薬事法への対応(ドラッグトピックス)
07/01/15 花粉少なめも高機能マスク中心に予防グッズの充実を(ドラッグトピックス)
07/01/06 十社会 くすりの福太郎とは従来の関係困難(ドラッグトピックス)
07/01/06 パルタックとコバショウが統合協議へ(ドラッグトピックス)
07/01/06 2007年も主役≠ヘ改定薬事法(ドラッグトピックス)
06/12/26 第19回ヒット商品賞・話題商品賞が決まりました(ドラッグトピックス)
06/12/26 ドラッグトピックス新年特大号が発行されました

[ ページ最上部へ ページ最上部へ ]

ことぶき

17/10/10 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年11月号【巻頭提言/“小分け掃除”でラクに効率よく】■今年もあと、3か月足らず。そろそろ、身の周りをきれいにしておきたいものです。特にシニアは、大掃除ではなく、“小分け掃除”を心がけてください。ラクをしながら、効率よく、少しずつ、きれいにしていく方法です。すぐに実践できる、小分け掃除の極意をご紹介します。
17/10/02 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年11月号【おクスリ屋さんへ行こう/胃から元気になる】■季節の変わり目や年末年始は、胃の痛みや胸やけなどを感じる人も増えてきます。まずは、食べ過ぎ・のみ過ぎに注意することです。胃に不調を感じたときは放っておかず、おクスリ屋さんの店頭で相談して、早めに胃腸薬で対処を。適切な胃腸薬を選び、冬に備えて胃から元気になりましょう!
17/09/25 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年11月号【中高年のための医薬最前線/肺炎球菌感染症】■かぜやインフルエンザの2次感染として心配される肺炎。高齢者の場合、命にかかわることもあるだけに軽視をしないことが大切です。肺炎予防のために、65歳になったら肺炎球菌ワクチンの接種を。最新の治療法とともに、おクスリの解説、養生法についても詳説していきます。
17/09/19 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年11月号【イキイキ生活応援/スキンケアを】■風が冷たくなってくると気になるのが、肌の乾燥。気温・湿度の低下だけでなく、過度の疲労なども影響を与えます。保湿作用ある化粧品の選び方、使い方とともに、健やかな肌のための生活術についても詳説を。
17/09/11 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年10月号【日本人の元気/100歳女性医師の知恵に学ぶ】■煖エ幸枝医師は、昨年100歳を迎えました。階段の上り下り、和食中心の食生活、生きがいとしての趣味など、小さなことを積み重ねる大切さを唱えています。すべての人に伝えたい知恵のご一読を。
17/09/04 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年10月号【健康パトロール/今から始める耳鳴り対策】■中高年に限らず、20〜30歳代でもよく悩まされる症状の一つに、耳鳴りが挙げられます。改善するためには、それぞれに異なる原因を見極めて、対処していかなければなりません。耳鳴り対策のポイントを、具体的に、かつ分かりやすく解説していきます。
17/08/28 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年10月号【中高年のための医薬最前線/成人ぜんそく】■ 秋は、ぜんそくが出やすい季節です。大人になってから発症するケースも多々あります。高齢者は重症化しやすく、命にかかわることもあるため軽視できません。最新の治療法にはじまり、おクスリの解説、養生法についても詳説していきます。
17/08/21 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年10月号【巻頭提言/生活習慣病を予防する】■生活習慣病で悩まないためには? まずはバランスのとれた食事をとり、自分の体力に合った運動を行うことが大切です。さらに、禁煙を心がけるようにしましょう。本誌では、生活習慣病への対処と予防について分かりやすく解説、今日から実践できる具体的な方法を紹介していきます。
17/08/17 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年9月号【超高齢社会を生きる/秋を元気に過ごすセルフケア】■天候不順な日が続いており、“何となく、調子が悪い”という人も多いのではないでしょうか? 夏バテで、からだの調節機能が落ちている状態なのかもしれません。体温の調整をスムーズにしてくれる生薬などをのんで、体調を整えてください。この時季に合った、養生法をご紹介していきます。
17/08/07 ■『月刊ことぶき』2017年9月号【最新ヘルスアップ・ガイド/今日からセルフメディケーション】■健康寿命延伸のために大切なのが、セルフメディケーション。東京薬科大学薬学部・渡辺謹三教授は、「安易な自己判断は禁物。おクスリ屋さん店頭で、最新の正しい健康情報を得てください」と指摘を。本特集では備えておきたいOTC医薬品なども紹介、今日からの元気のためにお役立てください。
17/07/31 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年9月号【巻頭提言/目を元気に保つ】■目の調子が悪いと、生活も不自由になります。白内障などの目の疾患を放っておくと、失明する可能性も。目を元気に保つため、普段から緑黄色野菜や青魚を積極的に食べる、また直接光は避けるなどしてください。今日からできる、目の健康法を伝授していきます。
17/07/24 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年9月号【中高年のための医薬最前線/B型肝炎】■B型肝炎は、かつては母子感染がほとんどでした。しかし、近年、性交渉などでうつるケースが、若者を中心に増加を。肝硬変や肝がんへの進行を防ぐため、40歳を過ぎたら、1度は肝炎検査をしましょう。本誌では、最新の治療法とともに、養生法も詳説しています。
17/07/18 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年8月号【巻頭提言/ロコモティブシンドロームを予防!】■ロコモティブシンドローム(運動器症候群)は、介護が必要となる寝たきりにもつながる可能性が。骨や関節、筋肉などが衰えていくと、立ち上がることさえ、難しくなってしまうのです。シニア世代の人は、早足を取り入れたウオーキングなどを行い、予防に励みましょう。食生活の目安も掲載した本特集を、指針としてください。
17/07/10 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年8月号【日本人の元気/最期の日々を普通に】■人の死を悼む夏。終末期医療にも携わって来た種村健二朗医師曰く、「死期が迫り、苦しくても、普段どおりに暮らすことはできます」と。死からの解放を静かに、確かに語っていただきました。
17/07/03 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年8月号【健康パトロール/夏の虫刺され・かゆみ対策】■夏は汗をたくさんかき、虫も活動的になるため、くれぐれもご注意を。もし刺されたら、どのような虫だったかを、しっかり確認してください。そうして、すぐに患部を洗い流し、冷やすことが大切です。すぐに役立つ、夏の虫刺され・かゆみ対策を詳説します。
17/06/26 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年8月号【中高年のための医薬最前線/皮膚がん】■日差しが強い時季です。日焼け予防は美容的側面だけでなく、皮膚の健康を保つためにも重要に――。実は、皮膚がんの中で、日本人に最も多い基底細胞がんは、紫外線による日焼けが一因と考えられているのです。最新の治療法とともに、養生法についても詳説していきます。
17/06/19 ■□■『月刊ことぶき』2017(平成29)年7月号【日本人の元気/一病息災術】■□■ヘアカットコンテストで、日本チャンピオンに輝いた武知絹子さん。実は、大病を患い、克服を。一病息災で明るい日々を過ごしています。ご専門である夏の髪のお手入れに関してもアドバイスしてくださいました。
17/06/12 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年7月号【最新の胃がん予防】■胃潰瘍、慢性胃炎などの原因といわれるピロリ菌。感染が判明したら早めに除菌治療を。実は、胃がんの発生を抑えます。治療で使われる抗生物質への耐性菌の出現で成功率が低下する中、注目されている方法も。最新の胃がん予防、ピロリ菌の除菌治療について詳説していきます。
17/06/05 ■□■『月刊ことぶき』2017(平成29)年7月号【健康パトロール/目の健康を守る】■□■目へのダメージは酷使・加齢、またアレルギーでも蓄積されていきます。そこで、「予防意識を持って、セルフケアを」と大阪府薬剤師会常任理事の道明雅代先生。意外と知られていない正しい点眼法に関しても、詳説を。
17/05/29 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年7月号【中高年のための医薬最前線/食道がん】■食道がんは、初期に自覚症状がほとんどなく、進行してから発見されることが多いとされます。それだけに、人間ドックなど、健康診断は定期的に受けることが大切です。最新の治療法とともに、養生法についても詳説していきます。
17/05/22 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年7月号【巻頭提言/シニア世代のマネー術】■シニア世代は、定年などがあり、収入が減少する傾向に。そこで、生活費を見直し、上手にお金を生かす工夫が大切です。暮らしを楽しみながら、節約ができて、かつ健康にもいい、ことぶき流健やかマネー術をご紹介します。
17/05/15 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年6月号【口腔ケアの基本】■口腔ケアは、全身の健康にとっても重要です。石川薬局八幡店店長・宮原秀樹先生は、「唾液量のアップが大切」と指摘しています。心がけたい、たった3つのポイントも含め、詳説を。
17/05/08 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年6月号【中高年のための医薬最前線/爪白癬】■白癬とは水虫のことです。足の水虫を放置しておくと、爪にまで白癬菌が侵入し、爪が変色・肥厚を。原因の多くは、家庭内感染。子どもや孫の世代にまで引き継がないためにも、適切な治療が必要です。最新の治療法とともに、暮らし方についても詳説していきます。
17/05/01 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年6月号【おクスリ屋さんへ行こう/善玉菌を増やして腸内環境を整える】■腸内環境が乱れると、特に病気でなくても、おなかの調子が悪くなることがあります。善玉菌よりも、悪玉菌のほうが多くなっているのかもしれません。健康を保つため、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。本特集では、日ごろから、腸内環境を整えるポイントを、分かりやすく解説していきます。
17/04/24 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年6月号【ヘルシーライフ/尿トラブルは1人で悩まない】■尿トラブルは、誰にも相談できず、1人で悩んでいるケースが多いもの。心配なあまり、生活を楽しめないという人のために、吸水性の高いパンツや尿とりパッドなどの、失禁用品も充実しています。本特集を参考にして、おクスリ屋さん店頭で恥ずかしがらず相談してください。
17/04/17 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年5月号【口腔ケアで全身も健康に】■健康寿命延伸のために、「口腔内の健康を」と指摘されています。アポロ歯科衛生士専門学校の教務主任・荒木久美子先生は、「歯周病が、糖尿病や心臓疾患にも悪影響を」と。口腔ケアの具体的な方法について、隔月連載でご紹介していきます。
17/04/10 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年5月号【ヘルシーライフ/子ども専用のおクスリ箱を備える】■お子さんやお孫さんの健康を守るために、日ごろから、“子ども専用のおクスリ箱”を備えてください。そうして、生活の様子を注視して、いつもと違う状態であれば、ゆっくり休ませること。健やかな成長を支援する特集です。
17/04/03 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年5月号【超高齢社会を生きる/歌って健康になる!】■歌うことが、健康によい影響を与えることは、よく知られています。本企画では、音楽をとおして、楽しみながら健康づくりに寄与していく方法をご紹介。元気が湧いて、人生を豊かにする、音楽の力を感じてみてください。
17/03/27 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年5月号【巻頭提言/人と上手につき合うコツ】■人生を豊かにする、いい人とのつき合い。身構えずに、心の壁を取り払い、自然体で相手の話を聴くことが基本です。今日から試したくなる、人と上手につき合うコツを伝授します。
17/03/21 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年5月号【ことぶき美肌講座/紫外線対策を】■暖かくなってくると、気になるのが紫外線による肌へのダメージ。シミ、そばかすだけでなく、老け顔の原因となる肌のたるみも引き起こします。そこで、紫外線対策を。本特集では、紫外線によるダメージを防ぎながら、日中を活動的に過ごすための方法を詳説していきます。
17/03/13 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年4月号【ヘルシーライフ/店頭で相談して更年期対策】■更年期を迎えると、さまざまな症状が現れやすくなります。思い当たることがあれば、気軽におクスリ屋さんでご相談ください。悩みを話すだけでも、気持ちがラクに。本特集では、更年期を健康的に過ごす方法をご紹介していきます。
17/03/06 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年4月号【日本人の元気/つながりの大切さ】文教大学人間科学部・今野義孝教授。心身の緊張を緩め、調和的な体験を支援する動作法を広めて来られました。「心は、からだによって支えられています」と明言を。心身が響き合う方法も詳説していただきました。
17/02/27 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年4月号【中高年のための医薬最前線/子宮体がん】■子宮頸がんよりも多い、子宮体がん。早期に発見されやすく、予後の良いがんといわれています。閉経前後の女性で不正出血が続くようならば、子宮体がんを疑って医療機関で受診を。本号では、最新の治療法とともに、養生法についても詳説していきます。
17/02/20 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年4月号【巻頭提言/ストレスと上手につき合う】■誰でも、何らかのストレスを抱えているものです。なかなか、なくすことはできません。しかし、上手につき合えば、軽くすることも可能です。本号では、心を元気にしていく方法についてご紹介を。
17/02/13 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年3月号【超高齢社会を生きる/春を元気に過ごすセルフケア】■春先は、寒暖の差が激しく、花粉飛散が多い時期でもあります。外出時にはマスクとメガネの着用を。マスクは使い回さず、帰宅時には玄関先でビニール袋へ入れ、そのまま捨てるようにしましょう。本号では、大切なセルフケアの方法を、具体的に詳説していきます。
17/02/06 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年3月号【イキイキ生活応援/今からダイエットを】■まだまだ寒いものです。とはいえ、薄着による自分の体型が気になる時季も、もうすぐ。そこで、正しいダイエットを。午後3時以降の甘いお菓子と、果物は控えることからスタートしてください。本誌では、太りにくい生活を身に着けるためのポイントについて、詳説しています。
17/01/30 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年3月号【おクスリ屋さんへ行こう/強心薬でどうき・息切れに対処】■不意に起こる、どうき・息切れに悩んでいる人は、少なくありません。日々の養生のために、まずは肥満にならないよう、腹八分目を実践すること。そうして、症状があらわれたときには、おクスリ屋さんで相談を。強心薬に配合されている生薬が、心臓に働きかけ、呼吸をラクにしてくれます。
17/01/23 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年3月号【中高年のための医薬最前線/過活動膀胱】■加齢とともに、お悩みの方が増える過活動膀胱。突然の尿意や頻尿で困ったら治療を。症状の改善には、膀胱訓練や骨盤底筋体操を併せて行うことも大切です。最新の治療法とともに、おクスリの解説、養生法などについても詳説しています。
17/01/16 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年2月号【中高年のための医薬最前線/くも膜下出血】■経験したことのないようは激烈な頭痛が特徴のくも膜下出血。症状が現れたら一刻も早く専門機関へ。本号では、最新の治療法とともに、予防のための暮らし方や、発症してマヒがある場合のリハビリテーションについても詳説しています。
17/01/10 ■□■『月刊ことぶき』2017(平成29)年2月号【快適健康ライフ/花粉を避けてハツラツと】■□■花粉症が心配な季節になってきました。今春の飛散状況は、東日本については、昨春と比較して少なめか同じくらい、西日本については、昨春より多くなる予測です。本企画では、詳しい花粉飛散予測と、今日からできる予防法をご紹介しています。
17/01/05 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年2月号【日本人の元気/阿部絢子先生に聴く“元気に働き続ける”】■家事研究の第一人者・阿部絢子先生。現在、薬剤師としても活躍中です。生涯元気に働き続けるコツから、老いとのつき合い方まで、お話しいただきました。
16/12/26 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年2月号【おクスリ屋さんへ行こう/便秘対策】■運動量の減少で、冬は便秘がちに。まず、ウオーキングなどでからだを動かし、食物せんいや発酵食品を多くとることで腸内環境を整えましょう。便秘薬のご利用も。本号では、便秘対策について詳説していきます。
16/12/19 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年2月号【巻頭提言/足から健やかになる】■足を健康に保つことは、からだ全体の健康にも寄与します。本号では、歩くだけではなく、アキレス腱をしっかり伸ばすなど、具体的に何を、どうすればいいのか、ご紹介を。健康作りの基本をぜひ、実践してください。
16/12/12 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年1月号【日本人の元気/堀口貞夫医師に聴く】■「高齢者は、1週間寝ているだけで筋力が低下を」と、ベテランの産婦人科医師。そこで、入院中でもできる体操など、具体的な方法も含め、健康法を語っていただきました。
16/12/05 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年1月号【おクスリ屋さんへ行こう/発熱・痛みに解熱鎮痛薬】■不意な発熱が心配な季節です。また、頭痛になる人も増えます。からだを冷やさないように注意し、温かい食事を心がけ、日ごろから血流をよくしておくことが大切です。新年早々の憂うつな発熱・痛み対策をご紹介していきます。
16/11/28 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年1月号【巻頭提言/新年から脳をイキイキと】■認知症予防のためには、地域の活動に参加することが大切です。家事のマンネリ化を避け、工夫を凝らすことも重要。新年号では、脳を活性化させる方法を具体的にご紹介していきます。
16/11/21 ■『月刊ことぶき』2017(平成29)年1月号【中高年のための医薬最前線/心不全】■寒さが一段と厳しくなってきました。急激な気温の低下は心臓に負担をかけ、心不全を起こしやすくします。高血圧と診断された方や、心筋梗塞を起こしたことがある方などは、特に注意が必要です。最新の治療法とともに、養生法も詳説していきます。
16/11/14 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年12月号【おクスリ屋さんへ行こう/かぜ予防は手洗い・うがいから】■かぜの予防は、日ごろの心がけが肝心です。手洗い・うがいを励行し、外出時にはマスクの着用を。室内の湿度は、60%程度に保つことも忘れずに。生活上の具体的なアドバイスも含め、今からできる予防法を、詳説していきます。
16/11/07 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年12 月号【中高年のための医薬最前線/慢性膵炎】■飲酒の機会が増える12月。肝臓ばかりでなく、実は膵臓もダメージを受けています。飲酒は適量を心がけ、週に1度は‟休膵日”を設けましょう。最新の治療法とともに養生法も詳説していきます。
16/10/31 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年12月号【日本人の元気/大らかに暮らす】■□■産婦人科医・堀口雅子先生に聴く“元気な老い支度”。「使わないと、身体能力は落ちていきます。年齢相応のことを」と、その極意を。中高年必読の健康羅針盤です。
16/10/24 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年12月号【巻頭提言/ポイント別・冬の健康維持法】■□■朝晩、肌寒く感じることが多くなりました。手首・首・足首の“3首”を冷やさないようにして、インフルエンザ等の予防接種を忘れずに受けてください。すぐに実践できる、冬の健康維持法をポイント別にご紹介していきます。
16/10/17 【新刊案内】 応援! 家族のヘルシー&ハッピーライフ 『健康家計簿2017』 発売中!
16/10/17 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年11月号【中高年のための医薬最前線/萎縮性腟炎】■□■女性のホルモン減少で起こるデリケートゾーンの乾燥。実は多くの女性が悩んでいます。減少したエストロゲンを補って改善を。性交時の不快感・痛みの緩和には、潤滑ゼリーのご使用をお考えください。最新の治療法とともに養生法もご紹介していきます。
16/10/11 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年11月号【イキイキ生活応援/冬の乾燥肌対策】■□■寒くなってくると気になるのが、肌の乾燥。対策は、加湿器で湿度を保ち、手浴・足浴で、からだの末端から温めて血行促進をすること。本特集では、スキンケア製品の選び方・使い方、食事法についても詳説しています。
16/10/03 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年11月号【胃から健やかになる】■□■間もなく年末年始。 “満腹になるまで食べる”、“食事を抜く”、“早食いをする”などは、胃にもよくありません。いずれにせよ、胃に不調があれば、おクスリ屋さんで、ご相談を。本号では、胃から健やかになる方途を指し示します。
16/09/26 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年11月号【巻頭提言/心に不安を持つ人とともに生きる】■□■ストレスや病気などにより、不安を持つ人が増え続けている状況です。当事者が休養や治療をしながら、安心して暮らせるよう、周囲の人たちの接し方が重要になります。家族や友人なども、当事者と一緒に考えながら、よい方向へと進むようにしていきたいものです。本企画では、心に不安を持つ人々が集まる場所づくりを行う、精神保健福祉士の松浦幸子先生に、具体的な心構えなどについてうかがいました。
16/09/20 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年11月号【日本人の元気/天気を読む】■□■気象は健康と深い関係に。とはいえ、暮らしに活かされるところまではいっていません。「毎日、天気予報と接して、読み解くこと」とは、立正大学・広島大学の福岡義隆名誉教授。明日の“元気予報”の一読を。
16/09/12 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年10月号【中高年のための医薬最前線/肝臓がん】■□■肝炎ウイルスへの感染が主な原因となる肝臓がん。一生に1回は肝炎ウイルス検査を。ご自分がウイルス保有者であるかどうか知ることが、予防の第一歩です。最新治療法とともに、養生法も紹介していきます。
16/09/05 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年10月号予告■【日本人の元気/超高齢社会の性】さまざまに取り沙汰されている中高年の性――。「性は本来、やさしく、やわらかいもの」と性教育に長年携わってきた村瀬幸浩氏。「今や大人への性教育が急務」とも。性問題の解決策を開示していきます。ご一読を。
16/09/05 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年10月号【シリーズ超高齢社会を生きる/認知症の方の役を演じ考えていく】■認知症の方の介護に、悩んでいる方々も多いのではないでしょうか。ときには、当事者の立場となって考えることも、必要となります。そこで、認知症の方の役を演じて、よりよい対応の方法を研究しているのが、特定非営利活動法人アビリティクラブたすけあいSPSD研究会です。講座や研修でグループワークを行い、さまざまな意見を出し合って、日ごろの介護現場で実践していくことができます。その試みをご紹介!
16/08/22 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年10月号【巻頭提言/自分で始める生活習慣病対策】■生活習慣病は、他の病気にも大きな影響を与える恐れがあります。正しい対策をとるためには、体重や血圧の測定など、自分で行える健康管理が重要です。そこで、巻頭提言では、具体的な方法を詳説。本誌で掲載している、『自分で健康管理!』へ毎日記入することも、一助となります。日々の体調変化には、十分配慮していきましょう。
16/08/18 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年9月号【最新ヘルスアップガイド】■健康寿命延伸のためには、「まず、自分の健康は自分で守ること」と東京薬科大学薬学部・渡辺謹三教授。「ただし、安易な自己判断は避けましょう」とも。本号では、おクスリから健康増進アイテムまで、紹介していきます。
16/08/08 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年9月号【おクスリ屋さん発・いざというときに備える】■近年、東日本大震災や熊本地震などの、大きな災害が続いています。普段の健康相談はもちろんのこと、災害時にも、おクスリ屋さんは頼りになる存在です。店頭で地域の健康を守り続けているおクスリ屋さんからの、“いざというときに備える!”ためのメッセージをお寄せいただきました。日ごろの防災に、お役立てください。
16/08/01 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年9月号【超高齢社会を生きる/認知症カフェで楽しい物作り】■ゆっくりおしゃべりをしながら、さまざまな人たちと触れ合うことができる認知症カフェ。今回は、症状がある人でも、自分で小物作りを楽しめる、『Dカフェ リハビリ工房』をレポートしました。昔の記憶が呼び起こされ、コースターなどをイキイキと作る姿も。和気あいあいとした空間となっています。
16/07/25 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年9月号【減災・防災の心得】■いつ、どこで、何が起こるか分からない災害。日ごろから、万が一の事態に備えておくことが重要です。まずは、避難場所まで歩いて、複数のルートを確認しておきましょう。いざというときに持ち出せる、『減災バッグ』も準備しておくことです。本特集で詳説しています。
16/07/19 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年9月号【中高年のための医薬最前線/結核を治す】■かつては不治の病とされていた結核。現在では、治療法が確立されており、完治可能な病気です。最新治療法とともに、早期発見のポイント、感染予防について詳説していきます。
16/07/11 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年8月号【巻頭提言/自分で予防!  ロコモティブシンドローム】■骨や筋肉、関節などの運動器が衰える、ロコモティブシンドローム。立ち上がったり、歩いたりすることさえ、困難になるケースも。予防のために、からだを普段から積極的に動かし、たんぱく質やカルシウムなどの摂取を心がけましょう。 
16/07/04 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年8月号【熟年世代のための医薬最前線】■閉塞性睡眠時無呼吸症候群について徹底解説。睡眠不足や居眠りなどで、日常生活に支障をきたすだけでなく、生活習慣病とも関連を。最新治療法とともに、養生法も紹介していきます。
16/06/27 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年8月号【自分に合った健康食品を】■食生活の問題は今も、大きな問題です。栄養過多の一方、低栄養の現状も。そこで、適切な健康食品が大切になってきます。基本的知識から最新の話題まで、一挙紹介。
16/06/20 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年8月号【夏の危険を避ける】■夏は活動的になる一方で、危険も多い時期です。そこで、夏の危険を避ける方法を一挙ご紹介! 肉には必ず火をとおすなど、、食中毒を予防することも大切です。
16/06/13 ■『月刊ことぶき』2016(平成28)年7月号【巻頭提言/夏を乗り切る!】■夏の養生法は、水分補給を習慣にすることが第一です。クーラーの当たり過ぎや、冷たい物のとり過ぎにもご注意を。運動は、涼しい時間に軽く行いましょう。薬剤師・佐谷圭一先生の提言をお贈りいたします。
16/06/06 ■『月刊ことぶき』7月号【日本人の元気】■メールで、心の相談に応じている山本晴義医師。すでに8万件を超えたといいます。心の健康を保つための『ストレス一日決算主義』に関して、うかがいました。
16/05/30 ■『月刊ことぶき』7月号■尿路結石症について、徹底解説。水分不足になりがちな夏に発症しやすことから、注意点を含め、詳説をしています。
16/05/23 『月刊ことぶき』7月号では、夏の発熱・痛みの対処法に関して、詳説を。解熱鎮痛薬手帖として、お役立てください。
16/05/16 『月刊ことぶき』6月号では、腰部脊柱管狭窄症について、徹底解説。加齢が影響しており、早めの対処を訴えています。
16/05/09 『月刊ことぶき』6月号では、作家で、『定年塾』を主宰する西田小夜子さんが、長きにわたる定年後の暮らし方をアドバイス。ご一読を。
16/05/02 『月刊ことぶき』6月号では、これからの時季、一段と気になる腸の健康に関しても特集を。ご一読ください。
16/04/25 『月刊ことぶき』6月号では、薬剤師・山口敦史先生が、口腔ケアについてアドバイスを。ご期待ください。
16/04/18 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年6月号【巻頭提言 人と触れ合い不安をため込まない】■□■環境の変化や心身の不調が、うつの原因になることがあります。「まず、睡眠がしっかりとれているかがポイントです。眠りが浅かったり、夜中に何度も起きたり、早朝に目覚める等のことがあれば、心配ですね」と臨床心理士の菅野泰蔵先生。「さらに、食欲がない、憂うつな気分が続く、趣味に興味がなくなる等に心当たりがあれば、専門家に相談したほうがいいでしょう」とアドバイスします。うつを避けるために、できるだけ人と触れ合うようにして、不安をためこまないようにしましょう。
16/04/11 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年5月号【足のトラブルを改善】■□■足のトラブルで多いのが、水虫、外反母趾、ウオノメ・タコ。「軽く考えてはいけません」とは、薬剤師の金田仁孝先生。患部をかばって歩くうちに、正しい姿勢を保てなくなり、精神的に悪影響をおよぼすケースもあるといいます。「まずは改善に努め、正しい姿勢での歩行を」と呼びかけます。
16/04/04 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年5月号【備えて安心 子ども専用のおクスリ箱】■□■5月5日は、『子どもの日』。また、『くすりの日』でもあります。お子さんやお孫さんの健康を守るために、子ども専用のおクスリ箱を備えていますか? 「成長期の健康づくりには、早寝早起きが基本です。朝起きて、太陽の光を、からだいっぱいに浴びれば、夜もぐっすり眠れるのです」と薬剤師の山本弘子先生。「子どものころから、栄養バランスに配慮した食事を心がけさせ、乳製品や発酵食品をしっかり食べてもらいましょう」とも。お子さんの健全なからだの成長のために、できるだけ手作り料理を食べさせてあげてください。
16/03/28 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年5月号【医薬最前線/胃潰瘍】■□■ストレスが原因といわれてきた胃潰瘍。実は、ピロリ菌が関係していることが明らかになっています。「ピロリ菌の存在が判明したら、まず除菌治療を行います」と、医師の上村直実先生。一方、治療薬の副作用による胃潰瘍もあります。「関節痛やリウマチ、心筋梗塞・脳梗塞などで、おクスリを服用している方は、注意が必要な場合も」(上村先生)。薬剤師の鈴木秀統先生は、ピロリ菌の除菌治療などで使用するおクスリについても詳説しています。
16/03/22 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年5月号【巻頭提言/旅先で心がけたいこと】■□■春が到来、行楽シーズンを迎えました。すでに、ゴールデンウイークの予定を立てている方もいらっしゃることでしょう。「誰もが旅行を楽しむために、マナーが重要です」とはマナーデザイナーの岩下宣子先生。「通路や出入口などで、固まったり、立ち止まったりせず、邪魔にならない場所で待ち合わせをしましょう」といいます。「お互いが不愉快な思いをしないよう、常に周囲への配慮を心がけてください」とも。旅を快適に楽しむため、観光地・宿泊先などでのマナーの基本について、分かりやすく解説していく特集です。
16/03/14 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年4月号【ヘルシー・ライフ/更年期を上手に乗り切る】■□■イライラ、どうき、むくみ、めまい、そして、ホットフラッシュ――。更年期障がいになると、さまざまな症状が現れて、生活に支障をきたすこともあります。「心が不安定になったら、まず深呼吸をしてみてください。自然に落ち着いてくるものです」と薬剤師の江良ヒロ子先生。さらに、「血液の流れが悪くなり、からだが冷えると、症状が現れやすくなるものです。血流の改善に役立つベニバナなど、自分に合ったものをとってみるのもいいでしょう」ともアドバイスを。更年期を上手に乗り切り、ハツラツとした日々をお過ごしください。
16/03/08 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年4月号【巻頭提言/ペットで健康寿命を延伸】■□■ペットは癒しを与えてくれると同時に、実は、健康寿命の延伸にも役立っているといいます。「犬や猫を膝の上に置いて撫でていると、人間の血圧が下がるという医学データがあるのです」と獣医師の兼島孝先生。ペットを飼うことで、家族内での会話が増え、1人暮らしの方でも、社会との接点が広がります。熟年世代が万が一、飼えなくなったとき、新しい飼い主を探してくれるネットワークもあるのだとか。いわば、安心して飼える環境が整ってきたのです。春本番の4月号では、ペット最新事情を詳説していきましょう。
16/02/29 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年4月号【特集/安眠はからだを温めることから】■□■「寝つけない」、「眠りが浅い」、「目覚めても、すっきりしない」といった睡眠の不調は、ストレス社会の中で、誰しも思い当たる悩みです。「不眠の根源は、“冷え”にあるのです」と、薬剤師の糸井佐津先生。また、過労や、不規則な生活リズムといった、身近なところから、睡眠障がいにつながっているケースも少なくありません。普段から、まずはからだを温め、免疫力をアップさせることが肝心です。
16/02/22 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年4月号【医薬最前線/軽度認知障害】■□■年を重ねると、誰もが物忘れしやすくなるものですが、いたずらな不安は禁物。ただし、行動そのものを忘れるようになると、注意が必要です。「正常と認知症の中間である軽度認知障害の段階で対処することですね。結果、認知症への進行を防ぐことができます」と、医学博士の朝田隆先生。予防の基本は食事、運動、知的刺激。「友人とウオーキングしながら、時事問題などをテーマに議論をするというのも一考です」(朝田先生)。薬剤師の鈴木秀統先生は、進行したとき服用することになる抗認知症薬や、おクスリ屋さん発の予防法ついて詳説しています。超高齢社会の道しるべとして、ご一読を。
16/02/15 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年3月号【今日から実践! ダイエット】■□■暖かくなり、薄着になると気になるのがスタイルですね。「おやつを食べない新しい習慣作りが大切です。おなかが鳴るのは当たり前と考えてください」。そう、薬剤師の西澤哲先生。空腹時に脂肪は燃焼するといいます。「食事は和食を基本に、バランスよくとること。運動は無理のない範囲で」(西澤先生)とも。ダイエットを成功させるための生活術について詳説していきます。
16/02/08 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年3月号【提言/空いた時間にできる『すき間ウオーキング』を】■□■いつも何気なく行っている、“歩く”こと。実は、間違った歩き方をして、腰や膝、足首などをいためる原因となっているケースが多いのです。「例えば、両足の幅が開いたまま、足を前に出すと、転びやすくなります。シニアの方に多いので、注意してください。1本線の上をたどるイメージで、歩くことです」と実践女子大学名誉教授の春山文子先生。猫背になっている、腰が曲がっている、おしりが出ているなど、「姿勢が悪い方も気になりますね」との指摘も。きれいな姿勢で歩くことも大切なのです。空いた時間に、『すき間ウオーキング』を行い、ハツラツと健康づくりに励みましょう。
16/01/26 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年3月号【特集/どうき・息切れには強心薬を】■□■何もしていないのに胸がどきどきする、少し動いただけで息が上がる――。 どうき・息切れは、心臓の働きが低下することが原因となっている場合が多いとされています。「気血の巡りが悪くなっていると、起こりやすくなりますね。特に寒い季節は、からだが冷えていますので、くれぐれも注意が必要です」と薬剤師の永島和明先生。「早めにおクスリ屋さんで相談して、生薬を含む強心薬で対処を」とアドバイスします。普段から、からだを温める食事と、適度な運動の実践が大切なのです。
16/01/18 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年3月号【巻頭提言/脳ストレスに負けない生活】■□■パソコンやスマートフォンなどが普及し、人間関係が複雑化するにつれ、脳にストレスがかかる機会が増えています。「脳が疲れて、うつや強迫性障がい、過呼吸などの症状に悩まされる人が。不眠になる人も多いのです」と医師の有田秀穂先生。「毎日、太陽の光を30分ほど浴びて、脳内のセロトニン分泌を促進させましょう。自律神経がよい方向に調整され、朝からスッキリします」とアドバイスを。脳が元気になるコツを伝授します。
16/01/12 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年2月号【便秘対策】■□■寒い日が続いています。運動不足や冷えから、便秘を起こしがちなときです。「野菜だけでなく、肉も、食物せんいが豊富な食品です。便の出をよくするために、脂肪分とあわせて、適度にとりましょう」。そう、薬剤師の山下厚子先生。「ぬるめのお風呂で、からだの芯から温まれば、胃腸の働きがよくなり、排便もうながされます」(山下先生)とも。それでも、つらいときには、OTC医薬品で対処を。本特集では、快腸のための生活術について詳説しています。
16/01/05 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年2月号■□■【花粉を避けて快適ライフを】間もなく、本格的な花粉飛散のシーズンに入ります。「今春は、昨春よりも全国的に飛散量が多く、特に東日本では厳重な注意が必要です」と理学博士の佐橋紀男先生。「まず、今のうちから、外出時には、マスクとメガネを着用しましょう。旬の食材を使った手作り料理を食べて、適度な運動を続けることも大切です」とは医学博士の大久保公裕先生。「さらに、規則正しい生活と、ストレスの解消も心がけてください」ともアドバイを。昨春、花粉症にかからなかった方も、油断大敵です。早めの予防・対処を怠らずに、初春を快適に過ごしましょう。
16/01/05 【新刊案内】応援!家族のヘルシー&ハッピーライフ「健康家計簿2016」絶賛発売中!
15/12/21 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年2月号■□■【冬を乗り切るワンポイントアドバイス】寒い日が続く冬は、元来、健康な方も、何かと心配ごとが増える季節です。室内と屋外の気温差が激しかったり、室内でも人がいない場所は冷え切っていたりすることも。「お風呂に入るときの、ヒートショックに気をつけてください。脱衣所もあらかじめ、温めておきましょう」。そう、薬剤師の佐谷圭一先生。さらに、外出が面倒だからと、家に引きこもる方が多く、運動不足だけでなく、心も沈みがちになることが。「ゴミ拾いをしながら、ウオーキングをしてみてはいかがでしょう? いい運動になり、環境美化にも役立ち、一石二鳥です」。『佐谷流ワンポイント健康法』を実践して、元気に冬を乗り切ってください。
15/12/14 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年1月号【医薬最前線/慢性腎臓病】■□■ご存じのように、腎臓は、体内を巡った血液を浄化して、老廃物を尿として排出させています。とはいえ、加齢や生活習慣病が原因で悪化することが。「自覚症状がほとんどありません」。そう、医学博士の木村健二郎先生。腎不全になると透析が必要になるばかりか、心血管疾患を誘発することも。「健康診断で尿たんぱくや血清クレアチニンの値に異常があれば、放っておかないことが大事です」(木村先生)。なお、薬剤師の鈴木秀統先生は、腎臓病のおクスリについて詳説しています。
15/12/07 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年1月号【巻頭提言/新年は笑いで健康作り】■□■“笑うことは、健康にいい”とは、ご承知のことでしょう。実際、そうした研究が行われ、よい結果も出ています。「笑ったあとには、食後血糖値の上昇が抑えられ、ナチュラルキラー細胞の活性度も適正になるのです」と東京家政大学家政学部・栄養学科・生化学研究室准教授の大西淳之先生。「人と会話をしたり、テレビや本などと接したりして、1日15分間、声を出して笑ってみてください。きっと、新年の健康作りに役立つはずです」ともアドバイスを。
15/11/30 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年1月号【新春トークエッセー/達人が伝授・元気に暮らす知恵】■□■今年も残すところあと1か月。新年を寿ぐ気持ちと、1つ年を重ねることに対して、複雑な気持ちになる方も多いことでしょう。「年をとることは、悪いことばかりではありません。感性が養われ、人脈もでき、今まで感じなかったような楽しみができるようになるのですから」。そう、薬剤師の宮本勝敏先生。「イキイキと過ごすために、まずは健康にも留意を。生活習慣の改善とともに、本当にいいものを取り入れてください」(宮本先生)とも。新しい年を楽しく過ごしていくためのアドバイスが満載です。
15/11/24 ■□■『月刊ことぶき』2016(平成28)年1月号【特集/冬の頭痛には要注意】■□■ 寒い季節になると、かぜを引いていないのに、頭痛に悩まされるときが増えるという方も――。「冷えが原因となるケースが多いのです。普段から、バランスのいい食事をしっかりとって、からだを温める工夫をしておきましょう」と薬剤師の元橋克先生。「どの部分が、どのように痛むか、いつから痛むかなどを、ご説明していただければ、適切な対応法をアドバイスができます」とも。まずは、店頭で相談することが大切です。
15/11/16 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年12月号【健康パトロール/貧血対策】■□■成人女性の2割に、貧血の疑いがあるといいます。「まずは食生活の改善が基本ですね」と、登録販売者の森秀樹先生。「食後のお茶は控えるなど、守っていただきたいことが」とも指摘を。OTC医薬品の上手な利用法も含め、貧血の徹底対策を詳説しています。
15/11/09 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年12月号【イキイキ生活術/関節痛対策】■□■寒くなってくると、関節痛で悩む方が一挙に増えます。「関節を保護している関節軟骨を再生させることが大切です」。そう、薬剤師の樋口茂靖先生。医薬品であるコンドロイチンを中心に、食事や健康食品でコラーゲンやグルコサミンなど、関節軟骨の成分をとる必要があるといいます。「運動やストレッチなどで血行をよくすることは、成分を患部に届きやすくすると同時に、筋力強化に役立ちます」(樋口先生)とも。そこで、本誌では、からだの内側から関節痛に対処する方法について詳説を――。
15/11/02 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年12月号【巻頭提言/被害をもたらす強風・大雨・大雪対策】■□■今年も、台風や大雨、竜巻など、災害の多い年でした。 気象の変動を考えると、心配は募るばかりです。「まず、わが家の危険度を知ることが大切。現在、住んでいる場所が、台風や大雨・大雪などに襲われた際に、どのような危険があるのか、しっかり認識する必要があるのです」と防災・危機管理アドバイザーの山村武彦先生は指摘します。さらに、「防災のためには、日ごろの、近所との関係も重要」と――。いざというときのために、周囲の人たちと助け合う、“防災ネットワーク”を作っておくことが求められています。
15/10/26 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年12月号【医薬最前線・エコノミークラス症候群をめぐって】■□■年末年始に海外旅行をする方や、遠方の実家へ帰省する方も多いことでしょう。さて、乗り物での移動で注意していただきたいのが、エコノミークラス症候群。「長時間同じ姿勢でいると、ふくらはぎに血栓ができることがあります。目的地について歩き出した際に、血流に乗って移動して肺閉塞を起こすのです」。そう、医学博士の丹羽明博先生。最悪の場合は、突然死することも――。「移動中には、ふくらはぎのマッサージや、足の運動を。定期的な水分補給も心がけてください」(丹羽先生)。なお、薬剤師の鈴木秀統先生は、エコノミークラス症候群の治療薬について詳説しています。
15/10/19 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年12月号【特集/かぜには早めの対応を】■□■朝晩の気温が低くなり、空気も乾燥、かぜを引いてしまう人が増えてきました。「手洗い・うがいの励行が予防の基本です。温かいものをとるようにして、からだを冷やさないようにもしてください」とは、薬剤師の保坂俊文先生。「かぜを引いてしまったときには、マスクの着用を。休養を心がけ、十分な睡眠時間も確保しましょう」とも。いずれにせよ、「早めに、店頭で気軽にご相談ください」と呼びかけます。
15/10/13 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年11月号【胃から健康づくり】■□■これからは、何かと忙しい季節に。会食の機会が多くなる一方、体調管理は二の次になりがちです。胃の調子が不安という方も多くなります。「まず、1日3食、規則正しくとることが大切です。特に、朝食を抜くと、長い時間、胃の中が空になり、結果、荒れやすくなります」とは薬剤師・小川重行先生。「夜、遅い時間に夕食をとる場合は、おかゆや雑炊など、消化のいい、温かいものをとりましょう」ともアドバイスを。何より、不調なときは放っておかずに、「店頭で相談して、早めに胃腸薬で対処することが大切です」と――。
15/10/05 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年11月号【熟年世代の交通安全】■□■熟年世代、とりわけ高齢者の交通事故での死者数は、各年齢層別と比べて、もっとも多くなっています。「歩行者は、“自動車が配慮してくれるだろう”という優先意識を捨てて、常に安全確認が必要です。また、自転車や自動車を運転するときには、歩行者の安全を確保し、交通規則を遵守してください」と、警視庁交通部管理官交通総務課課長代理・警視の藤本裕行さん。「交差点等では、それぞれが、お互いにアイコンタクトをとって、存在を知らせ合うことが大切です」と、注意をうながします。
15/09/28 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年11月号【今から実践! インフルエンザ予防】■□■インフルエンザが猛威を振るうシーズンが刻々と…。すでに、学級閉鎖が出ている地域も。「手洗い・うがいの励行が大切です。心配であれば、外出の際はマスクを着用してください」と薬剤師の谷澤靖博先生。「流行する前に、予防接種を受けましょう。できるだけ、人混みは避けるほうが安心です」とも。とにもかくにも、早めの対策が肝心です。予防法をはじめ、インフルエンザ対策を詳説していきます。
15/09/24 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年11月号【イキイキ生活応援! 今日からスキンケア】■□■夜になると、冷え込む時期を迎えています。肌の調子で、季節の移り変わりを実感することも。「寒さから血流が悪くなっています。そのため、栄養が肌まで行き届かず、バリア機能が低下している状態です」。そう、薬剤師の塩入祐子先生。「バリア機能を補うためにスキンケアを」と。「お手入れの基本は、保湿剤をつけること。お風呂上がりの、肌が湿っているときにつけることが大切です」とも。乾燥が気になる季節を、健やかな肌で過ごすためのスキンケアの方法について、本特集では詳説していきます。
15/09/14 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年10月号【健康パトロール/こりをほぐす】■□■首や肩のこりで悩む方は、多いものです。「原因はいろいろ。中には、内臓疾患からくる場合もあるので、侮らないこと」とは、鍼灸あんまマッサージ指圧師の千田純子先生。「高齢者の場合、マッサージで骨折する場合も。正しい対処法を身に着けてください」とも。そこで、本誌では、誰にでも安全で簡単なこりをほぐす方法を、詳説していきます。
15/09/07 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年10月号【医薬最前線/パーキンソン病】■□■発症すると手足が震えたり、動作がゆっくりになったり、筋肉がこわばったりするパーキンソン病。かつては、“発症したら10年後には寝たきりになる”といわれていました。「現在は、治療薬の進歩によって、長期に日常生活を維持できるようになってきています」。そう、医学博士の村田美穂先生。「特に高齢者の方は、年齢のせいと諦めずに、おクスリの服用や、リハビリを続けて、症状の悪化を防いでいただきたいですね」(村田先生)。なお、薬剤師の鈴木秀統先生は、パーキンソン病の治療薬について詳説しています。
15/08/31 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年10月号【手軽にできる災害時の料理】■□■いつ起こるか分からない災害。日ごろからの備えが大切です。ただ、非常食だけですと、栄養がかたよってしまうことにも。「電気ポットが使えるようであれば、『パッククッキング』をお勧めします」と管理栄養士の下浦佳之先生。電気ポットの中に、食材を入れたパックを入れておくだけで、おかゆやサバの味噌煮、肉じゃがなどが調理できます。「災害時には、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどが不足しがちに。調理ができる環境であれば、できるだけ、普段どおりの食事をするようにしてください」 と栄養補給の重要性を訴えます。本誌では、肝心の『パッククッキング』の手順に関しても詳説を。
15/08/24 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年10月号【生活習慣病を予防する生活法】■□■年々、増加傾向にある生活習慣病。高血圧、高脂血症、糖尿病、そして肥満症などは、多くの方がお悩みです。「糖分と塩分のとり方が、大きな原因となります。もちろん、とり過ぎはよくありません。そこで、摂取の方法にも工夫が必要です」と生活習慣病研究の第一人者である池田義雄先生。「例えば、塩分はここぞという料理に集中させて、あとは極力使わないことが重要です。発酵食品と食物せんいを、しっかりとることも、予防につながります」とアドバイスを。
15/08/17 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年9月号【日本人の元気/大切なトイレの話】■□■トイレから社会をよくしていく活動を続けてきた特定非営利活動法人日本トイレ研究所。東日本大震災後も、被災地のトイレをきれいにしようと、駆けつけています。「人を不安にさせるトイレは、トイレ失格です」とは、加藤篤代表理事。トイレと健康の関係についても、語っていただきました。
15/08/17 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年9月号【巻頭提言/災害時の栄養補給】■□■9月1日は、防災の日。災害は、いつ起こるか分かりません。日ごろから、備えておくことが大切です。「非常食は、普段から食べ慣れておきましょう。定期的に食べて、その分を補充しておく、ローリングストック法を実践してください」と、東日本大震災の被災地でも活動してきた、公益社団法人日本栄養士会の下浦佳之常務理事。災害時は、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養不足が目立つ状態になります。非常食を用意する際は、栄養面にも配慮することが重要なのです。
15/08/03 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年9月号【最新ヘルスアップガイド/今、実践! セルフメディケーション】■□■創刊以来、「自分の健康は自分で守る」ことを提唱してきた弊誌。本号では、東京薬科大学・渡辺謹三教授にご登場いただき、セルフメディケーションの重要性に関して、うかがいました。「やはり、生きがいが健康の要ですね」と、渡辺教授。なお、常備しておきたいおクスリから健康アイテムまで、一挙紹介!
15/07/27 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年9月号【医薬最前線/逆流性食道炎の最新治療】夏の暑さで、食欲減退という方が増えるときです。食後にいつも胸やけがするようであれば、逆流性食道炎かもしれません。「ピロリ菌の感染者が減少し、胃酸の分泌がよい人が増えていることから、患者さんは増加傾向にあります」。そう、医学博士の岩切勝彦先生。生活指導だけでよくなることもあるとのこと。「脂肪の多い食品を食べ過ぎない、暴飲暴食をしない、ゲップを控える、体重を減らすことなどが大切です」(岩切先生)。なお、薬剤師の鈴木秀統先生は、逆流性食道炎の治療薬について詳説しています。
15/07/21 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年9月号【脳を鍛えてイキイキと】■□■加齢とともに、脳が老化していくのは仕方ないと、あきらめている方が多いようです。「実は、人間の脳は何歳になっても、成長する可能性があります」と医師の加藤俊徳先生。「30歳から50歳までの間に、新鮮な情報に触れて脳をしっかり使い、成長させることが大切になります。脳を成長させれば、自然にからだもイキイキしてくるものです」とアドバイスを。達人が、脳を鍛えるコツを伝授していきます。
15/07/13 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年8月号【インタビュー/日本人の元気】■□■健康の基本は食――。「ただ、今や、過剰栄養と低栄養が混在する状況に」とは、神奈川県立保健福祉大学・中村丁次学長。「かつて、元気な高齢者は何でもいただいていた。示唆するものは大きいですね」とも。複雑化する食生活の羅針盤をうかがいました。
15/07/06 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年8月号【特集/今日からセルフメディケーション】■□■年々高まっているのが、セルフメディケーションの重要性です。「悩みがあれば、医療文化を体験できるおクスリ屋さんへ」とは、慶應義塾大学の中島恵美教授。アスカ薬局・佐谷圭一先生、フローラ薬局・篠原久仁子先生、マリー薬局・山下厚子先生、ホサカ薬局・保坂俊文先生も、それぞれの視点で、セルフメディケーションの大切さを訴えます。
15/06/29 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年8月号【特集・老後の備えは健康なうちに】■□■今は元気に暮らしているけれど、この先、何かあったときにどうしたらいいのだろう…。そうした悩みを抱えている方は多いものです。「要介護になったときに、まず、自宅で続けて暮らすのか、施設に入るのかを考えてください。自宅であれば、誰が介護をするのか、施設に入るのであれば、いくら必要なのか。健康なときにこそ、具体的に考え、準備しておくことが大切です」と、NPO法人トータルライフサポート理事長の三国浩晃先生。「安心して老後を楽しむために、備えるのです。どう生きたいかがはっきりしてきて、結果、周りとの人間関係を強めていく方が多くなるものです」と――。
15/06/22 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年8月号【巻頭提言/ロコモティブシンドロームを予防する】■□■ 近年、運動不足から、ロコモティブシンドローム、つまり運動器症候群になる高齢者が増加傾向にあります。「日ごろから、からだをしっかり動かすことが大切です。特に、筋肉を意識して使うようにしましょう」と整形外科の医師・泉田良一先生。「早足を取り入れたウオーキングや、片脚を1分間上げる『片脚立ち』などを続けてください」とアドバイスを。
15/06/15 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年8月号【医薬最前線・便失禁】■□■尿失禁は、一般の方にも知られるようになってきました。しかし、便が漏れてしまう“便失禁”で苦しむ方も。「日本では500万人もの人が悩んでいます」とは、医師・味村俊樹先生。原因は、加齢だけではありません。自然分娩で出産した際のダメージによって起こることも。「薬物療法と排便習慣の指導で、5割の方は快癒します。まずは、専門医にご相談ください」(味村先生)。なお、薬剤師の鈴木秀統先生は、便失禁の治療薬について詳説しています。
15/06/08 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年7月号【医薬最前線・C型肝炎】■□■肝臓がんの原因の7割を占めるといわれているC型肝炎。「その治療は、肝臓がんの予防になります。近年、おクスリの開発が目覚ましく、注射薬のインターフェロン製剤を使わずに、内服薬だけの治療も可能となってきました」と、医学博士の黒崎雅之先生。「自覚症状がないだけに、健康診断などで、肝機能の数値のチェックを」(黒崎先生)とも。なお、薬剤師の鈴木秀統先生は、C型肝炎の治療薬について詳説しています。
15/06/01 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年7月号特集【解熱鎮痛薬を適切に使う】■□■夏は、血流がよくなる季節。ただし、クーラーや冷たいもののとり過ぎなどから、からだが冷えてしまいがちに。「発熱や頭痛があれば、店頭でご相談ください。症状を具体的にお伝えいただければ、解熱鎮痛薬で対処できることがあります」と薬剤師の保坂俊文先生。使用中の他のおクスリも知らせることで、のみ合わせの間違いもなくなります。
15/05/25 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年7月号【油断大敵! 食中毒】■□■食中毒が、増える時期です。少ない菌量でも発症することがあるので、十分注意しましょう。「買い物から帰る際、要冷蔵の食材は保冷剤や氷などで冷やすことが大切です。冷蔵庫内は清潔にして、ぎっしり詰め込まないようにしてください」。そう、公益社団法人日本食品衛生協会の鎌田孝子さんはアドバイスをします。「肉は必ず芯まで火をとおすことも重要」とも。食中毒の原因となる細菌を、近づけない工夫をしましょう。
15/05/20 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年7月号【特集/今日から注意! 熱中症】■□■すでに、30度を超える日もあり、熱中症で緊急搬送されている方が増えています。「それほど温度が高くなくても、安心してはいけません。湿度が異常に高い日にも、注意が必要なのです」と東京消防庁防災部防災安全課消防司令補の山本哲也さん。「特に高齢者は、重度になりやすい傾向があります。水分をこまめにとるようにしましょう」とアドバイスを。雨の合間の晴れ間も、急に温度が高くなることがあるので、くれぐれも、ご用心ください。
15/05/11 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年6月号【達人に聴く/カビ対策で快適に】■□■湿度が高くなり、体調を崩しやすい季節が、間近に迫っています。カビが生えようものなら、不快なだけではなく、健康面でも心配です。「まずは窓を開けて、換気することから」と、シニアライフアドバイザーの佐藤順子先生。「掃除もこまめに行いましょう」とも。今日から実践できるノウハウを大公開!
15/05/07 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年6月号【特集/口腔ケア】■□■6月4日〜10日は、『歯と口の健康週間』です。特に、歯を失う原因となる歯周病には気をつけたいもの。「歯周病菌のエサとなる食べかすを残さないよう、毎食後には歯磨きをしましょう。特に、夜の歯磨きは念入りに」。そう、薬剤師の上原兼治先生。「磨く順番を決めて行えば、磨き残しがなくなります」(上原先生)ともアドバイスを。大切な歯の健康を保つ方法について詳説しています。
15/04/27 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年6月号【若年性認知症に対処する】■□■65歳未満で発症する、若年性認知症。国内で4万人以上の患者さんがいるともいわれています。「存在自体が知られていないという、大きな問題があるのです」と、薬剤師で、社会福祉法人サン理事長の西村美智代先生。「まずは、地域の人たちが集まり、勉強会などを開き、情報を共有することが大切ですね。介護しているご家族は、専門家や地域の人たちへ、勇気を出して支援を求めてください」」と呼びかけます。
15/04/20 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年6月号【整腸は元気の源】■□■近年、腸のさまざまな働きが注目を集めています。「事実、腸が弱ると、からだ全体にも元気がなくなるのですね。乳酸菌などの善玉菌を増やして、腸内環境を整えましょう」と薬剤師の小川重行先生。「イモ類や海藻類、大豆製品、玄米、ヨーグルトなどを食べることで、腸の働きがよくなります。また、おなかを冷やさないようにも気をつけましょう」とアドバイスを。アルコールの摂取はほどほどにして、禁煙を心がけることも大切です。
15/04/13 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年5月号【特集・子どもの健康】■□■5月5日は『こどもの日』。『くすりの日』でもあります。いざというときのために、小児用薬のご準備を。「揃えておきたいおクスリについては、おクスリ屋さんで、気軽にご相談ください」と、薬剤師の山本弘子先生。また、健康に過ごすためのポイントは、「早寝・早起きを。そうして、朝日を浴びて、朝ご飯を食べること」(山本先生)とも。健康生活の基本とともに、病気になったときの対処法についても詳説していきます。
15/04/06 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年5月号【高齢期うつ病の最新治療法】■□■うつ病を発症するご高齢の方々が増加しています。原因は、定年で職を失ったり、病気になったり、あるいはまた、家族などと死別したりといったように、さまざまです。「高齢者のうつ病は、認知症につながるケースが多くみられます」。そう、医学博士の樋口輝彦先生。「不眠症を解消し、散歩程度の運動を。また、バランスのとれた食生活や、規則正しい生活をすることが、うつ病予防の基本です」(樋口先生)。なお、薬剤師の鈴木秀統先生は、うつ病のおクスリについて詳説を。
15/03/30 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年5月号【充実介護術】■□■4月に改正が行われる、介護保険。「サービスの質や量が低下してしまうのでは?」と憂慮する声も多く聞かれます。「実際には、利用者にとって、よい面もある内容となっています」と介護福祉士の伊藤亜記先生。「事業所は、機能訓練のメニューを見直し、具体的に目に見える形で改善へとつなげる努力をしていくことになるでしょう」と。さらに、「よい介護のためには、家族の思いに応えてくれる、信頼できるケアマネジャーを見つけることが大切です」とも――。
15/03/23 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年5月号【特集・紫外線対策】■□■暖かくなると、紫外線量が一気に増加します。「日ごろから、化粧下地として日焼け止めの使用を。屋外で活動するときには紫外線防止効果の高い製品を使いましょう」と、薬剤師の古矢祐子先生。「十分に睡眠をとったり、バランスのとれた食生活をすることは、健康のためだけでなく、お肌にとっても大切です」(古矢先生)とも。からだの外側と内側からの対策ついて、アドバイスします。
15/03/16 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年4月号【熊井明子さんに聴く“心豊かに暮らす”】■□■日本に初めてポプリを紹介し、第一人者でもある熊井明子さん。愛猫家としても、知られています。「自分がいないと生きていけない相手がいると、責任感が芽生えて、シャンとするものですね」と。実は大のおクスリ屋さんファンと言いますが、そのわけは――。
15/03/10 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年4月号【骨粗しょう症/最新の治療法】転倒による骨折で、骨粗しょう症になっていると判明するケースが増えています。「女性は閉経後、1年に2%ずつ骨量が減少を。骨がもろくなるわけで、放置すると寝たきりにつながります」。そう、医学博士・折茂肇先生。「乳製品や小魚の摂取を。日光浴、ウオーキングなども心がけましょう」。一方、薬剤師・鈴木秀統先生は、骨粗しょう症のおクスリについて詳説を。おクスリ屋さんでの骨密度測定会への参加なども呼び掛けています。
15/03/02 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年4月号【要介護にならない口腔ケア】■□■超高齢社会が進む中で、口から飲食することができなくなる方が、増加中です。「まずは、歯磨きの励行を。そして、専用ブラシで、口腔内の食べかすなどの汚れをとることも重要です」と歯科医師の黒岩恭子先生。さらに、「水分補給をして乾燥を防ぎ、口腔内のマッサージをして、唾液の分泌をさせるようにしましょう」ともアドバイスを。健康の入口は口腔ケアから――。その方法を詳説していきます。
15/02/23 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年4月号【更年期を乗り切る】■□■ 更年期になると、イライラや不眠、ホットフラッシュなど、さまざまな症状が現れることがあります。「からだを温めて、血流をよくすることが大切です。特に、根菜類を食べるよう心がけて、無理のない範囲で運動を行ってください」と薬剤師の江良ヒロ子先生。「症状や体質に合った漢方薬を、適切に使いましょう。店頭で気軽にご相談ください」とも。息抜きする時間を大切にして、上手に乗り切りましょう。
15/02/18 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年4月号【心を整理するコツ】■□■春になると、生活環境等の変化もあって、心が不安定になる方も多くなります。「そこで、まずは自分を見つめ直すことが大切です。心に引っかかっていることを、ノートに書き出してみると、整理しやすくなりますね」と臨床心理士の中村延江先生。そして、「気持ちを切り替えるために、普段から、楽しめることを見つけておきましょう。不満があれば、1人きりのとき、声に出してみると、もやもやが消えていくことも多いものです」とアドバイスします。
15/02/09 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年3月号【要介護にならない!】■□■健康のためには、適度な運動を行うことが重要です。ただ、なかなか続かないという方が多いとのデータも。「気がつかないうちに弱っている部位があります。実は、脚の筋力で、ぜひとも鍛えてください。中高年の方には、ウオーキングやスクワットなどがいいでしょう」と健康運動指導士・菅野隆先生。継続のコツは、「お風呂に入る、食事をする、歯を磨くといったことと同様、生活習慣にすること。そのためには、無理をせず、ラクな運動から入り、楽しむことを心がけてください」とのこと。具体的な方法もご紹介しています。
15/02/02 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年3月号【中高年からの“新友”探し】■□■中高年になると、人間関係が変化して、仲のよい友人が減ってしまうこともあります。「周りに人がいなくなる、“人貧乏”となってしまう方も多いのです。そこで、新しい友だち=“新友”を作るよう、お勧めしています」と、著述家の青木匡光先生。長年、人間関係のアドバイスを行ってきました。新友になるコツは、「話し相手を楽しくのせて、どんどん語り合うこと」といいます。
15/01/26 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年3月号【どうき・息切れ対策】■□■高齢になると、心臓の働きが衰えることから、どうき・息切れが起こりやすくなることも。「生薬を配合した強心薬で対処できます。心臓の働きを助け、血液の流れを改善する働きがあるのです」と薬剤師・永島正敏先生。さらに、「日ごろから、養生のために、うっすらと汗をかく程度の運動を続け、腹八分目の食事を心がけましょう」ともアドバイスします。
15/01/20 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年3月号【ダイエット特集】■□■薄着になる季節を前に、ダイエットを考えている方も多いはず。「健康的な体型を目指すならば、ごはんなどの糖質の多い食品のとり過ぎに注意することです」。そう、薬剤師・松村善一先生。内臓脂肪が落ちれば、代謝もよくなり、やせやすくなります。「ダイエットのためには有酸素運動とストレッチの励行も大切ですね」(松村先生)。今日から即、実践できる健康ダイエット法について詳説しています。
15/01/14 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年2月号【巻頭提言/実践! シンプルライフ】■□■男女ともに、平均寿命が80歳を超える時代となりました。第2の人生を見据えて、暮らしていくことが大切です。「時間を有効活用するためにも、日ごろから家の中を整理しておきましょう。シンプル・ライフを心がけてください」と生活研究家・阿部絢子先生。そして、いざというときに備え、「家事を分担して、自立のトレーニングも重要」ともアドバイスします。
15/01/07 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年2月号【大特集・花粉症対策の決め手】■□■今春は、東日本を中心に、昨春よりも花粉飛散が多い地域が目立つ予測となっています。「今の時期から、かぜやインフルエンザの予防を兼ねて、外出時にはマスクの着用を。万が一、症状が出たら、アレルギー専用のおクスリで対処してください」と医学博士の大久保公裕先生。「日ごろから、できるだけ自然な材料を使った食事を心がけ、しっかり睡眠をとることも大切です」とアドバイスします。花粉に負けない生活を送るために、飛散予測や予防法も盛り込んだ、総力特集のご活用を――。
14/12/22 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年2月号【便秘対策】■□■年末年始は、生活リズムが崩れ、便秘になりがちです。「食物せんいを積極的にとることと、就寝前の水分補給が大切です」と、薬剤師の坂口眞弓先生。おなかが張ってつらいときには、OTC医薬品の便秘薬を。「便意のタイミングを逃さずトイレに入ることが大切です」とも指摘を。便秘予防のための生活術についても詳説していく総力特集です。
14/12/15 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年1月号【読者プレゼント】■□■新春のお年玉企画として、読者プレゼントを実施中です。総勢50人に、話題の商品をプレゼントいたします。ぜひ、この機会にご応募いただき、お試しを。締め切りは、2015(平成27)年1月31日(土)です。詳しくは、『月刊ことぶき』1月号をご覧ください。もちろん、毎月107人に当たるビッグクイズも実施中です。
14/12/08 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年1月号【肺炎の医薬最前線】■□■かぜやインフルエンザが流行する季節です。高齢者や慢性疾患を持つ方は、体力・免疫力の低下から、肺炎に二次感染することも。「かぜが長引いているだけと軽く考えず、早めに受診してください」と、医師の工藤翔二先生。「原因菌として最も多い肺炎球菌やインフルエンザのワクチン接種は、予防に役立ちます」(工藤先生)とも。薬剤師の塩入祐子先生は、肺炎のおクスリや養生法について詳説しています。ご一読いただき、今日から備えてください。
14/12/01 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年1月号【解熱鎮痛薬は正しく使う】■□■冬は血流が悪くなりやすく、肩こりが原因となる頭痛に悩まされる方も多い傾向に。「症状に合った解熱鎮痛薬を選ぶためにも、おクスリ屋さんでご相談ください。他のおクスリとの、のみ合わせにも注意を」と薬剤師の西澤啓子先生。「まずは、全身の血行をよくしておくことです。ストレッチをしたり、お湯にゆっくり浸るなどして、からだを温め、心身をほぐしていきましょう」と、日々の予防の大切さもアドバイスします。
14/11/25 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年1月号【巻頭提言/健康寿命を延ばす!】■□■超高齢社会となった現在。健康寿命をいかに伸ばすかが、重要な課題となっています。「低栄養・低体力・社会的変化の3点に注意しましょう。予防のため、たんぱく質を欠かさずにして、外出の機会を増やすことも大切です。毎日、軽めの運動も続けてください」と、医学博士・新開省二先生。「地域で開催している体操教室や、食事会などへ参加して、交流関係を広げましょう」とアドバイスします。
14/11/17 ■□■『月刊ことぶき』2015(平成27)年1月号■□■日本でも女性の社会進出が進み、中高年の性のあり方も変わってきました。「実は、40歳代、50歳代の夫婦の性行為が著しく減少しています。働く女性が増え、夫婦で過ごす時間が減少したことが原因の1つです」と、性問題に詳しい臨床心理士の荒木乳根子先生。「日ごろからのふれあいは、非常に大切です。お互いを大切に思っているということを、まず言葉や行動できちんと伝えましょう」と、アドバイスします。
14/11/14 【新刊案内】応援!家族のヘルシー&ハッピーライフ「健康家計簿2015」絶賛発売中!
14/11/10 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年12月号■□■年末が近づき、大掃除のスケジュールに頭を悩ませている方も多いことでしょう。「ぎりぎりになってあわてないよう、今から掃除の場所別リストを作成しておくと便利です。無理をせずに、1つひとつ片づけていくよう心がけてください」とシニアライフアドバイザー・佐藤順子先生。また、「可能であれば、人の手を借りることが重要」とも。大変な作業は、家族や友人、近所の人や地域のボランティア、ヘルパーなどにも手伝ってもらうようにしましょう。
14/11/05 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年12月号【関節痛対策】■□■寒くなってくると、痛み出すのが関節。「サポーターなどで保護したり、無理をしない程度に運動して筋肉をつけることも大切です」。そう、薬剤師の田邊英道先生。「慢性的な関節痛には、OTC医薬品の内服薬で対処を」とも。からだの内側からの、関節痛への対処法ついても紹介した特集です。
14/10/27 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年12月号■□■近年、アルコールの消費量は減少しているものの、アルコール依存症の患者さんは増加しているといいます。「アルコール依存症は、飲酒に対するコントロールが効かなくなる精神疾患です」と、医師の樋口進先生。自身の健康を損なうだけでなく、周囲に迷惑をかけることも多々あるのです。予防のためには、「連続飲酒をしないこと」といいます。薬剤師の塩入祐子先生は、おクスリの服用法や養生法について解説を。
14/10/20 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年12月号■□■乾燥する季節となり、1日の寒暖の差も激しいことから、かぜを引く人も増えています。「うがい・手洗いの励行で、かなり予防できます。室温は20〜25度、湿度は60〜80%くらいになるよう、調整してください」と薬剤師の小川重行先生。さらに、「かぜかなと感じたら、おクスリ屋さんで、気軽にご相談ください。症状に合ったおクスリを適正に使用することで、回復が早まるでしょう」ともアドバイスを。
14/10/14 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年11月号■□■インフルエンザが発症しやすい季節になってきました。「予防は、第一にワクチン接種を受けること」。そう、医学博士の大石和徳先生。もし、かかったとしても重症化を防ぐことができます。「マスクの着用と、外出先から帰ったとき、手を洗うことも大切です」(大石先生)とも。薬剤師・塩入祐子先生は、日ごろからの養生法や、おクスリ屋さんで備えられる対策アイテム等についても詳説を。
14/10/06 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年11月号■□■年末年始が近づいてきました。疲れがたまり、胃の調子が気になる方も増えてくる時期です。「食事の方法を見直すだけで、胃は元気になるものです。3食を規則正しくとるように心がけて、温かいものを、ゆっくり噛んで食べましょう」と薬剤師・保坂俊文先生。「胃の具合が悪いようでしたら、店頭でご相談を。症状に適した胃腸薬を選ぶことが大切です」とアドバイスします。
14/09/29 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年11月号■□■漢方の世界には、さまざまな叡智が。例えば、老化対策。「私自身、血管と目・耳・骨を守る漢方薬の服用で、老眼鏡がいらない生活を送ることができています」。そう、薬剤師の猪越恭也先生。冬の冷え対策としては、「動物性生薬を配合した補腎薬が適しています」とのこと。家庭の医学としての漢方の世界に関する特集でのアドバイスです。
14/09/22 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年11月号■□■さまざまな要因から精神疾患となり、引きこもり状態となる人たちが増えています。「他人とコミュニケーションがうまくとれないため、家から出ること自体が恐怖に。そこで、心に不安がある方でも、料理を一緒に作ったり、食べたりして、楽しく集える場所として、レストランの運営をするようになりました」と、精神保健福祉士の松浦幸子さん。「訪れる人たちが、笑顔になれる空間を提供し続けたいですね」といいます。
14/09/15 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年10月号■□■日本で自殺者が3万人を超えたのは、1998(平成10)年のこと。爾来、3万人超の時代が長く続いて来ました。「とはいえ、2009(同21)年をピークに、劇的に下がりつつあります」とは、日本自殺予防学会・斎藤友紀雄理事長の指摘。果たして、自殺は予防できるのか、できるとしたら、その方法は? 斎藤理事長は、静かに、されど確かに語り始めました――。
14/09/08 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年10月号■□■日本人のがん罹患率1位の胃がん。「初期は、自覚症状がありません。定期検診で早期発見・治療を。手術後も、これまでと変わりなく生活が送れます」。そう、医学博士の小嶋一幸先生。胃がんの原因となるピロリ菌を除菌しておくことも、予防の一助になるといいます。薬剤師の塩入祐子先生は、胃がんのおクスリについても詳説を。
14/09/02 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年10月号■□■食欲の秋、到来です。ただし、生活習慣病予防のためにも、食べ過ぎにはご注意を。「腹七、八分目が基本です。癖になりやすい、動物性脂肪のとり方にも注意をしましょう」と、生活習慣病研究の第一人者である医学博士・池田義雄先生。「外出をできるだけ心がけて、楽しみを見つけるようにしてください」ともアドバイスします。
14/08/25 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年10月号■□■全国で活動を行っている認知症サポーター。地域によっては、郵便局などでも、お客様支援として取り組んでいます。「認知症に関する知識を生かし、お客様に寄り添った対応を心がけています」とは、東京・八王子長房郵便局の浅原卓史局長。地域とのつながりを強くすることで、安心して生活できる環境づくりに貢献しています。
14/08/18 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年9月号「インタビュー/日本人の元気」■□■「家計のコントロールは、健康管理とよく似ています」と、ファイナンシャル・プランナーの紀平正幸氏。「人並を気にせず、自分らしい暮らしを」とアドバイスします。お金のプロらしく、「65歳で子どもに恵まれ、目標は人生100年となりましたが、家計管理の技を健康管理にも生かしています」とも。
14/08/11 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年9月号「最新ヘルスアップガイド」■□■自分の健康は自分で守るセルフメディケーションの必要性が、ますます高まっています。「そこで、重要なのは、正しい知識」とは、東京薬科大学・渡辺謹三教授。「無病息災・一病息災も大切ですが、生きがいを主軸にした一芸息災を」とも。なお、本特集では、おクスリ箱に備えておきたいOTC医薬品等も徹底紹介しています。
14/08/05 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年9月号■□■前立腺肥大症は、加齢とともに起こる疾患です。「男性の8割がかかります。頻尿や残尿感など、排尿で気になることがあれば、専門家にご相談を」。そう、医師の頴川晋先生。がまんすると、不眠や、集中力低下につながります。薬剤師の塩入祐子先生は、前立腺肥大症のおクスリについて詳説を。
14/07/28 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年9月号■□■認知症の方や家族を見守り、支援する存在の認知症サポーター。すでに、全国で500万人を超えました。「指定した講座を90分間受けることで、日本国民であれば、どなたでも認知症サポーターになれます」と、全国キャラバン・メイト連絡協議会事務局長の菅原弘子先生。「1人でも多く受講していただき、症状を正しく理解して、社会全体で支え合うようになれば」と、活動を続けています。
14/07/22 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年9月号■□■加齢や障がいなどが原因で、読み書きが困難な方は大変多いのが現状です。「代読サービスは、図書館などでも行うところが増えています。ただ、代筆サービスは、金融機関など、一部では導入しているものの、まだまだ限られていますね」と、読書権保障協議会委員長の田中章治先生。「個々のケースに十分対応できるよう、公的なサービスが必要なのです」と訴えます。
14/07/14 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年8月号予告■□■慢性胃炎を引き起こし、胃かいようや胃がんの原因にもなるピロリ菌。「ピロリ菌の除菌治療には健康保険が適用されます」。そう、医師の村田洋子先生。ただ、1次除菌での成功率が低下していることが問題視されています。「除菌の成功、抗生物質による副作用軽減のためには、乳酸菌の摂取がお勧めです」とも。除菌治療の3週間前から摂取するとよいといいます。
14/07/08 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年8月号■□■8月1日は肺の日ですが、肺の生活習慣病といわれているのが、COPD(慢性閉塞性肺疾患)。「咳や痰、息切れなどの症状で、かぜと見分けがつきにくく、受診したときには重症化していることも。予防には禁煙が第1です」と医師の木田厚瑞先生。また、薬剤師の塩入祐子先生は、おクスリの使用法についてアドバイスを。「おクスリ屋さんでは、禁煙のサポートもしています。気軽にご相談ください」とも。
14/06/30 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年8月号■□■血流がいいはずの夏なのに、肩こりで悩む方が、実は多いのです。「冷たいものをとり過ぎたり、クーラーに長く当たるなどして、からだが冷え切ってしまったことも要因。湯船にしっかり浸かって、温まりましょう」と、薬剤師の樋口茂靖先生。「外用消炎鎮痛薬は、汗をきれいにふき取って使用し、患部を直射日光に当てないようにしてください」とも、注意をうながします。
14/06/23 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年8月号■□■“ロコモティブシンドローム”は、運動器の障がいのために、歩行などの移動機能が落ちた状態。「普段から、からだを動かさない方がなりやすいものです。例えば、ウオーキングに早歩きを取り入れることで、筋肉が衰える“サルコペニア”の予防にもつながります」と医師の泉田良一先生。さらに、「趣味を持つことで、心身ともにアクティブに。積極的に人生を楽しんでください」とアドバイスします。
14/06/16 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年7月号■□■伝承医学であり、なおかつ、現在も進化を遂げている漢方の世界。「家族の健康を守るため、お母さん方に、役立てていただきたいですね」と、薬剤師・猪越恭也先生。「まずは、かぜへの対処法を知るといいでしょう」といいます。「症状から、かぜのタイプを見極めて、適した漢方薬を。引き始めの30分が肝心です」とアドバイスを。
14/06/09 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年7月号■□■夏は、細菌が原因となる食中毒が増える季節です。「少ない菌量で、症状が出るケースも多くなっています。肉は、中までしっかりと火をとおし、焼きあがりを確認しましょう」と公益社団法人日本食品衛生協会の鎌田孝子さん。さらに、「刺身などは、食卓に出すまで、常時冷蔵を心がけることも大切です」と注意をうながします。
14/06/02 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年7月号■□■暑い日が続いています。水分補給は十分に。というのも、水分不足で血液が濃縮されると、動脈硬化を起こしやすくなるからです。「動脈硬化は脳卒中の最大要因です」と、医師の高木誠先生。「命にかかわるだけに、いつもと違うと思ったら、即、救急車を呼ぶ必要がある場合も」(高木先生)といいます。また、薬剤師の塩入祐子先生は、脳卒中のおクスリや予防法についてアドバイスを。
14/05/26 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年7月号■□■これからは、気温が高くなる日が多くなり、熱中症に注意が必要となります。「梅雨の間、湿度が高くなることで、からだに負担がかかり、実は熱中症になることも。室内だからと、安心できません」と、気象予報士の藏田英之氏。「特に、お年寄りや、お子さんは熱中症になりやすいので、周りの方も気をつけるようにしてください」と呼びかけます。
14/05/19 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年7月号■□■夏もまた、頭痛が起きやすいものです。例えば、クーラーによる冷えから血流が悪くなり、頭痛の原因となってしまうのです。「まず、おクスリ屋さんで、どのように頭が痛いのかを、ご説明してください。頭痛のタイプに合った解熱鎮痛薬を選ぶことが大切ですね」と薬剤師・佐谷圭一先生。「解熱鎮痛薬は、空腹時にのむことは避けましょう。食後、時間が経っているようなら、ビスケットなどをおなかに入れて、服用するといいですね」と注意をうながします。
14/05/13 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年6月号■□■日ごろから、おなかの調子が気になる方は多いもの。「腸内に悪玉菌が多いと、便秘や下痢などになりやすいですね。野菜や発酵食品などを食べるようにして、善玉菌を増やしましょう。整腸薬や健康食品も上手に利用してください」と薬剤師の保坂俊文先生。「ウオーキングなどの適度な運動を続けて、腸の動きを活発にすることも大切です」ともアドバイスします。
14/05/07 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年6月号■□■肌の露出が増える季節です。体重が気になりますね。実は、体重を減らすことで、血糖値や血圧値、コレステロール値などが改善する場合を肥満症といいます。「肥満症では、食事制限と運動の励行によって減量することが、治療の第1歩となります」と、医学博士の宮崎滋先生。また、薬剤師・塩入祐子先生は、肥満症の薬物治療や、予防法についてアドバイスを。
14/04/28 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年6月号■□■“第2の認知症”とも呼ばれている、レビー小体型認知症。しかし、まだまだ知られていないのが現実です。「ないものが見える幻視や、筋肉がこわばり転倒しやすくなるなどの症状が出たら、注意が必要です」。そう、病気の発見者である医師・小阪憲司先生。「予防の基本は、生活習慣病にかからないこと。さらに、趣味などで頭を使ったり、積極的に外出することも大切です」ともアドバイスします。
14/04/21 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年6月号■□■沖縄県は、長寿県としても知られてきました。しかし、現在では平均寿命のランクが下がる傾向に。「若い世代で、生活習慣病にかかる方が増えて、大変心配です。脂分をとりのぞいた、豚肉を使う伝統料理を食べて、長寿県に復活してほしいですね」と薬剤師の城間光枝先生。健康で長生きするには、「朗らかな心をもつことも大切」といいます。
14/04/14 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年5月号■□■もうすぐ、5月5日、『こどもの日』です。お子さんやお孫さんの健康を保つため、おクスリなどの備えは万全ですか。 「病気になったら、大人と同じおクスリではなく、子ども専用のものをのませるようにしましょう」と薬剤師の山本弘子先生。さらに、「小さなころから、手洗い・うがいを習慣にさせることが大切ですね」と、予防教育の重要性を訴えます。
14/04/08 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年5月号■□■屋外での活動が増える5月。紫外線は真夏と同等量が降り注いでいます。「紫外線から肌を守るために、日焼け止め製品のご利用を」と、薬剤師・渡辺方乃先生。「日焼けは、シミやシワを増やし、ハリを減少させるなど、肌の老化を進めるため、女性とっては大敵です。500円玉大の量を、2時間おきにつけることが大切」(渡辺先生)とのアドバイスも。
14/03/31 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年5月号■□■生活習慣病の代表とも言われる糖尿病。実は、初期は自覚症状がありません。「早期発見のために、健康診断は必ず受けてください」と、医師の春日雅人先生。合併症を防ぐためには、早期のうちに治療を開始することが基本です。「治療は、食事と運動で、血糖値をコントロールすることから始めます」(春日先生)。また、薬剤師の塩入祐子先生は、さまざにある糖尿病治療薬全般についてアドバイスを。
14/03/24 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年5月号■□■年々、患者さんが増加の一途をたどり、社会問題となっている認知症。「介護する方は、まず、患者さんの行動や言葉を否定しないようにしましょう。受け入れて、上手に合わせていくことが大切です」と、看護師・鎌田ケイ子先生。「介護が長期におよぶこともありますので、公的サービスなども利用し、息抜きの時間を必ずとってください」と、忘れられがちな基本的アドバイスも――。
14/03/17 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年5月号■□■2012(平成24)年に行われた調査『中高年夫婦のセクシュアリティ』によると、セックスレスの進行が判明しています。調査に携わった元田園調布学園大学・荒木乳根子氏によると、「10年前に比べ、40歳代で顕著になっています」とのこと。「ふれ合いの大切さを、あらためて痛感しました」とも。現状を鑑み、本誌では、性の重要性をあらためて読み解いていきます。
14/03/10 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年4月号■□■工学博士で、日本紙飛行機協会・二宮康明会長は、「紙飛行機が飛翔する姿は、ロマンそのもの」と語ります。超高齢社会の生きがいとして、夢中になる方々も。健康にもいいそうで、事実、二宮会長ご自身、昨年、米寿を迎えています。「紙飛行機を通じて、仲間もできます」とも。
14/03/05 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年4月号■□■健康診断で、“血圧高め”と診断された方もいらっしゃることでしょう。血圧が高いと、動脈硬化を引き起こして、命にかかわることも。「高血圧の主たる症状は、めまい。体質に合った漢方薬で、めまいの改善を通じて、高血圧に対処していきます」と中医学講師の張立也先生。また、「食事は薄味にして、足を温め、血流をよくすることも大切です」とアドバイスも。
14/02/24 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年4月号■□■生活習慣病の1つである高尿酸値血症。突然、足の親指のつけ根が痛くなる痛風発作が起こり、尿酸値が高いことを知る方が多いといいます。医師・藤森新先生曰く、「プリン体が多い食品がいけないといわれていますが、過食を改めることが第一です」とのこと。また、薬剤師・塩入祐子先生は、おクスリ全般についてもアドバイスを。
14/02/18 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年4月号■□■更年期障がいには、さまざまな症状があり、自分自身では更年期による障がいかどうか、判断が難しいものです。「おかしいなと感じたら、気軽に店頭で、ご相談ください。放っておくと、他の疾病につながることもあります」と薬剤師の江良ヒロ子先生。「普段から、ゆっくりお風呂に入ったり、家族や友だちとおしゃべりを楽しんだり、積極的に運動をしたりすることも大切です」とアドバイスを。
14/02/12 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年3月号■□■東日本大震災から、間もなく3年が経ちます。「防災の基本は、まずは逃げることです。地域で行っている避難訓練に、必ず参加してください。準備をしておくことで、いざというときにも落ち着いて行動ができます」と東京女子大学名誉教授の広瀬弘忠先生。「日ごろより、自分がいる場所から、どうすれば安全に避難できるか、意識しておくことが大切です」ともアドバイスします。
14/02/04 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年3月号■□■どうき・息切れは、加齢によるものと、あきらめていませんか?  「強心薬は、生薬の働きにより、気血の流れをうながし、症状を改善していきます。おクスリ屋さんでご相談を」と薬剤師の永島和明先生。「日ごろから、旬の食材を使うよう心がけ、からだを冷やさないことが肝心です」ともアドバイスします。
14/01/27 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年3月号■□■認知症の患者さんの増加が、社会問題にもなっています。「ご存じのように、生活習慣を改善することで、認知症予防につながるのです。まずは、食生活の改善を。魚を中心にして、野菜も欠かさないようにしましょう」と医学博士の田平武先生。「いろいろなことに関心を持ち、趣味などを楽しんでください」とも。脳を活性化させる必要があるのです。
14/01/20 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年3月号■□■春は、五臓のうちの肝に負担がかかる季節と、伝統医学では指摘を。環境の変化によるストレスが増えるときでもあります。薬剤師・猪越恭也先生曰く、「朝は早めに起きて、散歩することからスタートを。気分が爽快になり、ストレス解消にもなります」。現代人にとって、ストレスはもはや、通年の問題に。春から始める具体的なストレス対策について解説いただきました。
14/01/14 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年2月号■□■フードドクター・東畑朝子先生に、健康長寿の秘訣をうかがいました。巷間、「基本は正しい食生活、適度な運動」と言われるものの、では、正しいと、適度の本当の意味とは? ストレスをためない具体的な方法も含め、具体的に語っていただきました。ご期待ください。
14/01/06 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年2月号■□■本格的な花粉飛散の時期が近づいています。「10年平均と比較して、日本海側は少なめですが、関東や四国の一部、九州ではやや多くなりそうです」と理学博士・佐橋紀男先生。さらに、「飛散時期は例年並みの予測ですが、2月に暖かい日が続くと、早まることもあります。今からマスクの着用を」と予防の徹底を呼びかけています。
13/12/24 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年2月号■□■寒い季節ですが、家に閉じこもっていると、心まで不健康な状態に。「ウオーキングは、脳も元気にします。ただし、集中して歩くことが重要」と、脳生理学者として知られる医師の有田秀穂先生。「セロトニン神経が活性化し、結果、気持ちが落ち着き、集中力も高まります」とも。新年はウオーキングを行い、心も健康にしていきましょう。
13/12/16 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年1月号■□■おクスリ全般のことだけでなく、日々、健康に過ごすために頼りにしたいのが、おクスリ屋さんです。「なんでも気軽に、ご相談ください。私たちは、そのための存在ですから」とは、薬剤師・坂口眞弓先生。「病気に対するファ―スト・アクセスの場所でありたい」とも。地域を元気にするおクスリ屋さんについて語っていただきました。
13/12/10 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年1月号■□■来春は花粉の飛散が、例年よりも多くなるとの予測が――。「花粉症の予防は、旬の食材を使った手作り料理から始めましょう」と、アレルギーを専門分野とする医学博士・大久保公裕先生。「今の時期から、マスクを着用して備えることも大切です」とも。2月号では、詳細な花粉飛散予測をチェックしていきます。
13/12/02 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年1月号■□■師走を迎え、一段と冷え込んできました。この時期、気をつけたいのが、心筋梗塞です。「激しい胸痛は、急性心筋梗塞を疑って、急いで病院へ」。そう、医師の木村一雄先生。原因となる動脈硬化を引き起こす高血圧や高コレステロール、糖尿病などの生活習慣病の改善にも努めましょう。薬剤師・塩入祐子先生が、おクスリ全般のアドバイスも。
13/11/25 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年1月号■□■女性の悩みで多いとされるのが、貧血。「予防に勝る治療はなしとお考えください。そのためには、まず食生活の改善から」と、薬剤師・渕上慶子先生。「ときに、重い病気も隠されているだけに、侮らないことが大切です」とも、メッセージを。
13/11/19 ■□■『月刊ことぶき』2014(平成26)年1月号■□■普段、意識せずに行っている、“発声”。しかし、健康に大きく寄与するといいます。発声や呼吸に詳しい医学博士・米山文明先生は次のように。「しっかりと声を出すことで、通常の呼吸と比べ、3〜5倍の空気を使うことに。つまり、体内の血液循環がよくなるのです」。また、「冷たい物や刺激の強い物は、のどにも悪影響をおよぼします。乾燥もよくありませんね」と注意を呼びかけています。
13/11/11 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年12月号■□■年末年始は、まさに思いやりとしてのマナーが大切になる時期。「年末年始のごあいさつは、感謝の気持ちを伝える絶好の機会です」とマナーデザイナーの岩下宣子先生。「印刷された年賀状であれば、手書きでひと言、書き添えましょう」ともアドバイスを。
13/11/08 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年12 月号■□■晩婚化・少産化を背景に、婦人科系疾患は増加傾向にあります。その1つが子宮内膜症。「月経の回数が多くなればなるほど、かかる可能性が高まり、症状が悪化を。激しい月経痛があれば、専門家にご相談ください」。そう、医師の篠封S合子先生。からだが冷えると痛みも強くなるだけに、努めて温かくして過ごすことも大切です。薬剤師・塩入祐子先生は、おクスリ全般のアドバイスも。
13/10/28 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年12月号■□■日中の寒暖の差が激しく、かぜを引いている方が増えています。「予防のために、外出時にはマスクを着用し、帰宅時には手洗い・うがいを」と薬剤師の保坂俊文先生。「室内の湿度は50%以上に保ち、換気も忘れずに行いましょう」と、生活環境にも配慮するようアドバイスします。
13/10/21 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年12月号■□■急激に冷え込んできました。寒くなってくると気になるのが、関節の痛み。「無理に動かさず、患部は冷やさないことが大切です」。そう、薬剤師の寺尾治男先生。「関節成分の1つであるコンドロイチンを、OTC医薬品で補えば、痛みもラクになります」(寺尾先生)とアドバイスを。
13/10/15 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年11月号■□■インフルエンザのシーズン到来です。「予防の決め手は手洗いなどの励行」と、薬剤師・金田仁孝先生。「睡眠不足に、偏った食生活、多大なストレスにも要注意」と助言します。「大いに笑って、落ちた免疫力を高めるよう、心がけてください」とも。
13/10/07 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年11月号■□■熟年になると、体力・気力、そうして精力も衰えがちです。薬剤師の猪越恭也先生曰く、「中国医学では、生命エネルギーをつかさどる腎の不足が原因と考えます。補腎のおクスリで対処を」とアドバイスを。「いくつになっても好奇心を忘れないことも大切ですね」(猪越先生)とも。
13/09/30 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年11月号■□■人間関係こそが、ストレスの大きな原因となる現代。「お互いを尊重する、“私はOK、あなたもOK”の精神が大切です」と臨床心理士の中村延江先生。「問題の解決に役立つ、“マル秘ノート”を活用して、人づき合いをラクにしていきましょう」ともアドバイスします。
13/09/24 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年11月号■□■風が冷たく感じる季節となりました。空気が乾燥し、ここで気になるのが、肌のかさつきです。「保湿クリームをつけて、うるおい分を補いましょう」と、薬剤師の西澤啓子先生。また、「冷えは肌荒れの原因にもなる」といいます。「からだを温めて血流をよくすることが大切ですね」(西澤先生)ともアドバイスを――。
13/09/24 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年11月号■□■胃の症状が気になる季節を迎えました。「早めにおクスリで対処を。ただし、症状に合わせた、さまざまな種類のおクスリがありますので、まずはおクスリ屋さんで相談してください」と薬剤師・小川重行先生。「胃だけではなく、腸の健康も考えること。やはり、暴飲暴食は控え、ストレスの解消に努めることも重要です」ともアドバイスします。
13/09/09 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年10月号予告■□■過ごしやすくなってきました。「ただ、この時期、気をつけていただきたいのが夏バテ」と、鍼灸師・千田純子先生。「酷暑だった今夏、からだを冷やし過ぎて、すでに体調を崩している方も。そこで、お灸健康法を」とも。「指圧・マッサージより、市販のお灸のほうが安全な場合が」というだけに、おクスリ屋さん店頭で、気軽にご相談ください。
13/09/04 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年10月号予告■□■加齢とともに増えるのが、耳鳴り・めまいなどの耳の悩み。「中には重大な病気が隠されている場合も」と薬剤師・谷澤靖博先生。「まずはおクスリ屋さん店頭で、気軽にご相談ください」とアドバイスを。
13/08/26 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年10月号予告■□■生活習慣病予防のためには、メタボリックシンドロームにならないことが第一とは、もはや常識です。「健康に問題のない方であれば、朝食前の軽い運動がお勧めです」と、日本生活習慣病予防協会・池田義雄理事長。「実は、腸内環境の改善や、歯周病を防ぐことも重要なのです」ともアドバイスします。
13/08/19 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年9月号■□■防災意識が全国的に広まっているものの、一部には、いまだ災害に備えないというケースも。防災・危機管理アドバイザーとして著明な山村武彦先生は、こうアドバイスします。「普段から、大地震への対策を実践することが大切です。例えば、揺れを感じたときには、すぐに火を消し、玄関のドアを開けることなどですね」。さらに、「豪雨対策としては、危険を感じたら、早めに高い建物へ自主避難を」と呼びかけます 。
13/08/12 ■□■月刊ことぶき2013(平成25)年9月号■□■セルフメディケーションの必要性が高まっています。「ただし、自分勝手な自己判断はしないこと」と、東京薬科大学教授の渡辺謹三先生。「やはり、かかりつけのおクスリ屋さんで、気軽にご相談ください」と力説を。結果、大切な健康寿命がのばせるというのです。
13/08/05 ■□■『月刊ことぶき』2013(平成25)年9月号予告■□■女性に増えている、大腸がん。「年に1回は、大腸がん検診を受けてください。早期発見・治療で7割が完治します」と、医師・石黒めぐみ先生。「40歳を過ぎたら大腸がん年齢との認識を。リスクとなる食生活は、くれぐれも見直してください」(石黒先生)ともアドバイスをしています。
13/07/29 ■□月刊ことぶき2013(平成25)年9月号□■セルフメディケーションの重要性がますます高まっています。「家族の健康は、家族で維持・増進していきましょう」と、東京薬科大学教授の渡辺謹三先生。「それには正しい知識が大切。かかりつけのおクスリ屋さんを活用してください。予約もいらず、気軽に相談できますから」と力説を。
13/07/22 □■『月刊ことぶき』2013(平成25)年9月号■□健やかに老いるためには、自分自身を見つめ直すことも大切です。「心身の状態や性格、生活環境などを、あらためて把握するために、『自己点検ノート』をつけてみましょう」と、全国で老い支度をテーマに講演を行っている石黒秀喜先生。万が一、認知症となったときにも、介護をする人のヒントになるといいます。
13/07/17 □■『月刊ことぶき』8月号■□更年期障害や、月経にまつわるトラブルは女性につきもの。「肝腎要とは、女性が健康で過ごすためのポイントです。漢方薬で、肝と腎を養いましょう」と、中医薬講師の包海燕先生。気血の巡りをよくすることも大切です。「からだを冷やさない、バランスよくしっかりと食べる、ストレスをためない暮らしぶり等にも留意を」(包先生)。温故知新、古の叡知を生かした健康術を詳説していきます。
13/07/08 ■『月刊ことぶき』8月号予告■暑い日が続くと食欲が落ち、栄養不足の状態が続くことも。「まずは、3食をしっかりとりましょう。メニューには、肉や魚、大豆製品などは欠かさず入れて、良質なたんぱく質を摂取してください」と管理栄養士の宗像伸子先生。「涼しい時間に、からだを動かして、おなかを空かせることも大切です」とアドバイスします。
13/07/01 食欲の落ちる夏にお勧めなのが、ハーブを使った料理。講演や執筆など、多方面で活躍中の薬剤師・篠原久仁子先生いわく、「夏にとれるハーブには、胃の働きのサポートや、食品の防腐作用が期待できます」と解説を。「ソースとしても使えば、いつもの料理がおしゃれに仕上がりますね」(篠原先生)。お勧めのアレンジ料理もご紹介していきます。(『月刊ことぶき』8月号)
13/06/24 血行のよくなる夏であっても、肩こりや腰痛に悩む方が多いものです。「必要以上に水分をとり過ぎたり、エアコンでからだを冷やし過ぎることが原因になっています。外用鎮痛消炎薬で早めに対処しましょう」と薬剤師・樋口茂靖先生。汗をしっかり拭いてから、使用することがポイントです。(『月刊ことぶき』2013年8月号)
13/06/17 増え続ける支出に頭を痛め、節約を考えている主婦の方も多いことでしょう。「無理をすると、続きません。いきなり始めずに、必要なものと、必要でないものを整理してみましょう」とファイナンシャル・プランナーの中上直子先生。「実は健康を保つことが、究極的な節約法ともいえるのです」とアドバイスします。(『月刊ことぶき』2013年8月号)
13/06/11 さまざまな成分が配合されている解熱鎮痛薬。「まず、おクスリ屋さんに相談を」と、薬剤師・市川浩先生。おクスリの作用を十分に発揮させるためには、「コップ1杯の水でのむこと」とも力説します。(『月刊ことぶき』7月号)
13/06/03 昨今、運動不足が原因で、ロコモティブシンドロームになる方が増えています。「普段から、早足を取り入れたウオーキングなどで、筋肉を鍛えましょう」と医師・泉田良一先生。「カルシウム等をしっかり補給し、からだを動かすことを心がけてください」とアドバイスを。(『月刊ことぶき』2013年7月号)
13/05/27 レジャーをはじめ、屋外遊びも多い夏。すでにスケジュールを立てている方もいらっしゃることでしょう。しかし、一方で、熱中症や食中毒、感染症など、思わぬ落とし穴が――。犯罪に巻き込まれる恐れもあります。そこで、東京消防庁、警視庁、東京都福祉保健局の各担当者が、危険を回避するポイントをアドバイス。今から夏に備えましょう!(『月刊ことぶき』2013年7月号)
13/05/20 昨今、人とコミュニケーションをとることが苦手という方が増えています。「まずは、最後まで話を聴くこと。途中で、意見などをはさまないようにしましょう」と、傾聴ボランティアの育成に努めている鈴木絹英先生。共感する素直な心をもつことも、大切だといいます。(『月刊ことぶき』2013年6月号)
13/05/13 脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすい季節です。「汗をかくと血液が濃縮され、血流が悪くなります。こまめに水分補給をしてください」と、医学博士・鄒大同先生。屋外と室内の温度差や、多大なストレス、睡眠不足は血管の負担にも。「食事では脂っこいものや、甘いものは食べ過ぎないこと。血液循環をよくするために、適度な運動も行いましょう」とアドバイスを。(『月刊ことぶき』7月号)
13/05/07 関節リウマチは、高齢者の病気と思われがちです。しかし、実際は、30〜50歳代の女性に多く発症しています。「関節のはれや痛み、こわばりなど、気になることがあれば、早めに受診しましょう」と医師・猪熊茂子先生。おクスリも日々、進歩を。「早期に治療を開始することで、日常生活が取り戻せます」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』6月号)
13/04/30 口腔ケアをしっかり行うことで、全身の健康につながることは、ご承知のとおり。「歯周病の予防は、毎日の歯磨きから。食事の際に、よく噛むことも大切です」と、薬剤師の上原兼治先生。「常に、口腔内を清潔に保つことがポイント」とお手入れの重要性を力説します。(『月刊ことぶき』2013年6月号)
13/04/22 昨今、腸がもつ免疫力にも注目が集まっています。「腸内環境を整える善玉菌を増やすことが、健康へとつながるのです」と、薬剤師・佐谷圭一先生。「まず、食物せんいの多い野菜を食べるよう心がけてください」とアドバイスします。(『月刊ことぶき』2013年6月号)
13/04/15 暖かくなってくると、女性がかかりやすいのが腟カンジタ。「清潔を心がけ、通気性のよい下着の着用を。おりものシートなどは、こまめに取り替えましょう」と、医師の井上裕子先生。陰部のかゆみや、おりものの異常があれば受診を。「再発の場合は、OTC医薬品も使えます。ともあれ、かかったと思ったら早めに対処を」(井上先生)と、アドバイス。(『月刊ことぶき』5月号)
13/04/09 超高齢社会を迎え、性の問題が浮上してきました。「高齢期の幸せに大きく関与しています」と、“人間と性”教育研究所の高柳美知子所長。「まず、ふれ合いが大切です」と語りかけます。(『月刊ことぶき』5月号)
13/04/01 もうすぐゴールデンウイーク。本誌読者からも、さまざまな“行ってみたいところ”が記された、おハガキが寄せられています。「旅行を成功させるためには、ゆとりのある計画が大切です。そして、旅先での下痢やかぜなどにはくれぐれも注意を」と、NPO法人シニア大樂・理事長の田中嘉文先生。「普段から健康作りに励み、今だからこそできる旅行を楽しんでください」とメッセージを。(『月刊ことぶき』2013年5月号)
13/03/25 日焼けは、肌の乾燥やシワ・シミなどの原因に。結果、これからの季節は、日常的に日焼け止めの製品が必要になります。薬剤師・山下厚子先生曰く、「肌の上で、指がすべるくらいの量を使うこと。実際に、日焼けしたときは、保湿と、水分の補給を」とのこと。日焼けから肌を守る方法について詳説していきます。(『月刊ことぶき』5月号)
13/03/18 昨今、低栄養状態の高齢者が増えており、大きな問題に。「肉や魚をしっかり食べて、たんぱく質を欠かさずに摂取してください」とは、医学博士の新開省二先生。「和食、洋食、中華などを日替わりで食べるようにして、食事を楽しむ工夫をしましょう」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』2013年5月号)
13/03/11 春は、精神面でも変調をきたすことが多い季節。「うつ病にならないために、上手に気分転換を。メリハリのある生活習慣が大切です」と、精神保健福祉士の田尾有樹子先生。「心の健康のためにも、悩みや不満を1人で抱え込まず、人と話をしましょう」とアドバイスします。(『月刊ことぶき』2013年4月号)
13/03/04 60歳の定年を迎えても、引き続き働く方が多いのが現状です。「実は、勤務を継続しながら、年金や給付をもらえる制度も。あきらめずに、年金相談所などに相談してみてください」と社会保険労務士の田中章二先生。「年金を上手に利用して、よりよいシニアライフを」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』2013年4月号)
13/02/25 更年期障がいの症状や程度は、人によってさまざま。「漢方では、“血”が関係しているとみます」。そう、薬剤師・渡辺方乃先生。「血流を良くするために、運動やマッサージをしてください」。また、「気にしすぎないことも大切です。没頭できる趣味などを持ちましょう」とも。更年期をラクに過ごすヒントを紹介していきます。(『月刊ことぶき』4月号)
13/02/18 加齢にともなって起こる骨粗しょう症。特に女性は閉経後、危険度が高まるだけに、注意が必要です。「骨粗しょう症は、骨だけの病気ではありません。動脈硬化にもつながる全身疾患です」と医師の目黒和子先生。「食事でカルシウムをしっかりとり、運動の習慣づけからスタートを」(目黒先生)。若いうちから予防に努めましょう。(『月刊ことぶき』4月号)
13/02/12 若々しい肌を保つためには、外側からだけでなく、内側からもお手入れすることが大切。薬剤師・猪越恭也先生曰く、「健康美の基本は、血液の質がよく、流れがよいこと」。栄養豊富な血液が、よどみなくからだを巡っていることが重要です。「しっかり睡眠をとり、漢方薬も活用して血流をよくしましょう」と力説を。(『月刊ことぶき』3月号)
13/02/04 どうき・息切れは、年齢によるものだけではありません。「気になることがあれば、おクスリ屋さん店頭で、しっかりと相談を。そして、生薬を配合した強心薬で対処してください。気血の巡りをうながすことで、症状が改善します」と薬剤師の秋本常久先生。「睡眠・運動にも気を配ること」とアドバイスします。(『月刊ことぶき』2013年3月号)
13/01/28 加齢により筋肉が減少していく、サルコペニアの方が増えています。「からだを動かさないでいると、筋肉は自然と弱っていく。普段から、積極的に運動をするよう、ぜひ心がけてください」と、医師の泉田良一先生。アミノ酸の摂取も大切だといいます。(『月刊ことぶき』2013年3月号)
13/01/21 パニック障害では、急に動悸がしたり、窒息感などの発作を繰り返して、外出ができなくなることもあります。「早期に受診して、おクスリを服用すれば恐れることはありません」と、 医学博士・牧野真理子先生。「よく眠り、ストレッチをすることが予防にもつながります」と――。(『月刊ことぶき』3月号)
13/01/15 元祖・気象キャスターとして活躍していた倉嶋厚さん。現在は気象エッセイストとして活躍中ですが、実はうつ病で自殺を試みたことも。「素早い適切な治療などで快復できました」といいます。倉嶋流生き延びる極意は、「思い煩わないこと」にあるといえそうです。(『月刊ことぶき』2013年2月号)
13/01/08 人間関係が、ストレスの重大な原因となっている現代。「人に喜ばれる言葉を使うことで、よりよい関係が作られるものです」と、マナー・デザイナーの岩下宣子先生。相手を思いやる、マナーの大切さを、今こそ呼びかけます。(『月刊ことぶき』2013年2月号)
12/12/26 花粉の飛散が気になる時期になりました。理学博士・佐橋紀男先生によると、「昨春よりも飛散量が多くなる地域がほとんど」との予測が。「関東や東海では、過去10年の平均よりも多くなりそうです。飛散開始は平年並みの見込み」とも。早めにマスクを着用するなど、徹底した予防を心がけてください。(『月刊ことぶき』2013年2月号)
12/12/17 冬は、膀胱炎を起こしやすい季節です。「膀胱内の細菌を除去する抗生物質は、処方された期間でしっかりとのみきってください」と、薬剤師・塩入祐子先生。「おクスリを服用している期間は、水分を多めにとって、菌の排出をうながすことも大切です」とも。繰り返しやすい膀胱炎を完治するためのポイントです。(『月刊ことぶき』2013年1月号)
12/12/12 年初に立てる“今年の目標”。ただ、実行がともなわず、長続きしない方も多いもの。「達成感を味わうために、まずはゆるめに設定すること。継続こそが大切です」と資格情報研究センター・高島徹治代表。「小さな目標を確実にクリアしていくこと」とのアドバイスも。(『月刊ことぶき』2013年1月号)
12/12/04 貧血の悩みは、よく聞かれるもの。薬剤師・道明雅代先生は、「鉄分を補給して、しっかり予防を」と呼びかけます。「大病が隠されている場合もあるので、まず相談を」とも。(『月刊ことぶき』2013年1月号)
12/11/26 来春は花粉の飛散が、例年以上になるとの予測も。「飛散が本格化する前から、マスクなどを着用して、予防を。日ごろから、睡眠をしっかりとり、体調を整えておくことも大切です」と、日本医科大学耳鼻咽喉科学講座主任教授・大久保公裕先生。「かぜの予防も兼ねて、マスクの着用を」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』2013年1月号)
12/11/19 頭痛は、冷えによって増強されるといいます。「冬に、頭痛を起こしやす人は、運動不足を解消して、血行をよくしておくことも大切です」と、薬剤師・樋口茂靖先生。根本姿勢の大切さを強調します。「そして、痛みを感じたら、早めに解熱鎮痛薬の服用を。速やかに痛みを鎮めてくれます」とも。(『月刊ことぶき』2013年1月号)
12/11/12 一向によくならない経済状況。そこで、「やりくり上手は、年間収支の把握から」とファイナンシャル・プランナー中上直子先生は助言を。「まずは1か月、買い物の記録をするところからスタートしてください」と具体的な提案をしています。(『月刊ことぶき』12月号)
12/11/05 寒暖の差が激しい季節。かぜを引いている方が増えてきました。「かぜ対策には、手洗いとうがいの励行は必須。ビタミン補給と休養も大切に」と薬剤師・小川重行先生。そして、「引いてしまったときは、早めにおクスリ屋さんに相談し、適切なおクスリで対処を」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』12月号)
12/10/29 これからの季節、朝晩の冷え込みがきつくなってきます。結果、関節痛でお悩みの方が増加する傾向に。「運動による適度な刺激が、軟骨成分の再生を助けます。血流もよくなり、痛みが軽減して、曲げ伸ばしが楽になるはずです」と、薬剤師・上原兼治先生。「重症になる前に、OTC医薬品なども利用して、ひざの健康を保ちましょう」と強調を。(『月刊ことぶき』12月号)
12/10/22 11月号に引き続き、防災術を伝授。宮城県気仙沼市で被災された、登録販売者・川那辺弘志先生は、「“未災先防”の考えに基づき、避難訓練をしっかり行い、防疫などの備えも怠らないこと」と。「地域ぐるみの取り組みが肝心」と力説します。(『月刊ことぶき』12月号)
12/10/15 NPO法人『高齢社会をよくする女性の会』の樋口恵子理事長は、「おクスリは、専用の小銭入れに3日分入れて、出かけています」と言います。「セルフメディケーションの意味からも、おクスリの携帯は重要」と、メッセージを。(『月刊ことぶき』11月号)
12/10/09 感染症が心配な季節を迎えました。「インフルエンザ対策の基本も予防にあり」と、医師・灘波良信先生。「“もらわない、うつさない”を心がけてください」とメッセージを。(『月刊ことぶき』11月号)
12/10/01 秋には秋の養生法が大切です。「これからの季節は、血管・血液、感染症、冷えなどにご留意を」と薬剤師・宮本勝敏先生。「それぞれに適した健康法があります。素人判断はせずに、気軽におクスリ屋さん店頭でご相談を」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』11月号)
12/09/24 季節の変わり目は、何かと体調を崩しやすいもの。「胃腸の疲れが出やすい時期です。温かいものをとるようにして、胃腸をいたわってください」と薬剤師・保坂俊文先生。「症状に合った胃腸薬の使用を」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』11月号)
12/09/19 悩み多き、耳鳴り。増加する一方とか。薬剤師・村瀬利恵子先生は、「即、対応すべきです」と警鐘を鳴らします。「OTC医薬品を使い分け、ストレス対策は万全に」とアドバイスを。(『月刊ことぶき』2012年10月号)
12/09/10 生活習慣病対策が切実に望まれています。日本生活習慣病予防協会・池田義雄理事長は、「基本は腹七、八分目」と指摘を。「また、テキパキとした家事も有用」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』10月号)
12/09/03 漢方で、いつまでも元気に過ごす――。そのための、ポイントは、「瘀血(おけつ)を取り除くこと」と、薬剤師・猪越恭也先生。「血液サラサラが健康寿命をのばす秘訣」といいます。また、薬剤師の松江一彦・篠原泰友両先生にもご登場いただき、秋の漢方的養生法についても詳説!(『月刊ことぶき』10月号)
12/08/27 これからの季節、乾燥肌で悩む人が増えます。「弱酸性の洗浄料を使って、綿や絹のタオルでやさしく洗うこと」と、薬剤師・上原眞由美先生。「お風呂上がりには、ビタミンA・Eやスクワレン入りのクリームなどをつけましょう」と、お肌を健やかに保つ方法をアドバイスしています。(『月刊ことぶき』10月号)
12/08/22 手軽にできる健康法として、温灸が見直されています。「ただ、間違った方法で、逆効果のケースも」と、鍼灸あんまマッサージ指圧師の千田純子先生。「正しい方法を覚えてください」と警鐘を鳴らします。(『月刊ことぶき』2012年10月号)
12/08/10 自分で自分の健康を守ることが、切実に求められる時代となりました。東京薬科大学教授・渡辺謹三先生曰く、「健康寿命をのばすためにも、セルフ・メディケーションを」と。そのためにも、「OTC医薬品を正しく、賢く使いましょう」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』9月号)
12/08/07 知らず知らずのうちに、からだにゆがみが生じていることがあります。「体幹のバランスを整える体操を行い、健康は自分自身の手で守りましょう」と日本健康運動研究所の菅野隆先生。ゆがみを正すためにも、早速、『簡単セルフケア体操』を!(『月刊ことぶき2012年9月号』)
12/07/30 晩婚化が進み、不妊症で悩む方が増えています。薬剤師・猪越英明先生曰く、「妊娠を望むならば、補腎と補血が大切です」。老化対策の基本でもあります。「まずは十分な睡眠と、からだを冷やさない生活を心がけてください」と――。(『月刊ことぶき』9月号)
12/07/23 超高齢社会を迎えた現在、夫婦の在り方が問われている。「何だと思うかもしれませんが、円満の秘訣は、一緒に食事を楽しみ、礼儀を忘れないことから」と、一橋大学・津田塾大学講師の村瀬幸浩先生。「お互いに、感謝の気持ちを表す心掛けが大切」とアドバイスします。(『月刊ことぶき2012年9月号』)
12/07/18 『月刊ことぶき』は、確かな健康情報を、深く、広く、簡潔に、心を込めてお届けしてきました。9月号はボリュームアップ! 総力特集【2012年ヘルスアップガイド】では、OTC医薬品をはじめ、健康に大切なアイテムを、一挙ご紹介いたします。体調を崩しがちな秋だからこその特集に、ご期待ください。
12/07/09 昨今、読者の方々から、食生活に対する不安の声が多数寄せられています。そこで、薬剤師・小川重行先生(城西国際大学薬学部非常勤講師)は、「自分に合った健康食品のご利用を」と呼びかけます(月刊ことぶき8月号)
12/07/02 『大麦若葉粉末100%』を使ったレシピ・コンクール。多数のご応募ありがとうございまいした。上位入賞作品は、「夏の健康維持に配慮した、見た目にも美しく、調味料の使い方も“さすが!”という印象の健康食です」と、審査委員長の薬剤師・咲やす香先生。(『月刊ことぶき』8月号)
12/06/25 今夏、健やかに過ごすための暮らし方を、薬剤師・山下厚子先生がアドバイス。「まず、脱水に注意してください。大汗をかいたときには、ナトリウム入りの飲料水を。また、食欲がないときには栄養補助食品なども活用しましょう」と、老若男女、必読の内容となっています。(『月刊ことぶき』8月号)
12/06/18 薬物乱用が社会的な大問題に。そこで、薬剤師・田中俊昭先生に緊急インタビュー。「おクスリをのむ際は、用法・用量をしっかり守りましょう。当然のことながら、違法な薬物の使用は絶対にやめてください」と。薬物乱用を防ぐため、学校はもとより、家庭でも薬育をと呼びかけます。(『月刊ことぶき』2012年8月号)
12/06/11 「自分自身で、からだのお手入れをすることが大切」と健康運動指導士の菅野隆先生。日々の健康作りのために、『簡単セルフケア体操』を新連載!(『月刊ことぶき』2012年7月号)
12/06/04 ジメジメした季節。カビの発生が気になりますが、「風通しをよくし、掃除をまめに行って、防ぎましょう」と、シニアライフアドバイザーの佐藤順子先生。「高い湿度と汚れには、十分に注意を」と呼びかけます。(『月刊ことぶき2012年7月号』)
12/05/28 酷使される目。そこで、「点眼薬を。ただし、手洗いをしてから使用すること」と、薬剤師・山口敦史先生。間違った使用法に関しても詳説を。(『月刊ことぶき』7月号)
12/05/22 「低体温で頭痛を起こしやすい人が、解熱鎮痛薬を常用すると、さらに体温が下がり、頭痛の悪循環を起こすので、ご注意を」と薬剤師・田邊英道先生。“解熱鎮痛薬で上手にセルフメディケーションを実現”する方法を詳説します。(『月刊ことぶき』7月号)
12/05/16 加齢とともに増える運動器の障がい。そこで、「ロコモティブシンドローム予防のためにも、自分に合った運動を続けましょう」と江戸川病院慶友人工関節センター長・泉田良一先生。楽しく筋力をつけることが大切とアドバイスします。(『月刊ことぶき2012年7月号』)
12/05/07 防衛医科大学校病院・野村總一郎院長曰く、「現代型うつ病といわれるようなタイプは、自分を病気と思い過ぎないことが大切」と――。考え方の癖を知ることは、うつ病予防にも重要と説いています。(『月刊ことぶき』2012年6月号)
12/05/01 夏は、皮膚トラブルが増加する季節。「虫さされなどのかゆみがあれば、すぐに冷やし、専用のおクスリを」と薬剤師・樋口茂靖先生。すぐに役立つ対処法をアドバイスします。(『月刊ことぶき』2012年6月号)
12/04/23 「腸の養生は、健康の基本」と薬剤師・塩入祐子先生。「整腸薬を上手に活用し、腸内環境を健やかに保ちましょう」と呼びかけます。(『月刊ことぶき』2012年6月号)
12/04/16 孤独・孤立死が問題視される中、注目を集めているのがグループリビングという安心できる暮らし方。先駆的な試みで知られるNPO法人『CoCo湘南』の西條節子名誉理事長は、「新しい家族のカタチが求められています」と力説を。(『月刊ことぶき』5月号)
12/04/09 薬剤師・白井一郎先生の健康法は、朝の入浴。湯船で、手をグー・パーすることがお勧めという。「微細血管の血流をよくしておくことが健康法の基本」と。心身ともに元気に過ごすための指針を開示。(『月刊ことぶき』2012年5月号)
12/04/02 「子どもの病気には、子ども専用のおクスリを使いましょう」と薬剤師・新実雅子先生。いざというときのために、『子ども用おクスリ箱』の常備を、と提言します。(『月刊ことぶき』2012年4月号)
12/03/26 日焼けは、しみ・そばかすの原因に。「首から胸にかけても、日焼け止めをつけることはお忘れなく」と、薬剤師・小林由紀子先生。日焼け止めの選び方・使い方を詳説します。(『月刊ことぶき』2012年5月号)
12/03/19 「一生懸命に休もうとしている方が多い。それでは本当の休息にはなりません」と、メンタルヘルス総合研究所・久保田浩也代表。「心にも体操を」とうながします。(『月刊ことぶき』4月号より)
12/03/12 排泄のトラブルでお悩みの方に、「まず排泄日記をつけると、お役に立ちます」と、日本コンチネンス協会の西村かおる会長がアドバイス。(月刊ことぶき4月号)
12/03/05 更年期障がいを少しでも軽くするためには、「ひと呼吸おいて行動することと、悩み過ぎないことが大切」と、薬剤師・佐野恒子先生。更年期の上手な乗り切り方を詳説しています。(『月刊ことぶき』2012年4月号)
12/02/27 「アレルギー性皮膚炎への対処には、体質改善も大切」と薬剤師・保坂俊文先生。からだの内側から対処することも肝心とアドバイスを。(『月刊ことぶき』2012年4月号)
12/02/27 「安眠のためには、缶コーヒーをまず控えましょう」と薬剤師・山下厚子先生。カフェインだけでなく、糖分のとり過ぎも悪影響を与えるといいます。今日からできる快眠の極意を詳説!(『月刊ことぶき』2012年4月号)
12/02/13 介護の現場で起こるいたましい事件の数々。そこで、「がんばらない介護を」と、『高齢化社会をよくする虹の仲間』の野原すみれ運営委員長。即実践可能な“がんばらない介護”の効用を説きます。(『月刊ことぶき』2012年3月号)
12/02/06 「どうき・息切れには生薬配合の強心薬を」と薬剤師・小川重行先生。生薬の種類についても、分かりやすく詳説しています。(『月刊ことぶき』2012年3月号)
12/01/30 「心が折れないために、メンタルトレーニングを」と東海大学体育学部・高妻容一教授。実生活での具体的な活用法を、ポイントごとに詳説します!(『月刊ことぶき』2012年3月号)
12/01/23 誌面拡大でお届けする『おクスリ屋さん発【ファイト!】』。日本薬剤師会副会長(宮城県薬剤師会会長)の生出泉太郎先生は、「被災地は、復興までまだまだ時間がかかります。今後もさらなるご支援を」とのメッセージ!!(『月刊ことぶき』2012年3月号)
12/01/16 東日本大震災から1年。3月号では、『おクスリ屋さん発【ファイト!】』の誌面を拡大、地域の人々の健康作りに全力で立ち向かう東北地方のおクスリ屋さんをご紹介します。現在、鋭意取材中!(『月刊ことぶき』2012年3月号)
12/01/10 「大勢の前で話しをするときや、試験・面接前に緊張して、下痢をしてしまう方がいます。フィルムタイプや、水なしで服用できる止しゃ薬をポケットに」と、薬剤師・秋本常久先生が、下痢への対処法について解説。(『月刊ことぶき』2012年2月号)
11/12/26 「朝食をしっかりと食べて、腸の反射を刺激させること。快腸ならば排便もスムーズです」と、薬剤師・上原兼治先生が便秘予防について解説。(『月刊ことぶき』2012年2月号)
11/12/20 「2012年の花粉飛散量は、前年よりは少ない予測。ただし、油断は禁物」と、理学博士・佐橋紀男先生は早めの予防を呼びかける。(現在編集中! 『月刊ことぶき』2012年2月号より)
11/12/12 薬剤師・猪越恭也先生が、漢方を活用した冷え対策を指南。「活力をつけたり、増血を。血が巡れば、体温も上がり、免疫力も高まります」(『月刊ことぶき』1月号)
11/12/05 大久保公裕医師が、花粉症の徹底予防法を詳説。「早めのマスクとメガネの着用などで、花粉を近づけないことが肝心。適したおクスリでの対応も」(『月刊ことぶき』2012年1月号)
11/11/28 薬剤師・前納彰先生曰く、「一般消費者が解熱鎮痛薬を上手に使うためには、体温を毎日測ることから」と。痛みへの対処法も詳説!(『月刊ことぶき』2012年1月号)
11/11/26 薬剤師・村瀬利恵子先生が、「貧血は決して侮らないで」と力説を。今すぐできる簡単レシピも紹介!(『月刊ことぶき』2012年1月号)
11/11/19 収納アドバイザー・本多弘美先生が、「年末にはおクスリ箱の整理整頓を」と。ポイントは、「内服薬と外用薬に区分すること」。(好評発行中! 『月刊ことぶき』12月号)
11/11/14 ファミリーカウンセリングサービスの荒木次也先生が「親子間の介護は、感謝の心が肝心」と切実なメッセージを(月刊ことぶき12月号)
11/11/07 関節痛を克服された薬剤師・松村善一先生が力説!「負荷をかけずに筋力をつけましょう」(月刊ことぶき12月号)
11/10/31 かぜの徹底予防法を薬剤師・田邊英道先生が伝授。「うがい・手洗い、そして栄養補給も忘れずに!」(月刊ことぶき12月号)
11/10/29 今冬の養生法を薬剤師・松江一彦先生が詳説。曰く、「早寝遅起きの励行を!」(月刊ことぶき12月号)
11/10/24 今冬、おクスリ箱に揃えるべきものを、東京薬科大学・渡辺謹三教授に直撃インタビュー。(月刊ことぶき』12月号)
11/10/17 中高年の密かな悩み・尿失禁の対策を紹介。「体操とおクスリ」で解決した事例から徹底詳説を。(月刊ことぶき』12月号)
11/10/15 森津純子医師に「絶望からの脱出法」をロング・インタビュー(月刊ことぶき12月号)
11/09/16 『月刊ことぶき』10月号(生活習慣病予防、簡単お灸健康法、耳のトラブル対策など)が発行されました
11/08/18 『月刊ことぶき』9月号【創刊30周年記念特大号】が発行されました!
11/07/20 『月刊ことぶき』8月号【夏から肩こり・腰痛・関節痛対策を】が発行されました
11/05/19 月刊ことぶき6月号(ウオーキングの健康力)が発行されました
11/04/16 月刊ことぶき5月号(特集/紫外線対策)が発行されました
11/03/22 月刊ことぶき4月号(特集/しっかり安眠)が発行されました
11/02/18 月刊ことぶき3月号(特集/どうき・息切れ対策)が発行されました
11/01/15 月刊ことぶき2月号(特集・花粉症徹底対策術)が発行されました
10/12/17 月刊ことぶき1月号(特集・解熱鎮痛薬を常備!発熱や痛みに対処)が発行されました
10/11/19 月刊ことぶき12月号(特集・おクスリ箱の総点検を!)が発行されました
10/11/19 「健康家計簿2011」が発行されました。
10/10/20 月刊ことぶき11月号(特集・胃腸薬の上手な使い方)が発行されました
10/09/21 月刊ことぶき10月号(特集 解決!メタボリックシンドローム)が発行されました。
10/08/20 月刊ことぶき9月号(特集・まず救急箱の常備を!)が発行されました
10/07/20 月刊ことぶき8月号(特集・夏休みはおクスリ箱の点検を!)が発行されました。
10/06/18 「月刊ことぶき」2010年7月号が発行されました
10/05/17 「月刊ことぶき」2010年6月号が発行されました
10/04/16 「月刊ことぶき」2010年5月号が発行されました
10/03/15 「月刊ことぶき」2010年4月号が発行されました
10/02/20 「月刊ことぶき」2010年3月号が発行されました
10/01/18 「月刊ことぶき」2010年2月号が発行されました
09/12/18 「月刊ことぶき」2010年1月号が発行されました
09/11/19 「健康家計簿2010」が発行されました。
09/11/18 月刊ことぶき12月号が発行されました
09/10/16 「月刊ことぶき」11月号が発行されました
09/09/15 ”ことぶき”10月号が発売されました。
09/08/20 おくすり活用徹底ガイドブック「YOURベストファーマシー」が発行されました。
09/08/18 ことぶき9月号が発行されました
09/07/17 ”ことぶき”8月号が発行されました
09/06/16 ことぶき7月号が発売されました
09/05/20 月刊ことぶき6月号が発行されました
09/04/20 「月刊ことぶき」5月号が発行されました
09/03/17 「あなたのベストサプリメントVol8]が発売されました
09/03/17 月刊ことぶき4月号が発行されました
09/02/16 月刊ことぶき3月号が発行されました
09/01/19 ことぶき2月号が発行されました
08/12/18 月刊ことぶき1月号が発行されました
08/11/20 『2009年版 健康家計簿』が発行されました
08/11/18 『月刊ことぶき』12月号が発行されました
08/08/20 ことぶき9月号が発行されました
08/07/16 「月刊ことぶき」8月号が発行されました
08/06/16 ことぶき7月号が発売されました
08/05/15 ことぶき6月号が発行されました
08/04/16 「月刊ことぶき」 5月号が発行されました
08/03/19 「あなたのベストサプリメント Vol.7」が発行されました
08/03/18 「月刊ことぶき」 4月号が発行されました
08/02/15 「月刊ことぶき」2008年3月号が発行されました
08/01/18 月刊ことぶき 2008年2月号が発行されました
07/12/19 月刊ことぶき 2008年1月号が発行されました
07/11/19 『健康家計簿』 2008年版が発行されました
07/11/19 月刊ことぶき 12月号が発行されました
07/10/19 月刊ことぶき 11月号が発行されました
07/09/20 月刊ことぶき 10月号が発行されました
07/08/20 月刊ことぶき 9月号が発行されました
07/07/22 月刊ことぶき 8月号が発行されました
07/06/24 月刊ことぶき 7月号が発行されました
07/05/16 月刊ことぶき 6月号が発行されました
07/04/17 月刊ことぶき 5月号が発行されました
07/03/16 月刊ことぶき 4月号が発行されました
07/02/15 月刊ことぶき 3月号が発行されました
07/01/17 月刊ことぶき 2月号が発行されました

[ ページ最上部へ ページ最上部へ ]

クリニックマガジン

17/09/27 ◆クリニックマガジン10月号予告■特集 危険因子としての高尿酸血症とそのマネジメント〜尿酸と心腎連関〜■特別企画 インフルエンザ診療2017その1〜注目されるインフルエンザ迅速診断キット
17/09/27 ◆クリニックマガジン9月号予告■特集 てんかんの地域診療連携■特別企画 医薬品卸のカスタマーサポート
17/08/24 ◆クリニックマガジン8月号予告■特集 B型肝炎治療最前線■特別企画 花粉症〜アンメットニーズに応える舌下免疫療法
17/07/27 ◆クリニックマガジン7月号予告■特集 実地医家が診る高齢者の排泄障害■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「脂質異常症における薬物治療」
17/06/28 ◆クリニックマガジン6月号予告■特集 地域包括ケアシステム時代の感染対策■解説/医療関連感染 日本の現状と対策
17/05/25 ◆クリニックマガジン5月号予告■座談会「ICT診療の将来展望」■AI・遠隔診療の在宅医療への活用と医療の可能性 クリニカル ・プラットフォーム鐘江康一郎氏/ メドピア石見 陽氏/シェアメディカル峯 啓真氏/MICTコンサルティング 大西大輔氏
17/04/27 ◆クリニックマガジン4月号予告■対談「医療連携における課題と解決策」■TOPIC「認知症患者と自動車運転」■「腎性低尿酸血症診療ガイドライン」発刊にあたり
17/03/24 ◆クリニックマガジン3月号予告■在宅におけるがん医療、支持療法■病棟薬剤管理の適切な管理法―感染予防対策と医療事故防止―■最新・薬物治療の実際「NOACによる抗凝固療法」
17/02/24 ◆クリニックマガジン2月号予告■SGLT2阻害薬、最近の話題■医学部受験の今■最新・薬物治療の実際「高血圧症における薬物治療」
17/01/28 ◆クリニックマガジン1月号予告■新春論壇 医界展望2017■最新・薬物治療の実際「花粉症の薬物療法」■高血圧治療UPDATE「β遮断薬の位置付けと経皮吸収製剤の役割」
17/01/28 ◆クリニックマガジン12月号予告■「第30回日本臨床内科医学会」レポート■治療UPDATE「これからの骨粗鬆症治療戦略」
16/11/28 ◆クリニックマガジン11月号予告■「地域医療、成功の秘訣」●地域医療の現状と今後●先進事例から見る成功の秘訣 ほか■治療UPDATE「気管支喘息−オーバーラップ症候群(ACOS)の診断と治療」
16/11/28 ◆クリニックマガジン10月号予告■特集 インフルエンザ診療2016 ●2015-2016シーズンの流行状況とワクチン・抗インフルエンザ薬の有効性●小児 における治療のポイント(インフルエンザ脳症への対処など)●高齢者における治療のポイント(注意すべき合併症など)■新連載 話題の新薬
16/09/29 ◆クリニックマガジン9月号予告■特集 高齢者における慢性疼痛 ●慢性疼痛における治療のエッセンス●心因性疼痛●慢性腰痛■特集 進化を続ける医薬品卸 のカスタマーサポート
16/08/29 ◆クリニックマガジン8月号予告■特集 遠隔医療で変わる新しい医療の形 ●遠隔医療の利活用と問題点●遠隔医療の実践を検証■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「過活動膀胱の診断と治療」
16/07/28 ◆クリニックマガジン7月号予告■特集 高尿酸血症の治療アプローチ〜腎障害合併症を中心に〜 ●腎機能低下症例に対する高尿酸血症の治療●高尿酸血症・痛風の食事療法■特別企画 夏の感染症予防/アデノウイルス感染症
16/06/28 ◆クリニックマガジン6月号予告■特別企画 参議院選挙医家の候補者が語る 私が医療現場の声を国政に ●医療現場と政治の場●候補者インタビュー■特集 「日本臨床内科医会トピックス」
16/05/26 ◆クリニックマガジン5月号予告■特集 医療機関におけるマイナンバー、番号制度の活用 ●マイナンバー制度の利活用の問題点●医療分野での番号制度の重要性■特別企画 「ほこり」と感染予防
16/04/26 ◆クリニックマガジン4月号予告■特集 認知症 実地診療の進め方 ●早期発見・早期対応のポイント●認知症地域連携の実際■特別企画 「2016年度診療報酬改定 変更点とその影響」〈PART1外来・在宅医療〉
16/03/25 ◆クリニックマガジン3月号予告■特集 がん支持療法〜がん性疼痛、悪心・嘔吐、発熱性好中球減少症〜 ●がん性疼痛の評価と治療●悪心・嘔吐対策●発熱性好中球減少に対するマネジメント  ■特集 「栄養介入によるサルコぺニアの予防と対策」
16/02/25 ◆クリニックマガジン2月号予告■特集 新春特別座談会「明日からの実践に役立つ糖尿病治療A」 順天堂大学大学院 河盛隆造氏 千里山病院 圖司茂和氏 坂出市立 病院 大工原裕之氏  ■特別企画 「使っていますか? ジェネリック医薬品」 国際医療福祉大学大学院 武藤正樹氏
16/02/25 ◆クリニックマガジン1月号予告■特集 新春座談会「明日からの糖尿病治療」 順天堂大学大学院 河盛隆造氏 岸本医院 岸本通彦氏 医療法人社団同友会 三輪真也氏  ■シリーズ企画 COML 「電話相談実例集」 COML 山口育子氏
15/12/25 ◆クリニックマガジン12月号予告■特集 骨粗鬆症の新たな治療戦略 解説「骨粗鬆症の薬物治療」 産業医科大学 酒井昭典氏 レポート 「骨粗鬆症リエゾンサービスの実際」 伊奈病院 石橋英明氏 ■シリーズ企画 医療ICT実践講座「受付けまわりのICT」 メディキャスト 大西大輔氏
15/11/28 ◆クリニックマガジン11月号予告■特集 C型肝炎〜IFNフリー時代の到来〜 解説「C型慢性肝炎治療の進歩」 国立国際医療研究センター 溝上雅史氏、杉山真也氏 レポート 「新たな治療による連携体制の実際」 武蔵野赤十字病院 板倉 潤氏 ■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「COPDの薬物療法」 東京女子医科大学 桂 秀樹氏
15/10/28 ◆クリニックマガジン10月号予告■特集 インフルエンザ診療2015 解説「2014-2015年の流行状況とワクチン・抗インフルエンザ薬の有効性」 日本林亮内科医会インフルエンザ研究班 レポート 「インフルエンザ迅速診断キットの有効性と留意点」「経鼻接種型生ワクチン、皮内投与型ワクチンの特徴」■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「脂質異常症」複十字病院 及川眞一氏
15/09/28 ◆クリニックマガジン9月号予告■特集 福島雅典のとーく&トーク2015 疾病制圧への挑戦 「医療研究開発の最適化を目指して」 日本医療研究開発機構 末松 誠氏■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「関節リウマチ」藤田保健衛生大学 吉田俊治氏、平野大介氏
15/07/28 ◆クリニックマガジン8月号予告■特集 うつ病最新事情 うつ病の新たなキーワード「機能的回復」 国際医療福祉大学  上島国利氏 ストレスチェック制度と産業医の対応■特集 食事による生活習慣病予防・改善 食事管理の重要性と指導のポイント■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「潰瘍性大腸炎」東京女子医科大学 北里大学大学院 日比紀文氏
15/06/25 ◆クリニックマガジン7月号予告■特集 患者満足度向上戦略 患者が求める患者満足度とは何か DSS Japan 永井孝英氏 患者満足度調査からフィードバック 東京都保健医療公社 三橋 昇氏 患者に選ばれるクリニックとは たけおクリニック  竹尾浩紀氏■特集 急性腹症のメカニズム 診療ガイドラインについて 広島大学病院 田妻 進氏 急性腹症の見分け方 東邦大学医療センター大橋病院 渡邉 学氏■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「高尿酸血症」東京女子医科大学 谷口敦夫氏、市川奈緒美氏
15/06/25 ◆クリニックマガジン6月号予告■特集 感染症治療のピットフォール A群溶血性レンサ球菌感染症 大阪大学 朝野和典氏 ヒトメタニューモウイルス感染症 琉球大学大学院 藤田次郎氏 感染症トピック「肺炎球菌ワクチン」 東邦大学 舘田一博氏■REPORT 「第29回日本医学会総会2015 関西/第32回日本臨床内科医会総会」■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「胃食道逆流症」大分大学 村上和成氏、水上一弘氏
15/03/26 ◆クリニックマガジン5月号予告■特集 2015介護報酬改定 解説/2015介護報酬改定ポイント&シミュレーション メディカル・テン代表 宮坂佳紀氏■特別企画 循環器領域における女性医師の役割 横浜市東部病院 塚原玲子氏■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「パーキンソン病」愛媛大学 野元正弘氏
15/02/27 ◆クリニックマガジン4月号予告■特集 地域包括ケアシステム 座談会/地域包括ケアシステムにおける医師の役割と医療との関わり 慶應義塾大学名誉教授 田中 滋氏 労働政策研究・研究機構人材育成部門研究員 堀田聡子氏 あおぞら診療所理事長院長 川越正平氏 ■特別企画 医療現場とエンジニア 自治医科大学 百瀬直樹氏■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際「認知症」香川大学 中村 祐氏
15/01/26 ◆クリニックマガジン3月号予告■特集 明日から役立つ 更年期女性の診方更年期女性へのアプローチ 東京歯科大学 熄シ 潔氏 更年期有症者女性の現状 NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会 三羽良枝氏 ■特別企画 ビッグデータの活用で医療が変わる 日本医学ジャーナリスト協会/科学技術ジャーナリスト会議 合同フォーラム「医療ビッグデータ その可能性と課題」より 京都大学大学院医 今中雄一氏ほか ■シリーズ企画 押さえておきたい診療のコツ「乾癬」 NTT東日本関東病院 五十嵐敦之氏
14/12/26 ◆クリニックマガジン2月号予告■特集 がんの支持療法 嘔吐・嘔気管理 虎の門病院 高野利実氏 疼痛緩和 がん研有明病院 服部政治氏 口腔粘膜炎対策 国立がん研究センター 上野雄平氏 ■特集 日本エイカーズ発足と今後の使命 日本エイカーズ理事 小野喜志雄氏 ■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際 「高血圧」 国立循環器病研究センター 岩嶋義雄氏・河野雄平氏 「花粉症」 慶應義塾大学 神崎 晶氏
14/11/28 ◆クリニックマガジン1月号予告■特集 新春論壇 医界展望2015 T.消費税の増税 日本医師会総合政策研究機構 梅村 聡氏 U.地域包括ケアシステムの構築 国際医療福祉大学 高橋紘士氏 V.難病指定の拡大 難病治療研究振興財団 坂口 力氏 W.臨床研究の位置付け 臨床研究適正評価教育機構 桑島 巌氏 X.総合診療専門医の役割 日本病院総合診療医学会 林 純氏 ■新春特別企画 女性医師の働きやすい医療環境とは(仮) 日本女医会 山本@子氏 ■シリーズ企画 最新・薬物治療の実際 「うつ病」 産業医科大学 中村 純氏
14/10/27 ◆クリニックマガジン12月号予告■特集 第28回日本臨床内科医学会in岩手<前半> □学会長講演「東日本大震災津波 −発災から今日までの歩み−」第28回日本臨床内科医学会 学会長 和田利彦氏 □シンポジウム 「災害医療」 岩手医科大学 真瀬智彦氏ほか ■特別企画 感染予防対策「マニュアル」の作成方法のポイント ICHG研究会編 ■レポート 細胞シートが医療を変える(仮) 東京女子医科大学 岡野光夫氏
14/09/29 ◆クリニックマガジン11月号予告■特集 健康寿命延伸のキーワード サルコペニア □インタビュー サルコペニアとフレイル 国立長寿医療研究センター研究所 鈴木隆雄氏 □レポート 糖尿病とサルコペニア 東京都健康長寿医療センター 荒木厚氏 □レポート サルコペニアに対する運動・栄養介入 横浜市立大学 若林秀隆氏 ■特集「現代」の病気 結核 □インタビュー 世界と日本の結核の状況 □レポート DOTS(直接服薬確認療法)への取り組み 
14/08/26 【クリニックマガジン10月号予告】 巻頭特集は「インフルエンザ診療2014」です。
14/07/28 【クリニックマガジン9月号予告】 巻頭特集は「医療が変わるICTの可能性(仮題)」です。
14/06/25 【クリニックマガジン8月号予告】 巻頭特集は「2型糖尿病の新たな治療戦略 
14/05/26 【クリニックマガジン7月号予告】 巻頭特集は「高尿酸血症・痛風治療 最近の話題」です
14/04/25 【クリニックマガジン6月号予告】 巻頭特集は「高齢者の不眠を診る」です。
14/03/27 【クリニックマガジン5月号】 巻頭特集は「今、尊厳死を考える」です。
14/02/26 【クリニックマガジン4月号】 巻頭特集は「認知症と向き合う」です。
14/01/27 【クリニックマガジン3月号】 巻頭特集は「肝炎克服カウントダウン」です。
13/12/25 【クリニックマガジン2月号】 巻頭特集は「ベストサポーティブケアを求めて ―がん支持療法最前線―」です。
13/11/25 【クリニックマガジン1月号】巻頭は医療界の重要課題について現場に詳しい識者が提言する「新春論壇 医界展望」です
13/10/28 【クリニックマガジン12月号】 巻頭特集は「機能性ディスペプシアの治療が変わる」です
13/09/30 【クリニックマガジン11月号】 巻頭特集は「アルコール依存症を診る」です
13/08/27 【クリニックマガジン10月号】 巻頭特集は「インフルエンザ診療 2013」です
13/07/26 【クリニックマガジン9月号】 巻頭特集は「ICTによるこれからの医療」です
13/07/04 【クリニックマガジン8月号】 巻頭特集は「メタボリックシンドロームと尿酸」をテーマにした特別対談
13/05/30 【クリニックマガジン7月号】 巻頭特集は「先端医療最前線」
13/04/30 【クリニックマガジン2013年6月号】 「多死時代の“看取り”を考える」を特集
13/03/27 【クリニックマガジン2013年5月号】 「高尿酸血症」を特集
13/02/26 【クリニックマガジン2013年4月号】 「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」を特集
13/01/29 【クリニックマガジン2013年3月号】 「医療技術評価(HTA)」を特集
12/11/30 【クリニックマガジン2013年1月号】 「糖尿病診療」を特集
12/11/06 【クリニックマガジン12月号】 「睡眠時無呼吸症候群」を特集
12/10/11 【クリニックマガジン11月号】 「医療ITと震災対策」を特集
12/09/13 【クリニックマガジン10月号】 今シーズンの診療に生かしたい「インフルエンザ診療」の知見を特集
12/08/17 【クリニックマガジン9月号】 巻頭特集は「認知症診療」
12/07/12 【クリニックマガジン8月号】 巻頭特集は「骨粗鬆症治療最前線」
12/06/25 【クリニックマガジン7月号】 「医療と消費税」をめぐる現状と課題を特集
12/05/21 【クリニックマガジン6月号】 IMTの最新知見とJART研究をフォーカス.外来診療における動脈硬化症の管理を特集
12/04/17 【クリニックマガジン5月号】 2012年度の診療報酬改定を検証
12/03/16 【クリニックマガジン4月号】 国内ワクチンの最新事情を特集
12/02/16 【クリニックマガジン3月号】 5つのポイントからTPPの脅威を読み解く
12/01/16 【クリニックマガジン2月号】がん患者のQOLを高める「がんサポーティブケア」のポジティブな動きをクローズアップ!!
11/12/20 【クリニックマガジン1月号】巻頭企画は、医学医療の未来を語る福島雅典氏と猿田享男氏のエキサイティング対談
11/11/25 クリニックマガジン別冊『すぐに役立つ 病医院経営便利書式集』が発行されました
11/11/16 【クリニックマガジン12月号】アルツハイマー病の新薬3成分の上市で、認知症診療はダイナミックに変化
11/10/19 クリニックマガジン11月号 巻頭特集は、札幌で行われた「第25回日本臨床内科医学会」詳報です
11/09/26 クリニックマガジン 10月号(特集「大きく変貌し続ける 糖尿病の外来診療」掲載号)が発行されました
11/08/26 クリニックマガジン 9月号(特集「実地医家のための 最新・インフルエンザ診療」掲載号)が発行されました
11/07/26 クリニックマガジン 8月号(特集「プライマリ・ケアで診る“うつ病”」掲載号)が発行されました
11/06/28 クリニックマガジン 7月号(特集「生活習慣病としての高尿酸血症」掲載号)が発行されました
11/05/26 クリニックマガジン 6月号(特集「座談会・療養病床の将来展望」掲載号)が発行されました
11/04/26 クリニックマガジン 5月号(特集「医療ツーリズムは成功するか」掲載号)が発行されました
11/03/28 クリニックマガジン 4月号(特集「本格化する国際共同治験と日本」掲載号)が発行されました
11/02/25 クリニックマガジン 3月号(特集「新生・国立がん研究センターの挑戦」掲載号)が発行されました
11/01/26 クリニックマガジン 2月号(特集「プライマリ・ケアで診る 高齢者の過活動膀胱」掲載号)が発行されました
10/12/27 クリニックマガジン 1月号(特集「在宅医療革命2011」掲載号)が発行されました
10/11/29 クリニックマガジン別冊「これで安心!医療連携と医療法人運営」が発行されました
10/11/26 クリニックマガジン 12月号(特集「第24回 日本臨床内科医学会」掲載号)が発行されました
10/10/26 クリニックマガジン 11月号(特集「メタボリックシンドロームとかかりつけ医」掲載号)が発行されました
10/09/29 クリニックマガジン 10月号(特集「インフルエンザ診療2010」掲載号)が発行されました
10/08/27 クリニックマガジン 9月号(特集「プライマリ・ケアにおける 骨粗鬆症の診療アプローチ」掲載号)が発行されました
10/07/27 クリニックマガジン 8月号(対談「北徹の医学フロンティア」〔ゲスト/京都大学iPS細胞研究所長・山中伸弥氏〕)掲載号が発行されました
10/06/28 クリニックマガジン 7月号(特集「患者コミュニケーション向上術」掲載号)が発行されました
10/05/26 クリニックマガジン 6月号 (特別企画「対談・糖尿病診療が変わる」掲載号)が発行されました
10/04/28 クリニックマガジン 5月号が発行されました
10/04/01 日本医師会 会長は原中氏
10/03/25 クリニックマガジン 4月号が発行されました
10/03/01 クリニックマガジン 3月号が発行されました
10/01/25 クリニックマガジン 2月号が発行されました
09/12/25 クリニックマガジン 1月号が発行されました
09/11/27 クリニックマガジン別冊 『患者満足度UP 実例集』が発行されました
09/11/27 クリニックマガジン 12月号が発行されました
09/10/27 クリニックマガジン 11月号が発行されました
09/09/29 クリニックマガジン 10月号が発行されました
09/08/28 クリニックマガジン 9月号が発行されました
09/07/28 クリニックマガジン 8月号が発行されました
09/07/01 クリニックマガジン 7月号が発行されました
09/06/04 食塩摂取目標、より厳しく
09/06/01 クリニックマガジン 6月号が発行されました
09/05/19 新型インフルエンザ対策を一歩進めるとき
09/05/01 クリニックマガジン 5月号が発行されました
09/04/22 「諸外国の規範となる社会保障制度を」 ―日医定例代議員会
09/04/10 女性医師の育児休業は6割が未取得
09/04/01 クリニックマガジン 4月号が発行されました
09/03/25 「5分ルール」がもたらしたもの
09/03/01 クリニックマガジン 3月号が発行されました
09/02/23 レセプトオンライン請求義務化の是非をめぐる議論
09/02/10 医師の8割が漢方薬を処方
09/02/01 クリニックマガジン 2月号が発行されました
09/01/23 08年度上期の医療費伸び率は前年度比0.9%減 外来管理加算の期内改定はあるか?
09/01/06 リスクに挑戦する循環器病学
08/12/26 クリニックマガジン 1月号が発行されました
08/12/19 年末年始はコレステロールに要注意
08/12/04 クリニックマガジン別冊 『2009最新 MEDICAL ALL・DATA&RANKING』 が発行されました
08/12/04 たばこ税と社会保障費削減
08/12/01 クリニックマガジン 12月号が発行されました
08/11/25 迫り来る新型インフルエンザの脅威 パンデミック時の対策は進んでいるか?
08/11/01 クリニックマガジン 11月号が発行されました
08/10/29 危機に陥った病院医療 再生への道筋とは
08/10/16 舛添試案/後期高齢者医療制度見直しの論点整理
08/10/01 クリニックマガジン 10月号が発行されました
08/09/19 大野病院事件を教訓に医事紛争の真の解決法を模索
08/09/01 クリニックマガジン 9月号が発行されました
08/08/29 クリニックマガジン別冊『院長夫人 便利帳』が発行されました
08/08/28 一般病棟の脳卒中・認知症患者、減額見直しへ
08/08/19 医師の平均給与は94万5,267円
08/08/01 クリニックマガジン 8月号が発行されました
08/07/28 地域医療崩壊阻止のための総決起大会
08/07/17 【予告】 新・院内業務の手引書『院長夫人 便利帳』(仮題)8月下旬発行!
08/07/07 「ピンクリボン」に続け!「オレンジバルーン」
08/07/01 クリニックマガジン 7月号が発行されました
08/06/20 診療報酬改定から3カ月…診療所外来への影響は?
08/06/01 クリニックマガジン 6月号が発行されました
08/05/29 うつ病対策のカギを握るプライマリ・ケア医
08/05/02 パンデミックフルーに備え、院内感染対策が不可欠
08/05/01 クリニックマガジン 5月号が発行されました
08/04/30 『2008年4月改訂版 完全攻略 外来・在宅・入院 診療報酬クイックマスター』が発行されました
08/04/25 暗雲たちこめる「高齢者医療」の行方
08/04/18 新医薬品13成分20品目が薬価収載
08/04/01 クリニックマガジン 4月号が発行されました
08/03/26 小児医療再生の処方せんとは?
08/03/21 診療報酬改定セミナー開催
08/03/12 【予告】 『診療報酬クイックマスター』 4月中旬発行!
08/03/04 過敏性腸症候群(IBS)治療の留意点とは
08/03/01 クリニックマガジン 3月号が発行されました
08/02/27 CKD患者数約2,000万人、プライマリ・ケア医と専門医の診療連携は不可欠
08/02/19 「食品」問題と「減塩」
08/02/01 クリニックマガジン 2月号が発行されました
08/01/31 2008年度診療報酬改定、開業医再診料引き下げを断念
08/01/24 医師会と市で産院開設 ――鎌倉市の取り組み
08/01/16 再診料の価格差解消で勤務医の負担は軽減?
08/01/07 厚労省が療養病床削減幅を大幅に緩和
07/12/27 クリニックマガジン 1月号が発行されました
07/12/21 クリニックマガジン別冊 『MEDICAL ALL・DATA & RANKING』が発行されました
07/12/20 施行間近 特定健診・特定保健指導実施で健診難民?
07/12/17 診療報酬改定と医療制度改革
07/12/01 クリニックマガジン 12月号が発行されました
07/11/30 すべての治療を受ける患者に栄養療法は必要
07/11/26 療養病床の今後の展開に「地域支援型慢性期医療拠点」整備を提案
07/11/12 再燃した「混合診療」問題 解禁の是非ではなく建設的議論を
07/11/01 クリニックマガジン 11月号が発行されました
07/10/30 日本医師会、臨時代議員会にて今後の政策提言のあり方を議論
07/10/18 自殺予防対策 うつ病早期発見・治療の連携だけで可能か?
07/10/12 日本に根付くか!? 「メノポーズ週間」
07/10/01 クリニックマガジン 10月号が発行されました
07/09/26 MetS患者にはまず禁煙指導
07/09/21 自殺よりもやる気のなさが目立つ、脳卒中後うつ病
07/09/11 10月は「運動器の10年・骨と関節の月間」
07/09/01 クリニックマガジン 9月号が発行されました
07/08/29 ジェネリック医薬品 薬剤師に求められる取り組みとは
07/08/22 WHO提唱・自殺予防のための手引書「SUPRE‐MISS」日本語版 横浜市大医師らが翻訳・刊行
07/08/06 日医における参院選の波紋
07/08/01 高尿酸血症、痛風の薬物療法を掲載
07/08/01 クリニックマガジン 8月号が発行されました
07/07/31 クリニックマガジン別冊 『わかりやすい第5次医療法改正・便利マニュアル集』が発行されました
07/07/25 緩和ケア=終末期医療ではない
07/07/13 「医師不足問題への対応策」――自民、民主のマニフェスト比較
07/07/01 クリニックマガジン 7月号が発行されました
07/06/26 慢性疲労症候群(CFS)の新たな診断基準を6月30日に発表
07/06/20 プライマリ・ケア医も積極的なうつ病治療を
07/06/14 ユーラシア大陸横断の旅は世界の外傷治療を知る冒険
07/06/07 【予告】クリニックマガジン別冊 『わかりやすい第5次医療法改正・便利マニュアル集』 7月下旬発刊!
07/06/01 クリニックマガジン 6月号が発行されました
07/05/29 アトピー性皮膚炎治療の実際に迫る
07/05/21 〜脳卒中週間(5月25日〜31日)を前に〜 脳梗塞慢性期治療のトピックス
07/05/14 ADHD治療にみる新しい障害観
07/05/09 製薬協セミナーで「医療とイノベーション」の在り方探る
07/05/01 クリニックマガジン 5月号が発行されました
07/04/23 財政主導の医療制度改革に待った! 5月中旬に国民医療推進会議を開催
07/04/17 大学病院が女性医師復職支援策
07/04/09 高尿酸血症・痛風にみる治療の効果と有効性
07/04/02 医療療養病床を15万床まで削減するのは無理?
07/04/01 クリニックマガジン 4月号が発行されました
07/03/26 在宅での看取り 多職種連携で患者の社会生活を守れ
07/03/20 受診者は2割 ―過活動膀胱
07/03/13 医療費未収金と医療費過払い
07/03/06 身体活動量が多いと大腸がんリスクは低下する
07/03/01 クリニックマガジン 3月号が発行されました
07/02/26 処方せん様式変更後の問題点
07/02/20 病医院におけるセキュリティ対策
07/02/14 地域で考える自殺予防対策
07/02/06 DPCの本質は地域経営のツール
07/02/01 クリニックマガジン 2月号が発行されました
07/01/30 うつ病の予防にプライマリ・ケア医の役割大
07/01/23 治療法の選択がポイント ―花粉症治療の実際―
07/01/17 看護師需給問題 激しい争奪戦の後は?
07/01/09 日本の医師不足問題 改善策を示す
06/12/26 クリニックマガジン 1月号(新年号)が発行されました

[ ページ最上部へ ページ最上部へ ]

プライバシーポリシー

このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社ドラッグマガジンに帰属します。


All Rights Reserved, Copyright (C) 2011, Drugmagazine Co.,Ltd.
HOME ドラッグマガジン